13.Februar.2017

1月のプレゼンテーションラッシュを終え、卒業試験を経て、
実に8年越しにて修士課程を卒業することができた。
その1週間後、新たな入試を受けたのだけれども、ポカして撃沈。
ご縁がなかったのだと諦めるしかないのだろうけれども、
失敗が未だに悔やまれる。
ここでまた入学できていたら、教授のアドバイスを定期的に受けながらの研究を続けられたのになあ。


全てを終えて、ある程度具体的な今後の目標も決めて、
さあ次への準備だ、とすぐに取り掛かりたいのだが、どうもやる気が出ない。
もちろん、息子の送り迎え、家事一般はやるが、それ以外はまるでだめだ。
ぼーっと雑誌を眺めたり、ずーっと寝たり、壁の一点をしばらく見つめたり。

卒業試験が終わったら、心から楽しいことをたくさんやろう、とリストアップまでしていたのに、
そのリストも今やまったく魅力的には映らない。
(映画をたくさん見よう、とか手の込んだお菓子を作ろう、とか)
2,3日ほど、パズルやクロスワードパズルに没頭したけれども、
途中でふと、空しくなってやめることになる。

再び専門の大学に入学してから2年、物凄く集中して勉強しただけに、
一先ずの大きな目標であった卒試を終えてしまうと、どうも全てが空しい。
全く違う方向に進めるように新たな勉強を始めようかとも思ったのだけれど、
魅力的なものは見つからない。

生きているうちに、ずっと追い求め続けられるような目標がないとだめなんだと思う。
その為だったら、毎日モチベーションを持って活き活きと生きていける。
その場限りで楽しめるもの(パズルとか)を続けて、時間を潰しながら
その日限りを生きていく人生は嫌だ!とふと思ってしまった。
(飽くまで個人的な意見ですので、どうかここには噛み付かないでくださいね…。)

毎日を、きちんと集中して生きていかなくてはいけない、と思う今日この頃。

*

ちなみに、我が家に7月末頃に新しい家族が加わることが分かった。
必死でHebamme(助産婦)探しをするもどうも手遅れだったらしく、30人以上の
お断りをいただいて、さすがに凹んでいる。お断りの理由は、キャパオーバー・休暇。
休暇って、7月に産まれる赤ちゃんって気の毒だなあ。うちのもだが。
前回お世話になった素晴らしいHebammeさんは、もうこの町にはいないのが残念。

探しているのは、Nachsorgehebamme.(産後に家まで通いで来てくださる助産婦)
妊娠12週までには見つける!というのが最近の常識らしいのです。
12週までって不安定な時期なのにな…と思ったり思わなかったり。うーん。
私の探し始めは15週。この時点で、もう誰もいない。

一応、出産後もHebammeが見つからない場合は、Praxisに連絡をして、
そこで運がよければお時間のあるHebammeを派遣してくださるそう。
…もう最初から、今回はなしでいいや、と諦めるほうがいいのかもしれない。
とはいえ、引き続きゆっくり探そうと思う。
がんばります。

*
dango

団子、作りました。

アジアショップで1,5€で買ったKrebreismehl 200gに200ml弱のぬるま湯を混ぜてこね、
団子の大きさにして沸騰したお湯に入れ、浮いてきてから1分更にゆで、ざるにあげる。
Grillspiesseにさして、手作りきな粉、そしてみたらしをかけたら出来上がり。
7串分くらいできました。

結構簡単に作れたので、大満足。うまれて初めて団子を食べた息子も、大満足。
日本のスーパーに売ってる団子よりやわらかくておいしかった、というコメントも頂いた。笑
ただ、かなりお腹にたまったので、お夕飯は軽く食べることになりました。ごちそうさま。

br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村
にほんブログ村

4.November.2016


婚姻届と、息子の入籍届を送ったのが8月末。
やっとこ戸籍謄本が出来た(10月半ば)と、日本の彼の家族から連絡があり、確認したところ



息子が入っていない。

ぱぱ氏筆頭の戸籍に書かれているのは、私の名前のみ。



どういうことなの、と真っ青になって、こちらの日本領事館、そして私の戸籍謄本のある所、
新戸籍謄本のある所に問い合わせたところ、
どうやら、息子の苗字を変えるのには、家庭裁判所の、子の苗字変更に関する審判書が必要なのだそうだ。
というわけで、入籍届はじきに、ドイツ日本領事館を通じて、こちらに返送されるそうな。


