25.Juli.2017

出産予定日 7/17 40W0T 家にて

4:30

「きた。これだ。」
という下腹部痛で、ぱっと目が覚める。
ここ一週間、寝ている間に起こる痛みには敏感になっていようと常にアンテナを張っていた
だけに、直ぐに気付いた。
(ちなみに、ここ一週間、寝ている間も起きている間も全く痛みはなかった。)
例の、細長い痛みが膣の中に向かって突き刺さってくるような痛み。
おしるしがあるかどうか確認するも、ゼリー状のものも、うっすらしたものもなし。
ということは、これは本物の陣痛じゃないと思い、寝室で寝転がったままネットサーフィン開始。

5:00
ちらちらと時計を気にしていると、どうも痛みは5分毎に来ている気がする。
でもそこまで痛いわけじゃない。ああ、痛いのきたわと思いつつも、今日の天気を検索して、
息子に幼稚園に水着を持って行かせるか否か、を考える余裕がある。
痛いけど、我慢できないほどじゃない。

そこで、出産準備コースの時に助産婦さんが、陣痛アプリなるものがあると教えてくれたことを
ふと思い出し、検索してダウンロード、使用開始。
(私が使ったのはWehen Zählerという実にシンプルな無料アプリで、
 起動させるとFruchtblase ist geplatzt(破水) Start Wehe(陣痛開始)の二つのボタンがある。
 陣痛が始まると同時にStart Weheを押し、痛みが無くなったらStopp Wehe (陣痛ストップ)を押す。
 陣痛の回数、開始から終了時間、かかった時間、陣痛間隔を記録できる。)

5:30

時報か何かですか?と疑いたくなるほどきちんと5分毎に来て、1分で去っていく陣痛。
(1分陣痛、痛みの無い時間が4分、そしてまた1分陣痛…)
3分を切ることすらある。
アプリのメッセージで、『陣痛の間隔が3分を切りました。至急病院に向かってください』と出るが、
いやいや、またまたご冗談を…と笑って受け流す。

6:00

息子とぱぱ氏を起こし、「産まれるのは今日かも知れない」と告げる。
5分間隔の陣痛が1時間半続いていると知らせると、動揺するぱぱ氏。
時々痛みでぴたっと止まりながらも普通に朝食の準備をする余裕がある私。
いつも通りに朝食を取りつつ、今日の予定を話し合う。
今陣痛始まったばっかりだし、出てくるのは多分今日の午後とか夕方だと思うよ、と
話す。万が一の時に息子の迎えに行ってくれる、という友人に連絡をする。
ぱぱ氏には、早めに息子を幼稚園に送ってくれるよう頼む。7時半から預けられるので。
ぱぱ氏とは、この後私が産院に向かい、息子を幼稚園に送った後ぱぱ氏が産院に駆けつける、
ということにしようと話し合った。

6:30
行儀が悪いのは承知で、食事中も携帯電話を食卓に置いて陣痛間隔を測り続けていた私。
やっぱり2時間ずっと続いている5分間隔。
ごちそうさまをして皿を片付け、息子と会話をしている時に、どうも息を詰まらせていたらしい。
とはいえ、2人を送り出し、キッチンを片付け、息子との約束のちっちゃなジュースアイスを作る。

7:00
産院に電話して、2時間半くらい5分間隔の陣痛が続いている、行ってもいいかと聞く。
2人目の出産です、と告げると、あわてた様子で、それは早く来てください、と返ってきた。
もしこの段階で産院がいっぱいだったら、他の産院に回されると事前に聞いていただけに、
ひとまず受け入れて頂けると分かって安心した。
ちなみにこの産院は息子を産んだ時と同じ場所で、事前に申し込みをしてあった。

それから、タクシーを呼ぼうとしたのだが、タクシー会社の番号を控えていなかった事に気付き、
慌ててネット検索して、やっと一台お願いする。

7:15
入院用かばんを持ってタクシーに乗る。
ああ、息子の時はここでベビーシートも持ってったんだよなあ…と感慨深くなる。

タクシーのおじさんに、
「いやー陣痛があるので一応産院に行くんです。帰されないといいんですが」
と伝えると、運転手歴30年だという彼は

そうかー、自分も自分の妻の出産の時はどきどきしたなあ、
俺が倒れたら誰が俺の面倒を見てくれるんだろう、とか心配したもんだよ、というか最近は
出産の時にビデオ撮るとかあるだろ、あれどうかと思うんだ、だって妻が苦しんでいるのに俺が
ビデオ撮影とかするなんて…ビデオ撮影と言えば近頃の若いもんは携帯を使って

