13.April.2011


そういえば既に10年前から肉割れ(Dehnungsstreifen)があったことに気付いた。
10年前は60kg以上あったからな。大学で49kgやらになって、今は50-55kgだと思う。
体重計買わないとな…。食事の管理もせんと、ちょっとまじ増えるよこれ。
内ももと外ももから腰にかけてが白くきらきらしているよ。でこぼこしているよ。

今日必死になって、妊娠線消し方法を探したんだけど、もう線あるじゃん。
そうか、もし妊娠線ができたらこの太もものでこぼこがお腹に広がるのか。
なるべく避けたいねえ。

そりゃ私はモデルさんじゃないからそんな気にせんでもいいさ。
人前で脱ぐ状況になっても、大抵暗いから見えやしないだろうし、
水着着る段になっても「あなた妊娠線ありますね」なんて教えにくる変人もいないだろう。

…それでも気になると思ってしまう私は一体何なのだ。ぜいたくものか。
まあせいぜい頑張って保湿でもしようかね。かゆくならないように。






口座をみたら、今週末振り込まれると予想していた給料が既にそこにあった。
今までちょいと節約気味だったし、これは自分にご褒美やってしまおうということで
やってきましたアジアンショップ。

梅干はあるわ(7EUR)、のりはあるわ(3EUR)、わさびはあるわ(3,2EUR)、
ごましゃぶのたれはあるわ(5,8EUR)パラダイス。
億万長者なら右から左まで買ってる絶対。
でも100均で見る唐辛子が2,8EURとかはないよ。
コンビニで見るちまーい大福3個入り(しかも冷凍)が3EURとかぎゃくたいだ。
輸入品おそるべし。…でも多分2EURなら買ってた。大福だいすき。


今日の収穫
・乾燥うどん(2,8EUR)
・冷凍納豆3パック(3,9EUR)
・昆布つゆ(5,2EUR)

いやしかし興奮すべきは納豆です納豆納豆。からしもついてる!
本当はほかほかご飯と一緒に食べたかったんだけども、炊けるまで待てないので
うどんをゆでて、ねぎを添えて食べることにした。

nattonatto

もうこの臭い、この粘り気、この味!
口に入れ、目を閉じ鼻で複数回呼吸を繰り返してから、引き続き食道に味わわせる。
うわあもう大興奮。うどんも美味いしもう どのポイントに感動していいのか分からない!

…とそこで友人から電話。街中に出ておいで、と。

う。

と思ったけれども友人もだいじなので、また引き続き、今度は急いでかきこむ。
もうちょとゆっくり食べたかったけども、まあいい。
どんな速度で食べようとも、納豆うまい。これは変わらない!

ちょうリッチなお昼ご飯、納豆うどんを、たったの10分で食い尽くしてしまいました。
いやあセレブだな自分わはは。

*

友人と一通りくっちゃべって帰宅、わくわくしつつ冷蔵庫からりんごムースを取り出した。
一昨日買ったやつで、すんげ美味いのでパンに塗って食べるつもりだった。


 そこに はかったように こびとが あらわれた!!
 こびとは たべたそうに こちらを みている!!

じっ・・・・・とりんごムース瓶から目を離さないJu君。
「これ? りんごムースだよ。見てみる?」と手渡してみた。

「ぱぱ、りんご」
と、ちっさな片手で瓶をわしづかみ、いきなしパパの部屋へ走り出す!
物凄い不安定な足音な上に、瓶落としたら割れるし、それにつまづいてこけたらあわわ
と必死で追いかけ、彼のパパにいやそれ私のりんごムースなんだよと言いつける。

パパJo氏はJu君に運んできてくれたお礼を言ってから瓶を返してくれ、
更に彼の作ったパスタサラダをすすめてくれたので、お言葉に甘えて食べることにした。
キッチンに戻ってサラダをよそってもらっている間、Ju君はりんごムース瓶ガン見。
そして私をも見つめる。つぶやく。

「りんご、たべる」

負けた。
パパに、イヤなら断ってね、といわれたがあなたの視線を受けて断れましょうかJu君よ。
その満面の笑みが見られるならもう私はどうなっても結構です、とか幸せな気分になって
彼が一生懸命スプーンですくって食べてるのを眺めた。

気付いたら、ほぼ満タンだった350ml瓶が、からになってた。
食い尽くされた。明日の朝ごはんはりんごムース抜き(´・ω・`)


まあでもいいんだ。
条件として、君のパパに、先日食べたりんごケーキを作るように強制しておいたから。

なんだか子供のおいしいとこ取りしてるみたいでパパに申し訳ないが、
Ju君と接する度に、人様の子がこんだけ可愛いんだから、うちの子はどうなるかなあと
ちょっと妄想できるので幸せだ。
子供は天使だー!猫も天使だけど!w
11月がちょっと楽しみだ。…産めるといいな。