ああ……。


今、息子の戸籍謄本はおそらく、私の昔の戸籍謄本があった所に、
一人きりの状態であるのではないかと思う。
知人曰く、事件というわけではないのだから、あっという間に手続きは済むということだが、
もう、いやになる。
とはいえ、一人ぼっちで私の苗字で戸籍謄本に残る息子、と考えるとかわいそうで切ないので、
早めに手続きをせねば。

卒業試験、論文、と忙しい私たち。そしてそんな両親に構ってもらえず寂しがる息子。
なんで、自分だけいつも一番遅い時間に幼稚園に残っているのか、とついに聞かれて、涙。
いつも、息子は寂しい思いしてるんだよなあ。
休日は休日で、どっちかが息子をみて、どっちかが自分の勉学に没頭してるから、
3人そろって遊ぶことはめったにない。
遊んだとしても、学業のことを考えて、上の空。これじゃいかん。
これから、少しずつ息子といる時間だけでも息子に集中してあげないといけない、と強く思う。


maedchen

そんな息子との遠足で見つけた、Ampelmaedchen… 初めて見て、大興奮!

br_decobanner_20111219234918    にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村


27.September.2016

入籍の手続きは、面白かった。日本人同士の、日本式によるドイツでの婚姻。

まず、自分たちの住んでいる管轄の日本領事館のホームページから婚姻届を
3通ダウンロードして、それを記入し、領事館へ郵送する。
(一通は私の昔の本籍地へ、一通はぱぱ氏の本籍地へ、
一通は私たちの新しい本籍地へ行くそうな)
その婚姻届が領事館へ到着した日が、私たちの入籍日となったようだ。
さらにそこから5~8週間経ったら、日本で新しい私たちの戸籍が作られるのだとか。
…入籍日、いつなんだろうと思っていたが、郵送してから一週間後に、
書類に微妙な不備があったとのことで領事館から電話をいただき、
そこでどさくさで伺った所、入籍の日付が分かった、という流れ。
書類を領事館に出しても、たとえば「○月○日にあなたたちは入籍しました。おめでとう!」
とかいうお知らせは一切ないということ。
(万が一、郵便事故が起こっていたら、積むな~。結婚したつもりができてないとか泣けるわ。)

その新しい戸籍謄本を日本から取り寄せ、それを元にまず、
私のパスポートや滞在許可証の名前変更。
戸籍謄本を領事館で婚姻証明書Heiratsurkundeとして訳していただき、
それを元に健康保険や口座、大学での名前変更。

ちょっと問題が起こったのが、Unterhaltsvorschuss(シングルマザーへの資金援助)の
管轄に知らせるのが若干遅れたこと。
Jugendamt(児童局)の管轄なのだけど、その資金援助は、
シングルマザーであった人が婚姻した時点で受けられなくなる。
でもここドイツだし、「私結婚しました」と言葉で言うだけでは証明できないから、
それこそ新しい戸籍謄本を日本から取り寄せて、きちんと婚姻証明書を添えた上で
知らせるべきだと思っていたのだが、どうも違ったようだ。(町と担当者によって違う可能性アリ)
結局、入籍してから払われた分を返金すれば済むことになったので、それはそれでよかった。





もうすぐ5歳になる息子の手続きとしては、私たちの婚姻届と同時に、
ぱぱ氏の苗字を名乗れるように、2通の入籍届を出した。

その「入籍届」は、息子が母(りり)の苗字変更に際して、ともに苗字を変えるというもの。
ややこしいけれど、そこへ記入する私の情報は、婚姻届が受理された後という設定によるもの。
つまり、母欄には、私の新しい苗字、ぱぱ氏と同じ苗字を書く必要があった。
そして、息子はぱぱ氏と同じ苗字にはなるけれど、戸籍上ではあくまで私だけの子であり、
ぱぱ氏とはなんら関係がないことになっている。