…と始まってしまった。うんうん、と真顔で聞きながら、たまに訪れる痛みをやり過ごす。
後から思えば、このおじさんのお陰でうまく平静を保てたのかも知れない。
そういえば、この町は平日7時半辺りから交通量が激しくなって渋滞が多発するんだと聞いた。
(私はこの町に住んで長いけれども、車が無いので交通量のことは知らず)
ギリギリセーフ。

------

続きはまた近々。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

19.Juli.2017

出産予定日の朝4時半、陣痛っぽいものがいきなり5分おきで始まり、
まあどうせまたこれ途中で止まるんでしょ、とのんびり朝食して息子を幼稚園に送りだし、
その後一応産院に向かったら、到着後40分して子どもが産まれました。

経産婦とはここまで…と思いたくなるほど冷静な、そしてスピードのある出産となりました。
ありがたいことに私ももう一人も健康です。
時間ができたらまた詳しく。ご心配くださったかた、どうもありがとうございました!

ちなみに、出てきたのは娘でした。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


12.Juli.2017

出産予定日が近づいてきた。

ぱぱ氏とも話しているが、中の人は間違いなく、こちらの色々な問題が解決するか、
解決の兆しが見えるかしない限り出てこないであろうと思っている。

つまり:
・新住居が決定し、入居日が決まり
・ぱぱ氏が論文を書き上げ
・私の新職場の面接日が決まり、若しくは(結果はどうあれ)終われば

出てくるのではないか。
しかしそうなると、出産予定日を大幅に過ぎないと出てこない計算になるなー。ははは。


新住居問題は深刻だ。
不動産屋は結局、10日ほど前に私たちの書類を大家さんに回したそうなのだが、
待てど暮らせど返事がこない。
痺れを切らして大家さんに直接連絡すれば、彼としては私たちを新住居に住まわせることに
なんら依存はないし、それどころか嬉しいとすら思っているけれど、今度は
その新住居の最上階に住む人が、私たちの住みたい住居(彼の住居の2階下)が空くと聞いて、
自分の彼女を住まわせたい、と大家さんに訴えてきたのだそうだ…。

なんだそれ。

とも思うが、どうもその最上階の人と大家さんは長い知り合いのようで、その人にも
気を遣わないといけないんだよ、でも私たちには今週中に連絡をするよと約束してくれた。
そしてそれをまた、不動産屋に報告する私。


…ちょっと待て。不動産屋は誰なのか?私か?おい。


どうなることやら。出産後にやっぱりその住居はダメ、となった場合、私が住居探し出来ないので
非常に困る。こうなったら今週中に平行して新しい住居を探すしかないのだろうか。
考えるだけで、胃がキリキリする。

*

そういえば、5月末を境に私の体重が増えない。じわじわと2Kgくらい減っている。
まあ妊娠前と比べてそれでも13Kgくらい増えてるからいいのか。

ちなみに40週目に入っていきなり恥骨痛が消えた不思議。
どうなってるんだ。これ、もっと運動しなさいよってことなのかも知れない。

何にしても、赤ちゃんってやつはいつもベストなタイミングで出てくることは分かっている。
私たち皆にとって一番いい時期にね。
赤ちゃんが産まれてくれば何か変わるだろうから頼むよ、という考えで
待っている限りは来ないわな。
自分たちの力で、赤ちゃんが落ち着いて過ごせる環境を整えてかないといけないんだから。


meister

両親の内心の葛藤をよそに、いつのまにか木登りマイスターになっていた息子。
最後のひとりっ子期間を満喫しています。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

5.Juli.2017

気づけば39週目。中の人はありがたいことに、元気に育ってくれている。
歩くたびに恥骨は痛いけれども、まあ前回もこうだったし大丈夫、という程度。


と、ここに来ていきなり、来年始めたいと思っていた大学の仕事(開始は今年10月)の
募集がいきなりかかっていることが分かったので、急いで応募し、もし書類審査が通れば
7月半ばの実技面接を受けられることになる。
実技面接までの間に課題が与えられ、それを面接にて発表するということ。


    ええっと、7月の半ばは、出産予定日。


出産まであと2週間というところで、そろそろ自分の体を労わろうかと思ったところでこれか!
と思うが、とにかくやってみようと思う。
まあ、面接日前に産まれてしまったら仕方ないので断るし、後だったら…ラッキーだ。

ぱぱ氏の方はひとまずひと段落つき、書類が通った場合の面接準備に私が時間を割く場合
彼が息子の面倒をしっかり見てくれることが可能になった。

今回の妊娠生活はかなり、ギリッギリのキッツキツだなあ。
さてはて、赤ん坊が出てくるまでにどうなるのか?!