12.April.2011

昨日は23℃、一昨日は25℃以上、今日は12℃。
そして最低気温は3℃。なんだこの気温差は。

早朝から、これは酷すぎるだろうという天気の変化。

かんかん照り数時間
雨あられ、気温超下降
かんかん照り数時間
雨あられ強風
太陽あらわる
雨あられ
曇り ←今ここ。とても寒い

この後また晴れ上がって夕焼け見られるかも知れない。

*

昨晩からPfannkuchen(ホットケーキとクレープの中間みたいな)作りにはまっている。
昨日は生焼けだったけど、今日はうまくいった。

焼いている私を目ざとく見つけた同居人の子、2歳のJu君、
出来上がってゆく生地をガン見。

彼はペンネやスパゲティが大好き。寧ろ主食。でもパスタにソースをかけると泣き喚く。
だから、多分炭水化物系に目がないんだとは思うけども

「ごはん、ぼくの、ごはん」

と言ってできあがったKuchenを指差す。
人様の子に許可なく与えていいものか迷ったが、パパJo氏からのGoサインが出た。
ちょうもりもり、おくちにいっぱい詰めつつ食べてくれた。ちょっと嬉しい。
その後彼自身のおやつを食べてたけども、またも

「ぼくのごはん」

と言ってKuchenを指差す。
パパが、りりのだからだめ、Juはもう自分のがあるでしょう、と嗜めてもだめ。
ぐずる。
こりゃ冥利に尽きるな、と思いつつまた与えた。
そして減ってゆく2枚のPfannkuchen(デザート用)。今日は3枚焼いて、
そのうちの1枚は中にソーセージとトマトソースぶちこんでクレープっぽく食べた。

その後、彼の食べ残しであるわずかな量をデザートに食べた。
少なくとも生焼けじゃなくてよかったと思った。
とかいって明日Ju君がお腹下してたらどうしましょ。そんときゃそん時か。

更にその後またもJu君はKuchenを探し、カラの皿を見るやガン泣き。
「ぼくの! ぼくの…! うあああん」と所有権を主張なさっていた。
同居人の犬にも当り散らし、うんこすわりしてカラの皿を指さし涙流しガン泣き。
今日の彼の見た目がルークスカイウォーカー(スターウォーズの金髪の子供?
あってる?)にそっくりだった上にそんな劇的なポーズとるもんだから、
何だか映画の一幕を観てるみたいだった。
彼にとっては相当ショックだったんだろうなあ。そんなに美味かったかい。

嬉しかったよ。また焼くぞー。



9.April.2011


うちのWGには頻繁に2歳のJuくんが来る。
同居人Jo氏のお子様だ。彼は未婚、元彼女と共に子供を育てている。
Juくんはママ、パパ、おばあちゃん×2、幼稚園を行ったりきたりしているそうな。

で、この週末になっておばあちゃん(Jo氏ママ)もJuくんと共にWGに現れた。
おばあちゃんとはいえ、溌剌としててきれいな人よ。
Rouladeと、しかもリンゴケーキも持参。

彼女の到着直後、みんなしてママのリンゴケーキ堪能。
体が糖分を欲している時期でよかった。うますぎるよ手作りケーキ!!
カフェイン入ってるから避けてた紅茶も飲み、2切れ平らげた。

何ていう名前のりんごケーキなのかは謎。
Jo氏曰く、彼のうちではりんごケーキというとこれを指すらしい。
ナッツとシナモンと…ともう忘れたけどBioな材料からできてる健康的なお菓子。

apfelkuchen
食べかけ注意 
 

そして1時間後、Jo氏の元彼女さんも来て、総勢7名でお夕飯。
パスタにSauerkrautに、めっちゃこくのあるソースに浸かったRoulade....!!!!!
おしゃべりしてる皆様を完全無視、食べることに熱中する自分。
いつもは食べるのが圧倒的に遅いんだけど、今回はもう1番最初に食べおわり、
更におかわり。
元彼女がJo氏に「私あなたのお母さん大好き。彼女が料理するときは
と真顔で言っていて、思わず皆で目配せしてしまった。
嫁姑問題だろうか。結婚してないけど。

こんなに大勢でご飯食べるの、引っ越してきてから初めて。
多分ここの住人(4名)が揃ってご飯食べるのも初。新鮮だった。
そしてJoママはまたOsternに現れてくれるらしい。
ちょっとちょっと、これはもう絶対に在宅してないと! 期待値1000!!

