21.September.2013

大学に通い始めて2週間。
授業時間は、8時~16時。
色々問題もあるけれど、学びの喜びを味わい、毎日生きている。

頻繁に同じセミナーで会う人の年齢層は様々。
今の所最年長は47歳、その次が41歳。でも、勉強している姿は25歳くらいの子と同じ情熱が篭っているんだなあ。 
その最年長さんは、「3年勉強してから15年くらい先生やるのが楽しみだなー」と言っている。
そうだよな。
ポジティブな未来の見方も、いくつになっても勉強を始められるこの国の環境も素晴らしいし、
そして何より、特定の同級生が2日に1度は死ぬほど笑かしてくれる学科ジョークを飛ばすのがすごい。
ここ約5年、こんなに涙でるほど笑ったことなかったわ!


ちなみに、うちの大学にはたくさんのシングルマザーがいるようだ。
同じセミナーにも、高校生と中学生の子供を持つシングルマザーがいて、
休憩時間には思わず話しに花が咲く。
つらい時は言ってね、お互いに助け合えるからね、と言ってもらえるのが、とっても嬉しい。


この調子で、進んでいこうと思う。




近頃、激しくやだやだが始まった息子。
出掛けに、息子の気に入っている靴を履かせたのに、玄関を閉めたとたんに泣き叫び、
この靴じゃイヤ、と主張されたり、
ベビーカーベビーカーと言っている割に乗らないから、ベビーカーを置いて出かけようとすると泣き叫ぶ。
そこでまたベビーカーを取りに部屋へ戻り、乗ってもらおうとすると、またもギャン泣き。何がしたいんじゃー。

うんざりすることもあり、これも成長に必要なのだから、喜ばしいことなのよねえ、としみじみしたり。



でも、とても感動したこともある。

私が先にご飯を食べ終え、息子が食べ終えるのを待っていると、
息子は私の空っぽのお皿を見て、「ドウゾ、アリガトウ」と言いながら、自分の食べかけご飯を分けてくれるのだ。
一度のみならず、何度も。偶然とか、遊びということではないらしい。

私の息子にしてはよくできた子だなあ、と、ストレスに満ちた毎日の中ということもあり、思わず涙しつつ、
息子のよだれにまみれたご飯を、ありがたくいただいた。
「一緒に食べるとおいしいね」と言っていたことを、何気に理解していたのだろうか。

勉強なんかできなくてもいいから、周りの人の事を考えることができるという所はそのままで、大きくなってね。
ありがとうね。


雨の続く我が町ですが、息子といれば結構楽しめそうです。
あまり頻繁には更新できていないのにクリックをいただいて、ありがとうございます!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村      br_decobanner_20111219234918



5.September.2013

外人局VS職安の勝負は、外人局の勝利(?)に終わった。
私は職業支援金を受けることができず、更に9月から失業金も打ち切りです、と連絡をもらったのが
8月の27日。えっと、9月はあと何日で始まるのでしたか。

職業局いわく
そもそも、あなたは失業金を受け取る資格を満たしていなかったのです。
この2年間あなたが失業金を受け取り、更にドイツに滞在することができていたのは
完全に職業局のミスだということが明らかになりました。





(  Д )    ゚   ゚




ってことは本来、出産を直前に控えた2011年の10月で私は出国しなくてはならなかったということ。
ある意味、不法滞在していたということで、背筋が寒くなった。
2年間、ドイツで働く方々の税金で生かしていただいてしまったのだ…。


何はともあれ、何とか得た入学資格。
約30歳である身として、この機会を逃しては、人生の中でいつまともな職業訓練ができるかわからない。
授業は、あと2週間ほどで始まる。
失業金がないということは、健康保険もきかなくなるということ。
息子の、脳内出血に伴った定期的な診察があるのは9月末。健康保険なしでは実費。いくらかかるのか…

大パニックになり、直接関係のない児童福祉局に泣きつき、移民局にも意見を乞い、
しまいには舌を噛み切る思いで両親に学費・生活費を貸してもらえるよう交渉し、

なんとか、ぼちぼち3年間の学生生活を始めることができるようです。
確信できないのは、本当にぎりぎりまで何が起こるかわからないため。
こんな、いつも綱渡りな生活を送っているので、すっかり疑り深くなりました。ははは…。

