13.Februar.2015

この日を何年待ったことか。
あまりにも長くかかっているので、ああきっと無理だったんだろうな~と考えていた、赤父の国籍取得手続き。

参照:http://katzeriade.ldblog.jp/archives/67666578.html


先日、入試の数日前に、我が家のポストへひらりと舞い込んだ。
どうしていつもいつもよりによってこういうタイミングになるんだ。 
と正直思うが、まあもうこのタイミングの悪さは私の人生の特徴なようだから、仕方ない。
なんだかんだ言って、ベストなタイミングだったやも知れぬ。


赤父国(A国とする)国旗がついた封筒を見たとたんに、頭真っ白。
どうしようこれ、息子が国籍を得られたという書類なのかしら、それともそれに絡んだ新しい裁判があるから
出廷しろとかだろうか、と色んな思いが頭を駆け巡る。
結局、中に入っていたのは、A国語のみで書かれた書類たち。
A国出身の友人に読んでもらったら、どうやらA国の出生届だそうだ。
ちょっと信じがたかったが、うれしさがじわじわくる。2年、2年待ちましたぞ…。


そこまでは良かったが、この書類が有効であるうちに、すぐにでもA国パスポートを申請した方が
いいとの助言も合わせて受け、あわあわしながらA国領事館に行ったり、
インターネットサイトでA国語の解読を試みたり(結局失敗に終わる)、色々な人の助けを借りることになった。

人のつながりというのは本当にありがたい、とこんなきっかけで思う。

そういえば、A国領事館ではちょっと面白い経験をした。
領事館にて領事の方(A国人)に、パスポート申請の際の必要書類を聞いたのだが、
とにかく「この領事館(支社という意味で)ではまったくわからない」との一点張り。
A国語が分からないのでインターネットサイトを見ても分からず、助けてほしいと言っても無理。
総本山である領事館に問い合わせてください、と言い張るので
冗談交じりで、そこの方々はドイツ語をしゃべる事はできますよね?と聞くと
「ドイツ語能力を持たなきゃならないという義務はないわ。しゃべれない可能性があるわね」
と、非常にご親切に返される。

…私りり、今までドイツのお役所で長年忍耐というものを学ばせて頂いておりまして、
ええ、それが今回役立ちました。
笑顔で、どうもありがとう、よい一日を♪ と言って去ることができた自分をほめてあげたい。
一応、その総本山に連絡をしたところ、非常に丁寧にドイツ語で対応していただけたことを付け加えておく。

今月中にA国パスポート申請をしてこようと思うが、大丈夫なのだろうか?
取り敢えず、八百万の神様に、お願いですから今回ばかりはお助けください、とお願いしようと思う。

ちなみに、胃炎は治りました。1週間苦しみました…。周りの人には、あんたなんだかげっそりしたね、と言われています。あはは。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村



3.Februar.2015

ご無沙汰しております。

あれから、結局1年通っていた大学を辞め、5年前に通っていた大学へ仮学生として受け入れられ、
この大学への入試準備をしていました。


その間に、3人で1週間ほど日本を訪れ、お互いの両親へと挨拶をする。今回は
結婚の挨拶ではなく、取り敢えずその前段階の「お付き合いさせていただいてます」というもの。

私よりも私の両親と仲良くなった上、私が両親に対して持っていた感情を、
新しく洗いなおしてくれたぱぱ氏。
今回、彼を通して自分の両親と新しい出会いをさせてもらった、とでも言えばいいのか。
彼には感謝してもしきれない。
いつも思っていたことだけれど、ぱぱ氏のコミュニケーション能力は半端ない。
相手をしっかりと見て、きちんと話を聞いて、鮮やかな会話のキャッチボールを展開させる。
あの話下手な父からするすると話を引き出すぱぱ氏には、ただただびっくり。 
コツは、偏見なく相手を尊敬すること、だそうだ。行うは難し…!