*

満腹! になったにも関わらず棒フレークチョコを平らげ、
さらにイチゴにも手を伸ばす。これは食べ過ぎだよ。
お腹が少しいたくなったけど、ぴぃはせずに済んだのでよかった。

お酒を全く飲む気にならない自分にびっくり。
5,6年以上毎日ぶっ通しで酒飲んでたくせに、ふしぎ!




2月頭を最後に生理がないことは気付いてたけれども、それはストレスのせいだと思っていた。
殴られるわ、警察行くわ、家探さなかんわ、引越しせなかんわ、
金はないわでややこしい3月だったので。
そういえば激しく胸も張っていたので、そろそろ生理が来るな、ナプキン十分にあったかな、とも。
 

で、まったり落ち着いた4月1日、エイプリルフール。引越しの荷物を整理してたら、
偶然妊娠検査薬を発見。一応安心のためにやっておこうと試してみた。
すると
先に表示されるべき検査終了サインの前に、妊娠陽性サインが出た。
それはもうくっきりと。


これがどういうことなのか一瞬理解できず、フリーズ。
説明書と棒を見比べて、なにかの間違いではないか確かめたけれども、陽性。


それから急いで保険会社行って仮の保険証出してもらって、Frauenarztへ。
予約してないと見てもらえないのが普通だけど、父親は逮捕されて云々と
半泣き状態で説明して、無理やり見てもらえることになる。


診察で、膣に何やら超音波の棒を突っ込まれると、モニターに何かが映る。

maus8W4T


あわわわわ いるいる なにか入ってるよ


次に膣に指入れられ、下腹をがすっと押され、妊娠してますよ、といわれた。

その時点では全く産む気はなかったので、おろしますおろしますと連呼。
Schwangerschaftskonfliktberatungに行って証明書をもらう義務があるそうだ。
妊娠相談所?とでもいえばよいか。

*

んで採血。
血液型検査、性病があるか、風疹の予防接種したか(?)調べるためだそう。

助手のおねえちゃん、もう注射器の握り方から危うかったので嫌な予感。

  ぷす しゅこしゅこしゅこ
血が出ない。

んー、とか言いながら新しい注射針を出してきてもう一度
  ぷす しゅこしゅこしゅこ
刺した状態で血管を探すのはやめていたいの
針の外からたらたら血が流れ出す。

やっと諦めてくれたおねえちゃん、医師を呼びます、と処置室を立ち去る。


20分ほど放置され、やっと医師登場。
肘の裏がだめだと思ったらしく、今度は手の甲に挑戦。
  ぷす しゅこしゅこしゅこ
ごくゆっくり容器の中に血が溜まりだす。
安心したら、血が足りないわ、と他の腕を取られる。

他の腕にまた刺され、心臓より下の状態で採血したら今度はうまくいった。

見習いのおねえちゃん、お願いだからもっとよく練習してください。
腕の内出血が酷いです。

生の肉と魚、たばこ・お酒、カフェインの摂取はなるべく控えて、といわれた。
ランプステーキをミディアムレアで食ってやりたいと思っていた矢先に、とても傷ついた。
控えて、だから禁止じゃないのよね。でも指摘されちゃうとびびっちゃう。

*

翌日からがおかしかった。昨日酒飲んでないのに、二日酔いみたいにだるい。
普段ほぼ全然食べない甘いものばかりを買い漁り、食らう。牛乳中毒になる。
しょっぱいものが食べれない。そして眠い。これが噂のつわりというやつか。
吐き気がないのが救いだ。
妊娠していると分かったとたんにこの症状。非常に単純な身体でよろしい。
でもこの状態で家事買い物はちょっときつい。

今思えば、9週まで私毎日のようにビール4・5本飲むわ煙草は20本吸うわ
毎日チキンナゲット食うわ(?)でめちゃくちゃ。
不思議なことに3月半ば辺りから何となくビールが美味くなくなってきた…ので
シャンパン飲んでた。
しかも腹の子の父親は麻薬中毒だわ、酒も良く飲むわでもうこども大丈夫なのか心配だ。

さてはて。
こんなこと書いてたら今度はマック食べたくなってきた。
でもこれから同居人のお母さんがRoulade(肉ロールみたいな)を作って
持ってきてくれるらしいので、牛乳飲んで空腹をごまかし、自宅待機中。
4つしかないってことなので、ここは絶対にその場に居合わせないと(`・ω・´)9



8.April.2011


仕事場の社長と秘書に、顔を出しに行った。
当初のにこやか歓迎ムードも、妊娠証明書を見せたところで一変。
早産の危険性が…やら大きなお腹の従業員を客が見たら…とか流れた後まとめ