----

久々に、児童福祉局の赤父との交渉担当の方から連絡があった。
彼が母国に戻った時点で、その国にはドイツのように現住所を役所に報告する義務がないので
彼の居所を見つけて生活費を請求することはほぼ不可能だと諦めていたけれど、
その母国に、ドイツの国として彼の居場所を何とか見つけてくれ、と頼むことによって、
もしかしたら彼の現在の住居を発見できるかもしれない、とのこと。

まあ見つかっても、借金はあれどこちらにお金を払うことはできないだろう、と思いつつも
ドイツの児童福祉局の「本気」が伝わったことが、嬉しい。
赤父ってば今何やってんのかねえ、なんていう、他人行儀な興味が湧いてきたことも否定できない。
担当してくれている人が、息子連れて一度児童福祉局に顔出してね、どのくらい大きくなったのか見たいから、
なんて言ってくれたことにも、心がほっこりした。ありがたいねえ。


近頃、何でも私のマネをしようとしている息子。
お皿洗いまで始めました。こりゃ有能な家事手伝いだ。ありがとう!
0001


というわけで、異国シングルマザー+学生という、新たな生活が始まりそうな私に、応援よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ    br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村



20.August.2013

2歳未満だからと言って、甘く見てはいけないなーと思った話。


結膜炎を患って、息子は とある日に眼医者を訪れた。
同時期に左瞼に炎症を起こしていた私も、一緒に診てもらうことにした。

私の診察の時に気を逸らすため、普段は私が決して与えない電子音の出るパトカーを眼医者に渡されて、
相当夢中になった息子。
お医者さんの引き出しに仕舞われる時、めちゃくちゃ抵抗するほどだった。

その2週間後、今度は右目の調子が悪くなった私が息子と眼医者を訪れ、診察室で医者を待っている際、
6つもある引き出しの中から、例のパトカーの入った引き出しをぴたりと当てて開け放ち、「ぶーぶ!ぴぽぴぽ!」と
所有権を主張した息子にびっくり。

以前に一度だけ見たパトカーの場所を、まだ覚えてるんかい。
甘く見ていたわ…。


朝目覚めた時に「めがね持ってきて~」と息子にお願いするのが常な私。
一瞬間をおいた後、必ず持ってきてくれる優しさに、存分に甘えさせてもらっている。
低血圧なこともあるのだが、もそもそ起きてめがねを探すのが面倒なのだ。

今日シャワーを浴びた後、定位置にあるめがねがなくなっていた。
シャワーの最中、いつもはシャワーカーテンを引いてにやにやしながら覗いているはず息子が、
今日はどうも大人しくしているなーと思ったら、どうやらめがねを攫って一人で遊んでいたようだ。

そこで「ちょっと息子!」と大声で呼んだところ、すぐに「みえない~!みえない~!」と
叫び、めがねを振り回しつつ私の所へ駆けつけてきた息子。
私が何を言わんとしているかを察しただけでなく、見えない=めがねが必要、と理解しているらしいことに驚愕。
おそろしい子!!


何をしていいか、よくないかをある程度は理解している様子も見せている。
料理をしている時、いつもは「だっちょ、だっちょ」と抱っこをせがむか、私を観察してつまみ食いをするはずなのに
今日はキッチンにいないばかりか妙に大人しくしているな、と思う時は必ず、普段禁止されているか私が嫌がる「何か」をしている。

例えば
携帯・もしくは固定電話をいじっている
床に敷き詰められたパズルマットをばらばらにして、その上で大笑いしながら踊っている
レゴ・積み木を部屋中にぶちまけ、投げて遊んでいる
風呂場に潜入し、トイレットペーパーを引き出しまくって大笑いしている
まだ読んでいない新聞・雑誌をびりびり破いて笑っている