そんな彼のご両親にも、暖かく迎えていただいた。
息子に、シングルマザーで年上の相手を連れてこられたご両親はどんな気持ちになるのかと
心配したものの、私と息子をやさしく受け入れてくださったことが、とてもありがたかった。
りりさん強いわねえ、とか、孫ができちゃったわ、なんてお母様に言って頂けたのが嬉しい。

001

ちょっと休憩。
二人で宇宙人ごっこをしているようす。

そして近頃、ぱぱ氏と息子の理解と協力を得つつ、
入試まであと約10日というところまでこぎつけるも、
「よし、辛いものでも食べて気合を入れ直そう」と火鍋を平らげたのが祟ったのか、
その数時間後から激しい胃痛に見舞われ、寝る前にはもんどり打ち歯を食いしばる事態に見舞われた私。
翌日には病院で痛み止めの点滴をしてもらった。
どうやら、胃炎だそうだ。超音波で見たところ、穴は空いてないようなので、一安心。
10日分の薬を処方され、病院を後にする。

これでハッピーエンドかと思いきや、話はここでは終わらない。
歩くのもしんどいのはもう仕方がない、私としてはここは取り敢えず処方された薬を飲んで
おとなしく一日横になって早く治すことにしよう、と決める。
その薬は食前に飲むもので、それを飲むことによって今まで減退していた食欲が戻った。
…ことに喜んだのも束の間、次は副作用である激しい頭痛に見舞われる。
頭が割れそうで、気持ち悪い。
そこで、この薬を飲むのをやめ、今は漢方でもってじっくり治していこうと考えている。

胃炎の原因は辛いものだけでなく、ストレスがあるだろうと思う。
この試験に受かればスタートライン、受からなければ…考えるのも恐ろしい。
コンタクトを取っているこの大学の教授は私に関して「大丈夫だよー」と楽観的だが、実際どうなるか。
あと約10日、引き続き努力を続けようと思う。しくしくする胃を抱えつつ。うう。

取り敢えずこのまま突っ走ります! (`・ω・´)9
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村  br_decobanner_20111219234918


24.Oktober.2014

ここ1年、小・中学校の先生になるための大学に行っている。
大学3年目、最終学年へ編入することができたので、もうその大学卒業資格は取って、
今は修士課程に進んでいるのだが、どうも自分には合わない、とうすうす感じ始めていた。
でも、シングルマザーとしてお金を稼ぐために、やらねばならない、とのジレンマとも戦っていた。

そんな矢先に、息子の世話を見てくれるという存在であるぱぱ氏との出会いもあり、
自分が7年間日本で、そして1年間だけドイツの大学での修士課程まで始めていた専門を、
思い切ってもう一度始めてみようかと考えている。

今の大学の教授に、私は先生としてはやっていけない、できたら昔の専門をもう一度勉強したい、と
ぽろりと話したのが2週間前。
あれよあれよと、元大学への入学試験再受験の準備のためにその大学の教授ともコンタクトを取り、
今の大学の授業にほぼ通わない状態での 仮在籍の状態での生活が始まっている。
これも、取り敢えずは今年の末まで。その後どうなるかは、今の大学の教授との交渉次第らしい。

元大学の入学試験は、2015年の1~2月。今の大学を除籍すると、滞在許可がなくなる。
すると、一度日本へ行く必要が出てくる。
それをするのは、息子もいるし、ぱぱ氏もこちらで勉強を続けているし、金銭的な問題もあるので難しい。
という私の状況を慮って、今の大学がうまく取り計らってくれた形だ。


そもそもなぜ昔、元大学を辞めなくてはならなかったかというと、赤父が私に対して暴力を振るったからだ。
その時点で息子はいなかったが、私の身を案じた両親が、すぐにドイツを離れるべきと判断し、
一度日本へ行くことになった。
その3ヶ月後、赤父への依存状態(というのか執着というのか)だった私は、誰にも行き先を告げずに
日本を脱走し、彼の元、ドイツへ戻ってきて、そこで半年後に更に暴力を受け、彼を通報し、
その後妊娠がわかった、とこういう流れだ。
…自分で書いていて、どこへツッコミを入れればいいか分からなくなるほどあほなことをしたと思うが、
事実は変えられない。