「産むかおろすかもう一度考えて、でも妊婦は客対応に出せない(雇う意味がない)から
 それは念頭に置いておいてね」


つまり子供か仕事か選べというわけです。
働きたいなら子供をおろしてくださいと暗に言っているわけです。
この仕事が子供をおろすほどの価値があるか否か。
否。
でも働かないと子供養えない。
でも子供産むと働かせてもらえない。



呆然としつつ帰宅。しんじゃったほうがいいかとふと思う。


*

お昼頃、弁護士H氏の待合室に、泣きたいのを一生懸命こらえつつ座る私。
一人がまん大会をしていると、H氏の助手S氏があらわれ、私が元気か調子はどうかと尋ねてきた。
反射的に げんき・・・と言いかけたところで堤防決壊。
午前中に起こったことを話し、昨日もらった謎のbescheinigungの事を話し、
産まれて初めて自分のハンカチで鼻かんだあと、S氏と共にH氏の事務室へ通される。
後で手洗いするべきか、洗濯機に直接放り込んでしまうかちょっと悩む。


一通り話して、今日の課題は電話かけだ、となる。
支援団体に電話して私への金銭的支援のGOサインをもらうため、
そしてなぜ私がFiktionsbescheinigungをもらったか、もう一人の弁護士W氏に
直接聞くためだ。

さて、支援団体の電話番号表の上から下まで電話をするH氏だが、一向につながらない。



なぜなら、お昼休みだから。電話は鳴らされるがまま。電話の横にいたって関係なし。
メルケルがかけてこようとも関係なし。誰もとらない。



くそ支援団体め、と依頼人の前でうっかり口走る弁護士H氏。
金曜午後に働いてるのは警察か弁護士くらいだよね、とS氏とぶさつく。

今日弁護士事務所に来た意味があるのかないのかちょっと考え込んでいると、
「おなかすいたもうだめ。僕たちも何か食べよう。何食べたい、上海?ドイツ?」
とまくしたてられたので、ここぞとばかり上海料理に一票入れた。

おごってくれるらしい。
弁護士って依頼人をご飯につれてってくれるもんなの?いいの?らっきーありがとう。
S氏もほくほくと上着を着て、みんなして出発。
最初に「お財布にもう2ユーロしかないんです」と言ったのが効いたのか。
いや本当に2ユーロしかなかったんだよ。

道すがら、S氏が元刑事で、その後にH氏の元で助手をしているのだと聞いた。
性犯罪専門だったから、暴力等による被害者専門のH氏の所に来るのは理に適ってる。
それにしても刑事の後に弁護士助手として再就職って面白い。
そういえばS氏は50代半ばくらいに見える。でも刑事っぽい厳しい感じはなくて、
むしろ冗談の頻度がはげしいのが玉に瑕だと思った。
早口と方言のせいで聞き取れなくても、一人で自分のネタにウケているため
「え?何ですか?」なんて気の毒で聞き返せない。

上海料理というか中華料理ビュッフェで、酢豚だの野菜炒めだのココナツソースの
鶏肉だのもう うまうま食べた。烏龍茶までもつけてもらった。
もう本当に美味い。やめられない。中華料理ばんざい。最高。
ちなみにH氏は非常に大きなビール樽体型なので、食べる量は観ていてとてもすがすがしいものだった。
皆でアイスも平らげた。H氏は5玉かっぱらってきた。
「甘いものは弁護士に必要な食品なんだよ」と教えてくれる。
会計をしたところでGlueckskekseと梅酒が出てきた。
梅酒。わたしのうめしゅ・・・・。大好きなんだけども今回は代わりに涙を呑んだ。
アルコールは今はだめだからね。…ちょっと舐めたけど。



事務所に戻って、やっと援助団体からのGOサインが出て、援助を受けられることになった。
これも長くて5,6ヶ月らしいけども。ちなみにWeisser Ring という団体です。
何だかとても早いGoサインだったらしく、S氏の「脅したの?ww」に「必要なときは…ね」と
返したH氏がちょっとこわいと思った。やったのか。
次の依頼人も待ってるし、私となぜかS氏も共に退散。
帰り際に、「絶対大丈夫だからね、君はいい子だからね、何かあったら助けるからね」
と頭をよしよしされて、恥ずかしいけどすこし嬉しかった。

援助を受けることは根本的解決ではないんだけども、これは助けになった。
次に、子供がドイツに滞在できる権利を持っているかどうかを、外人権利専門のW氏に聞かないとだ。
元パートナーはドイツ人じゃないけどEU圏内の人だから、もしかしたら…という可能性があるため。
うん、もしかしたら彼の国に行った方がいいのかもねwまったくしゃべれないけどもww


週末は物事が何も進まないからきらーい。
でもがんばる。