しかも、キッチンと居間の扉をきちんと閉めてからこの所業に至っている所がまた恐ろしい。
鬼の居ぬ間に洗濯ですか。私もやったけどな、子供のころ…。ははは。

かと思えば、20分あまりもひとつのおもちゃで集中して遊んでいたりもして、驚かされる。
思わず息を詰めて存在を消したようにし、かつ部屋を去らないようにじっと観察してしまったよ。
よだれかけはびっしゃびしゃになったけれど、ひとつのことに夢中になれる息子を誇りに思う。

ぎゃー!何しとんじゃー!と叫ばされることが増えてきたにせよ、言葉が通じるようになってきて、
息子が何を考えているのか分かるようになってきたのも楽しい。
昼間にいくらいらいらしても、寝顔を見ればすべて許せてしまうのがまた、いいもんだと思う。
母になれてよかったわ。ありがたいことです。

私自身の問題はまだ解決していないが、こうやって普通の日常を送ることができるということに、感謝したい。
息子も私も元気、住居はある、3食食べられる。これで幸せだな、と思うのだ。

全ての困難は、私に乗り越えられるからくるもの。
それを忘れないで、どんな苦しいことであっても、どんなありえない人に会っても、感謝して生きていたい。
ちょっとひしゃげたけれど、負けん!全部最終的にはうまくいく!乗り越えられない困難は私の所には来ない!!


皆さん、がんばりましょう!

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


9.August.2013

職業訓練支援制度を得ることができた!
そこへ更に2年間の生活保障、幼稚園費用、交通費も全部支給される!
後は1ヶ月後に始まる授業に備えるだけ!

と思っていたら、


全部おじゃんになりました☆
またも外人局の皆様のおかげです。


私の仮ビザでは、そもそもその職業訓練支援制度を受けるのが不可能なんだそうだ。
申請したの、5月なんですけど。その支援制度のために、250問に及ぶ心理テスト、語学試験までやったんですけど。
何でどの役所の誰も、今の今まで気づかなかったんだーー!!!

11月はじめまで、お情けビザを頂いたところだが、もうただ呆然。
誰か、夢だと言ってくれ…。


ドイツに残る条件として、ふたつ提示された。
1.職を見つけること。お掃除人としてではなく、本格的な定期収入のある仕事。3ヶ月で見つかるか!!
2.親に資金援助をしてもらうこと。

この2つめが痛い。が、実際にはこれしかない。
りり、約30歳。この歳にして、またも親に、借りる形にするとはいえ金をねだるというのか。
そもそも、「お前にいくら金をつぎ込んだと思ってるんだ!!」と父に言われたことのある私、
何よりもまず、プライドが痛い。

実家はあまり裕福でもないし、母は2つめの癌を患っている所で、
私への資金援助をすることで、実家が金銭的に痛手を負うことは間違いない。

だからといって、今日本に行った所で、元手もない中でシングルマザーをするのは、
金銭的にも精神的にもかなりつらい。


頭がパンクして、1年ぶりに、高熱と激しい頭痛に見舞われる私。
そこへ図ったかのように結膜炎になって、「目がかゆいー」と、
更に歯が2本生えかけで「いたいよー」とわんわん泣く息子。
そう、息子は「いたいよー」「かたいよー」「あまいよー」「てつだってよー」を言えるようになったのだ。
もう可愛いったら。一番のヒットは「だっちょ(抱っこ)」。…それはどうでもいいとして。


私まで一緒になって、わあわあと気が済むまで泣いて叫んだ所で、妙に開き直った。
もうどうにでもなれ!できたら勉強したいけど!
といいつつまた目から汗。ああ。


もうこうなったら世界中の、もしくは宇宙にもいるかもしれない神に拝むしかない…。
何とか、何とかこの時期を乗り越えられますように。

応援よろしくお願いいたします…。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村

25.Juli.2013

電車とバスで失くし物を2度したが、2度とも無事戻ってきたという、ちょっとイイ話。

1度目:定期

バスに乗る際に運転手に提示したという記憶を最後に、目的地である図書館に着いた時点で、見つからず。
どうせ数日で定期は切れるから、まあしょうがないし諦めるかな~と思った数秒後、妙な確信と共に思い直した。