また始めようと思っている専門については、子供を産んでからは再出発をあきらめていた。
というのも、かなり勉強をしなければならない学科だったからだ。
卒業しても、職にありつける保証はない。
しかしながら、今のパートナーと会って、彼が自分の専門に没頭している姿を毎日見ていて、
羨ましさと悔しさがふつふつと湧いてきたのだ。
それを彼と話し合った結果、出来る限りはサポートするから挑戦してみればいい、と後押ししてもらい、
この決断と状況に至った。

当時は気が狂ったように勉強していた私だが、今は子供もいるし、昔のように時間は取れない。
それでも、集中して有効な時間の使い方をすれば何とかなる、と信じている。
それだけの価値は、私の専門にはある。
私が没頭できる唯一の勉強は、それだ。この決断は、間違っていない。


というわけで、5年前に比べて入学資格がかなり厳しくなっていると専らの評判の大学に挑戦してみる。
ひとまず、全力投球してきます。
やるぞ!(`・ω・´)

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


2.Oktober.2014

とても有意義に過ごすことのできた夏休みも終わり、もう新学期が始まって1週間が経った。

去年、今の大学の大学3年生に編入して卒業していた私は、今年からいわゆる大学院生となって、
おそらくあと2年学生生活を送ることになるであろうと思う。
今の所は、私の専門を活かした活動はできていないけれど、そのための下準備はこつこつとしている。
うーん、やっぱり自分の専門の大学に入りたいなあ、とも思うのだけれど、
それは今の大学を卒業して、更に仕事をして、それでも情熱が消えていなければにしよう、
と自分を宥めることに成功した。
その頃には、なかなかいい年齢になっているとは思うけれども。。。


息子はぼちぼち2歳10ヶ月で、最近やっとうんちもトイレでできるようになった。
1ヶ月前から自主的に「トイレいくー」と定期的に毎日行き始めていたので、
おしめでなくパンツをはいていたのだが、毎日のように2,3度失敗する。
そこで、叱らずにそのまま「ああ漏らしちゃったねー」と直ぐに着替えさせていたら、
今度はまったく気にせずパンツに、しかもにやにやしながらおしっこするようになり、
このままではいけない、ということで少しちくっと言ってみたり
(「おしっこする子はパンにジャム塗れないね~」とか。)する。
それでも変わらないので、成功体験を積ませてモチベーションを上げる方向でいこう!と、
ぱぱ氏がすてきなトイレトレーニング表を作ってくれた。
 
toilette

ちなみに写真は、ぱぱ氏が書き込む紙。
私が書き込む用の紙も、違うデザインで違う場所に貼ってあり、
息子がおしっこをおまるでした時にはぱぱ氏と私からそれぞれハートをひとつずつ、
うんちをしたらトリちゃんのシールもひとつずつもらえるようにした。

それをはじめた途端に急にモチベーションが高まったようで、物凄い勢いでトイレに行きだす息子。
1週間目はそれでやる気が出ていたが、飽きっぽい子供のモチベーションがそれで続くわけもなく、
紙のデザインを度々変えたり、うんちをしたらもらえるトリちゃんの数を増やしてみたりする。
その間は幼稚園の休暇ということもあり、集中して頑張った息子。
そうして、ほぼ失敗なくおしっこをトイレでできるようになった。


しかし幼稚園に行き始めてから、毎日のようにおしっこに濡れたパンツとズボンと
一緒に家に帰る始末。
家の中が、ズボンとパンツからの手洗いで取りきれないおしっこ臭に満たされてくさくなったことが、
ちょっとしたストレスになった時期もあった。
息子にはまだ早いのかなあ、とか、おしめに戻してあげようか、とぱぱ氏と話し合ったものの、
パンツ続行という決議になる。