そこを変えるために、今回私たちは養子縁組に踏み切ろうというわけだ。

kant

最近、ぱぱ氏の影響か、カントを読み始めました。(注:ただし本の上下は逆です)



こんな感じです。
何だかもう、本番とか合わせが多くて頭がぼおっとしている。
1月には卒業試験だし、今までにない長時間の集中力が必要とされるのがきつい。
とはいえ、また他の子と本番する機会もじきにありそうなので、真面目に誠実に、頑張ろう。
br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村






4.September.2016

最後にブログを書いてから早4ヶ月、例のぱぱ氏と入籍しました。

入籍にあたっては、彼のご両親は手放しで賛成してくださったものの、
私の父が最後まで結婚の期日や条件、更に今までに3回会っただけの孫の行く末を
具体的に決めたがっていたので、これを機に、さっぱり縁を切らせていただくことにした。
キャリアを積んで有名にならなければ意味がない、という人生を私の息子に歩ませる気はない。
幸せの基準が、価値観が私たちとは決定的に違う。
今までは、まあ困った人だと思っていたのだが、私の子と頻繁にコンタクトを取らせると心配だし、
これからの私の進路や生きる道に関しても口出しをするのが当然で、
私と息子を「所有」し、彼の思い通りの人生を送らせるのが当然だと思っている節が
言葉の端々に見えたので、こういう運びとなった。
悲しくないかと言えばそうも言い切れないが、まあ仕方ない。

彼は父を中立的な立場で、尊敬しつつ非常に冷静に対応していたのだが、
それに付け込んで父が、彼とその他の人間に対してあまりにも尊敬を欠いた
挑発的な言動に至ったので、彼が私を非常にかばう発言もしたし、私自身も感情的にブチ切れた。
そんな彼や私の発言に関して「日本語の使い方がおかしい」などと変に揚げ足を取ったりと、
人として恥ずかしすぎる意見を述べた父。
私の父自身、私の母の両親を、学がないという理由で40年間連絡を取ることを
拒否してきたらしいので、
その罰だと、私の母は私の父が娘と連絡を断ち切られることを受け入れている。

なぜここ10日で彼と急に入籍の話が具体化したかというと、近頃訪れた、
児童局の養子縁組の話が原因だ。
息子が小学校に行く前を目処に結婚を目指していたのだが、
養子縁組にあたってどうも、私と彼の国籍である日本、息子の生まれたドイツ、
更に息子のもうひとつの国籍であり血縁の父の所属するA国という3カ国が絡んでややこしくなることがわかり、
そもそも養子縁組をするにあたって最低条件である、両親が婚姻関係であること、を満たすためだ。
条件のひとつに、養父(ぱぱ氏)と子(息子)が2年間同居していること、ともあったので、
そこも作為なく、自動的に満たされたかたちだ。

付き合って直ぐに、入籍しようか、と話を運ぼうとしたことがあったけど、私たちの心がまだ早いと
言っているのを感じたり、色々乗り越えなければいけないことがあったりしたけれど、
今回は不思議とすべて、するりと進んだ。

養子縁組でまた面倒なのが、一応、A国国籍である赤父が息子の血縁の父となるので、
ぱぱ氏が息子を養子(日本では6歳までに養子縁組手続きをしたら実子扱いになるそうだけど)
に取りたいと思ったら、血縁の父の署名が必要となるんだとか。
とはいえ、赤父は私に対する暴力行為で国外追放になっているので、
署名を裁判を通して代行させることが十分可能だそうだ。
そこで息子は、日本国籍を持つぱぱ氏に養子縁組をされるためA国国籍を失うかと思うのだが、
それを失わずに養子縁組を実行させる可能性も無きにしもあらずなのだとか。