…ちなみに、住居、まだ見つかっていません。引越しまで1ヶ月切ってますが…。
こちらも最後まで諦めずにねばります。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

29.Juni.2017

書く前に、あ?今私何週目だ? と考え込んでしまうくらい、忙しい。
そして、これまでにないくらいのストレスが溜まっている今日この頃。

8月頃引っ越す予定だが、まず、新しい家がまだ、ない。
正確には、候補の住居は見つけて入居日に関することなどを住人さんとも話し合い、
大家さんと契約しに行こうと連絡した所で、大家さんより、
少し前に不動産屋に物件を渡してしまったよ、とお返事をいただく。
その不動産屋に連絡したら今度は、その物件を紹介するに当たり、足りない書類があると。
そしてその書類は、候補の住居の一番上に住む人しか申請できないものであるそうな。
というわけで、候補の住居はそのまま放置され、もう2週間も待っているのに
不動産屋から返事が来ない…。

もう、その候補の住居は諦めて他で探すしかないのか…と思いつつも、
候補の住居は広さも家賃も立地も完璧すぎて、他にもっといいのがあるのか疑問。

今の住居は、もう私たちの後に住む人は探してあるし、後はここの大家さんに
知らせるだけなのだが、それを今週中にやらなければならない。


そして、ぱぱ氏はぱぱ氏で、論文提出直前のカオスの真っ只中。
あっちに走りこっちに走り、メールをし、私もサポートできる所はし、と
息子とも遊べないくらい忙しい。最終的に提出するのは、赤ん坊が生まれた後らしいが、
そうしたら息子の面倒誰が見るのかなー。。。まあ幼稚園はまだあるから、いけるか。
そういえば、外国人局から一応働けるという許可はもらえたそうなので、
そこはとにかくありがたいと思う。

私は私で、出産に備えてよく休むべきであろうこの時期、それができずに
引越し前・引越し後、住居探し、新しい町での医者探し、書類のストレスを抱えすぎて
毎日イライラ。家事を全部こなすのも割としんどい。
息子はなぜぱぱと遊べないのか、と私に当たるし、泣く。すまん。


もう、早く出てきてくれないか。そろそろ休ませてほしいんだが。と赤子に語りかける毎日です。
(生まれてきたら生まれてきたで、かなり大変ではあるけれども。)
最近やっと涼しくなってきてくれたので、それを慰めに、一先ず日常をきちんと過ごすことを
頑張ろうと思う。ここが正念場!

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

14.Juni.2017

前回、6年前の妊娠35週目はこんな感じでした。

今回は手首は痛くない。恥骨痛は、ごくごくまれにある程度。

頭の働きが激しくゆっくりになってきているのが、前回との共通点かな。
先日久しぶりに会う知人と会話をしていたら、話が全く噛み合わず、戸惑う知人。
私は私で、日本語なのに、何を言ってるのか、分からない…。
ぱぱ氏がフォローしてくれて、何とか理解できた。何がどうなってるんだ?
私は急に宇宙人になって、違う言語とコミュニケーション法を使い始めたんだろうか。


極めつけは、朝食時。
いつもどおり目玉焼きを焼いて、そのフライパンの取っ手を左手で掴み、
そして何を思ったか、右手でフライパンを掴む。そのまま、ぼーっと お皿の所へ運び


あぢーーーーーーーーー!!!!


と叫ぶ。(しかしその場で取り落とすことなく、きちんと台の上にそっと置く余裕はある。)
…いや、そりゃ当然だ。焼きたての目玉焼きののったフライパンは、素手でつかんじゃいけない。
小学校の家庭科の授業でも習ったし、5歳の息子ですら触らない。
しかしその判断すらも鈍るくらい、頭が激しくぼんやりしております。
結果→指先の火傷。数日間、お手洗いのあとにお尻を拭くのが大変でした…。うう。


定期健診では、もう赤ちゃんの頭は骨盤にはまってるから、もし破水しても、
座ったままで産院に来ればいいからね、と教わる。
出産日については、前回は予定日+1日で産まれたのだから、今回もそんな感じでしょう、とのこと。
…とはいえ、赤ちゃんよ、今回ばかりは早めに産まれてくれた方がありがたいのだ。
引越しもあるし(まだ家すら見つかっていないが)、仕事復帰のタイミングも…と悶々としている。
早く出てくるといいよ、楽しいよ、十分大きくなったらもう出ておいで、と言い聞かせることはしている。

とはいえ、まあ中の人が出て来たい時にくるんだろうな、と半分諦めてもいる。

ぱぱ氏はどうやら、出産に関する情報収集をしているようだ。
いやあどうなるかなあ、楽しみだなあ、出産の瞬間どの位置に立ってればいいかなあ、
と気になるみたいだが、私はぱぱ氏が、大量出血を見て倒れないかどうかが気になるので、
なるべく直接は見ないほうがいいのでは、と思っている。

今回は、色々とどうなるでしょう。
何にせよ、楽しみだ。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村