「さっき乗っていた車両は、数個先にある終点からまた折り返して、私の降りた停留所に戻ってくる!
 定期はその車両内にあるに違いない!」

ということで、急いで停留所に戻り張り込んで、先ほど乗っていたのと同じ番号のバスが来るたびに、
運転手さんに、定期の落し物が届けられていないか、質問する。
3台目のバスで、さっき乗っていたバスを運転していた運転手さんを見つけ、
彼の元に届けられていた定期を取り戻すことに成功。

今思えば、バスの中で落としたとは限らないのに、ナゼそんなに確信してバスを待ち伏せしていたのか…。
運の良さと、落ちていた定期を届けてくださった人に感謝。

定期には顔写真が付いているから、悪用はされづらいだろうけれども、見つかってよかったな。


2度目:息子の帽子
背中にはピクニック用品が大量に詰まったリュック、両手には息子を抱え、汗だくで路面電車を降りた所で気づく。
息子の帽子が、ない。リュックを漁ったものの、やはり入っていない。

まあ中古で90円で買ったやつだし、べつにいいや、と瞬時に諦めようと思ったところで、またもや思考に稲妻が走る。

「あれは息子のお気に入りの帽子だし、電車は2個先の停留所=終点から折り返し運転だ、
 諦める必要はない!」

…そこで、今降りた駅で黙って座って待っていればいいものの、何を考えたのか、
2個先の駅にたどり着くための近道を、必死で走り出す私。

炎天下、疲れてぐずる息子、流れ落ちる汗、だるくなる足を忘れようと努めながら、坂道をひたすらのぼる。

そしてやっと電車を見つけて、座席にぽつねんと置かれている息子の帽子を窓越しに確認し、
安堵して乗り込もうとした瞬間、無情にも発車されてしまう。(2両電車です、ちなみに。)

運転手、絶対ミラーで見てただろ!子供抱えて走ってくる母親を無視して発車すんな!!

むっかーとしたのでドイツ語のFワードを運転手に向かって叫んだあと、あまりにも悔しいので、
ゆるゆるスタートしている電車の窓をばんばん叩いて息子の帽子を指差し、
びっくりした顔で私たちを見ている乗客たちに向かって
「これ息子の帽子なのーーー!!!!」
と窓越しに大声でアピールする。

髪を振り乱しながら汗だくで、腕には半分夢の中にいる1歳半児を抱えたアジア人が、
静かな週末の商店街で、子供の帽子をめぐって、走り出した路面電車を相手に鬼の形相で叫んでいるわけです。
私に出くわしたお散歩中の老夫婦の驚き顔が、忘れられない。
90円の帽子を必死に探すなんてどんだけ貧しいんだ私、と情けなくなりながらも、
とりあえず今の電車を追い、次の停留所を目指す。

顔は火照るわ服がびっしょりになるくらい汗が流れるわ、直射日光は肌に痛いわ眠りかけた息子は暑くて重いわで
もうくらくらしたが、もう意地のみでひ~は~と目を血走らせつつ、必死に走る。

今の私のアピールに気を利かせた乗客の誰かが、次の停留所に帽子を置いておいてくれるかも知れない!!

そんな確信と共に走っていたものの、次の駅が見える頃にはもちろん路面電車はいなくなっていた。
小さな駅のベンチに視線を走らせてみたものの、息子の帽子らしきものはどこにも見当たらない。


このあたりで初めてちょっと冷静になって立ち止まり、ああ、やっぱそう簡単に思い通りにはいかないよな…と、
汗だくな私の腕の中で眠り込んだ息子を抱えなおした所で


道路を挟んだ向かいの歩道から、息子の帽子を振りつつこちらへ向かって歩いてくる若い女性を発見!!

「あなたラッキーだったわ。今からこの帽子をあなたがいた駅に届けようと思ってたのよ」

この幸運が信じられず本気で呆然としたものの、厚くお礼を申し上げ、
今さっきはじめて一人旅をしたばかりの息子の帽子と共に、家路についた。

ありがたい。なんということなんだ…。普段の私の行いがいいからだわはは

で、ちなみにお姉さん、今さっき私がいた駅は無人駅なんですよ…。誰に預けるつもりだったのかしら。

携帯紛失バッドエンドで、痛いくらい現実が身にしみた私だが、
いい人はまだ滅亡したわけではない、ということらしい。
このご親切、また恩送りせねばなあ。そのために、まずは自分を満たさなくてはな。

miezi
わたしのお陰に決まっているでしょ。と言われている気がする!
どこのどちら猫様とは存じ上げませんが、その神々しいお姿に、そんな思いがいたします。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ    br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村