ドイツは役所の誰も彼もが事実に基づかない意見を言うので信用はしきれないけれど、
それが事実なら、彼がドイツで生きるにあたって障害が少なくなるかな、とは思っている。


お金がないので結婚にまつわる楽しいことはできないし、
まあ結婚式はもともと二人とも全く興味はないのだけれど、
私たち3人がお互いを尊敬しあって生きていければそれはすばらしいことだと思う。

私たちは、日本領事館に婚姻届を3通送ったが、それが戸籍謄本に反映されるまでに
1,5ヶ月~2ヶ月かかるのだとか。
その戸籍謄本でもってパスポートの名前を変更するまであと2ヶ月かな。
というわけで入籍した自覚はないけれども、ひねり出したお金で注文した指輪が手元に届いたら
腹が据わる?かもしれない。

ひとまずまた、今月2回ある本番に向けて、ひいひいがんばります。
結婚したって、目下の現実は変わらないのです。笑
とはいえ、親からの資金援助もさっぱり無くなったので、自分たちの持ち物を売ったり、
学業の傍らお金を稼ぎ、子供を育てながらの生活となりそうだ。

ハードルは高ければ高いほどいい。それは自分が成長できるチャンスなのだから。
何だってどんと来いさ! 私は絶対負けない!
…というわけで、引き続き前を見て、まっすぐ誠実にがんばります。

br_decobanner_20111219234918  にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村


1.April.2016

洗濯機、直りました。

新しい洗濯機が来るという日に初めて排水ホースを外して見てみたら、
ヘドロがでろっと出てきたのです。

…実は我が集合住宅、数日前に他のお宅の水道管が詰まったらしく、
そういえば洗濯機が動かなくなる前に、キッチンの排水溝から、ヘドロが火山のように
噴出してきたことがありました。
数分後に、水道管屋さんが来てくださって、チェックもして下さったので
排水溝自体はOKでしたが、キッチンの排水溝につながっている
洗濯機の排水ホースも、その影響を受けた、
ということに気付かなかったこういう訳らしいのです。

直すのは至極簡単で、キッチン排水溝から伸びている、洗濯機の排水ホースに詰まった
ヘドロを歯ブラシでごしごし洗い流す、これだけでした。

私たちが、機械には弱いから直せないに決まってると最初から諦めていた甘さにも腹が立つし、
S社の言葉を丸呑みにしたのもよくない。という訳で、またひとつ成長致しました。はあ。
もっとサバイバルを上手にできるようにならないといけない。



2016年に入って以来、なんだかぐだぐだしている。
一昨年の11月以来、4時起きを欠かさなかった私が、最近急に、出来なくなってきた。
今月は私と息子がインフルに罹って、それぞれ1週間ずつ家で過ごさないと
いけなかったのだけど、それを口実に勉強をサボったのではないのか、と自分を責めたりもして。
本来、ご飯を食べることができたのだから、
それは勉強をできないという言い訳にはならない、とか。
2月の大事なプレゼンも、ウケは良かったものの、個人的にはぐだぐだ。
許せない。(完璧主義過ぎる、との批判はとりあえず横に置いておく。)

今は1週間以来、インフルエンザのお土産であると言われている、耳詰まりに悩まされている。
片耳が、篭ったようにしか聞こえないので、不便。 

耳鼻科に行って聴力検査をして貰ったが、異常はほぼなし。
(私の職は耳を使うものなので、耳が詰まっても、全体的にいい結果が出るらしい…。不便。)

でも片耳の圧力は「ちゃんと」いかれているらしく、それを治す手助けをするために
鼻スプレーを出してもらって、
これで何とか本職に本腰を入れられるか、と思ったり、
残念、これで、練習できない言い訳ができない、と思う自分もいたり。

いかんなあ。

適度に自分を許してやって、更に自分の尻に火をつけないといけない。
うう。その加減が難しい。複雑。
…ナンか私、精神的に問題あるのかしら!?怖い!

まあでも、息子の寝起きに抱きしめられてにこにこされるのは、悪くなかった。
今すぐ自分と折り合いをつけられると思わず、ちょっとずつやっていこう。

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村           br_decobanner_20111219234918







18. März.2016

息子に、5日間ほど熱がある。
お医者曰く、これは「5-6日インフル」。
長いこと待合室で待ったあとに、1分の診察でこれを言われたので、
適当なこと言ってるに違いない、と恨めしげに考えたものの、
やっぱりプロの診察というのは、正しいんだと思わされた。
熱がなかなか38度以下にならない。うーん。

小康状態になって、20分ほど公園で遊ばせたらまた翌日の昼に40度近くになるという、
もうどうしていいのやら、なかなか分からない状態だ。
食欲だけは失っていないのでありがたいのだけれども、
さすがに7日間続いたらまた病院に連れて行きたい。

同時に、今週に限ってぱぱ氏に急な授業の依頼が入るし、
私には前から約束していた仕事がある。
更に、7月には大きなプレゼンの機会が、3日の間隔で2回もある。
その為に、2週間以内にプレゼンパートナーと合わせをするべきで、
そしてその準備にかなり時間がかかるのが私なのだ。
息子の体調が気になって朝練に行っても手がつかない私からすると、これはけっこうキツい。
正念場だわ。

ママって、不便な生き物だなと思う。
子どもの体調が悪いという事実はあるけど、始終そばにいれば良くなるってそういう訳じゃない。
実際、そばにいようといまいと、あんまり変わらない(気がする)。
自分の仕事ができないイライラがつのって、子どもに当たる事態になるよりは、
適度に私も仕事に行って自分の時間を持つのが大事なんだろうけど、できないんだよね。
シングルマザー時代の習慣が体に沁みついているのかな、とも思う。
内縁の夫がいる状況とはいえ、実際に私が自分の仕事をしてる時に息子に何かがあったら、
私の責任として子どもを取り上げられかねないし…
まあ、しょうがないのかもね。

それに、今の状況も、いいのかも。
朝起きて、ままがいる!と喜ばれて抱きしめられて、そのまま二度寝に突入するというのも
悪くないのかも知れない。息子がぱあっと笑っているのを見ると、
若しくは、何か自宅で出来る仕事に転職したっていいわ、とすら思う。
何で自分は、自分の専門やってんの、もうぱぱ氏が就職するの待って専業主婦でいいじゃん、
とか思うのだけど、まあ今の専門以外、きっと無理なんですね。

とはいえストレスが溜まる。(-_-)

100














(ちなみにこのソファ、拾い物です)


そして本日、追い討ちをかけるように、買って4年(実働3年半)しか経っていない
洗濯機が壊れた。
Siemens、やってくれます。サポートセンターも、実に素っ気なかった。
残念ながら、保証期間も切れている。

りり「洗濯機から妙なにおいがして、どうやら脱水もしないようなんですが」
サポ「それは故障ですね、技術者を呼んで検査してもらうのには79ユーロかかります」
り 「検査してもらうって、それで修理が必要な場合は更にいくらかかるんですか」
サ「150-200ユーロです」

持っていた洗濯機の値段は、400ユーロ。直していただいたとて、その後の品質保証はないし、
その後に5年くらい修理なしで動くという保証もない。
だったら、新しいものを保証つきで買ったほうがいいか…


というわけでした。今度はBoschの安めの洗濯機にしますが、どうなるやら。
家電には、10年くらいの寿命を期待してしまうのけど。
と同時に、どうもうちの冷蔵庫まであやしげな音を立て始めている。
や・め・て。涙。


でも、私たちは家があるし、ご飯も食べられるという、実に幸せな生活を送っているから、
それを受け止めつつきちんと生きていけたら、それでいい気がするのだ。
今は、難しく考える必要もないんじゃないかな。
私たちよりも比較的厳しい状況で生きる人もいるし、逆もまた然り。
今ある状況を受け止めて、そこでいかにベストを尽くすかが、
人として生きる道であると考えている。

日々精進なんです。
弱い自分はあるけれど、向き合って闘おう。

ひとまず、引き続きがんばります!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村