15.Juli.2013

1ヶ月に1度行われる、片親の集いに行ってきた。
わが町には既に、週1など定期的な片親の集いはあるけれど、
今回のように日曜日に行われるのは、この町でもこの集まりしかない。

実は1年以上前にちょっとこの日曜の集いに顔を出したことがあったのだが、
その時はなんだか既に固定のグループができており、所謂「一見さん」だった私は話しに入り込めず、
つまらんなーと思いながら退散したのだった。
その時いた殆どの人が離婚してシングルになった人ばかりで、
離婚調停の話で盛り上がっていたのも、疎外感を覚えた原因のひとつだと思う。


でも今回はありがたいことに大量の一見さんがおり、私も楽しく話に入ることができた。
その数、そろいもそろって17人。外国人は、トルコ・日本・ケニア・エジプト勢。
双子のシングルマザーや、10歳以下の4人の子供をもつシングルマザー、
半年前に離婚したてのシングルマザー、奥さんを数年前に亡くした、3人の子供のシングルファザー。
娘の3人の子供の面倒を2年以来みている、シングルおばあちゃん(45)という新しいカテゴリーも初めて聞いた。
(28歳の娘さんには子供を育てる能力がないため、母役を引き受けているとのことだが…詳細は謎。)

何気に完全未婚は私だけのようだったが、とはいえもう皆様と話が合う合う。

1、日・祝日は最悪である。
 日曜祝日は家族の日であることは分かるが、外に出ても店は開いてないし、
 幸せそうに歩いている家族連れを見ると、後で悲しくなってしまう時がある。

2、「ねえ、どうしてぼくにはパパ(ママ)がいないの」
 離婚しても親権が両方にある場合は、この質問を受ける心配がないので問題ないが、
 暴力沙汰で、しかも子の物心がつく前に離婚した場合には、どう説明するべきか非常に困る質問である。

3、DV男性の、裁判におけるウソつきっぷりが激しい
 私の場合は刑事裁判(厳密には警察での取調べ)で相手に「私の打撲傷は私が自分でつけたものである」と
 言われてため息しかでなかったけれど、子供が8ヶ月の時に暴力が原因で別居して今離婚調停中の女性は、
 相手に「彼女は妊娠中から『子供なんか欲しくない』と嘆いていた。そんな彼女には親権をやれない」と
 嘘八百を申し立てられ、更に彼の精神鑑定は問題なし、ということで大変な状況にあるそうだ。
 精神鑑定に問題があるのか、彼の"頭の良さ"に問題があるのか…。


おしまいには、シングルマザーのうちの一人がヨガの先生であるということで、皆でヨガ体験をした。
ヨガかピラティスをやってみたいなーと思っていたけれど金銭的な問題で無理だった矢先の、とてもラッキーな機会!
そのヨガの先生も、いきなり頼まれたにもかかわらず初心者向けのフルコースを1時間ほどしてくれて、
お蔭様で直後はお腹が空きすぎて困った。(関係あるのか?)
来月もしてくれる雰囲気なので、迷わず行こうと思う。あのリラックス感はたまらない。無料だし!

ちなみに、集まりはだいたい3時間ほどで、子供たちは併設された託児所で預かって頂ける。
皆でコーヒーやケーキを突きながらひたすらおしゃべりをする感じだ。

何より印象的だったのが、もう太陽のように明るいシングルマザーの方々が揃っていたということだ。
背負っている影がじわりじわりとにじみ出ている方も数名いらしたが、ほぼ皆もう真夏の浜辺の太陽。
笑顔がまぶしくて、子供は笑っていて、私まで幸せになった。

1407
猫と息子

どんなシングルマザーになるか?と考えながらの生活も大事だなあ、なんて考えた。

というわけで、どうせなら、基本的に明るく楽しい親でいたいものです。お互いに頑張りましょう♪
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村   br_decobanner_20111219234918