だがしかし、先日、ついに!朝はいていったパンツと、迎えに行ったときのパンツが一緒だったのだ!
今日はきちんと毎回トイレで済ますことができたらしい。ああ、よかった。
何が一番よかったって、息子がとっても誇らしげだったことだ。
そんな息子を見ることができて、母ちゃんも父ちゃんも嬉しいわー。

夜はまだおむつをしたまま寝ている息子だが、それでいいと思っている。
朝起きたときにおむつの中身が乾いている状態が続いたら、まあ、
パンツで寝るというのを試してみてもいいかな。

取り敢えず、お互いにある程度楽しんでやることができたので、よかった。
これからも、色々と息子と私たちに合ったやり方をどんどん見つけていけるといいなあ。


…という文章を投稿したと思い込んで、1週間放置していた。
いやあ、これはこれは。

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村 






18.Juli.2014

息子もぼちぼち2歳8ヶ月。

トイレのことに関しては、私は全く急いでいない。
というのも、私自身が早くおしめを外そうとされていて、その反動で6歳くらいの時まで
おしめをつけ続けざるを得なかった、という経験があるからだ。

とはいえ、一応トイレについてこられて「ぼくもちっちするの」と言われたら、おしめを下ろしておまるにさせる、
ということはしている。
幼稚園の同じ年代の子達がトイレに行き始めているという現実もあるので、
幼稚園では気が向いたときには行っているようだけれども。
一度、私の友人の1歳上の息子さんの所で一夜を明かした翌日に、ぼくもぱんつをはく、と
頑固に主張されたので試したことがあったけれど、2時間で3つのぱんつを洗濯機送りにするという結果に終わり、
結局はおしめで過ごすに至った、ということもあった。

二ヶ国語背景での言葉取得に関しても、同じ年代の日本人夫婦の子供たちにくらべて日本語が
あまり上手ではないが、そこも私はあんまり気にしていない。
基本的にドイツ語生活なので、ルー大柴状態になることがほとんどなのは、もう仕方がない。
ちょっと耳につくのは、いわゆる外人発音で日本語をしゃべることだ。
でも、それも私が日本人パートナーを得たことで、少しずつ改善されてきた。
今日は「ごちそうさま!」をきれいな日本語の発音で言えたので、非常に感動した。
女性と男性の声で日本語を聞くことによって、日本語本来の発音を早く習得できているのだな、と感じる。
ありがたいことです。


家族って、家庭って何だろう。というのは長年考えていることだ。
私自身の経験からは、うまく定義できない。
というのは、毎週末に家族で顔を合わせるが憂鬱になるくらい、私の両親の仲が良くなく、更に残念ながら
信用できない人たちだったからだ。

今のパートナーとよく話し合うことや、付き合った直後から同棲状態になったという経験から言えるのは、
家族とはお互いの成長を支援しあう生活共同体だ、ということ。
私ひとりだったら、パンひとつの食事でも構わないが、彼が、もしくは息子がいるから
きちんとご飯を作って、サラダまで作って一緒においしくいただく。
ひとりではどんなに部屋が散らかっていても見ない振りをすることができるけれど、
他の共同体がいるなら、相手が気持ちよく生活できるように、部屋をきれいにする。
相手の発展もしくは成長を応援したいから、相手を尊敬しているから、そうするのだ。

自分は、相手にきちんと伝えたい気持ちをじょうずに表現できない。
ありがとう、では今の気持ちを全て伝えきることができないのだ。
私のパートナーも、刻々と変化していく人間として、ポジティブな意味で、昨日相手に伝えた言葉が今日も
適切に伝わるということはありえず、もし「大好きだ」と言うのなら、
それは現時点でのひとつの愛情表現として理解してほしい、と言っている。

それでも、私が相手のために気を遣って行動することで、きちんとキャッチしてもらえるものもある。
とはいえその行動を、当然のことだと受け取るのは自分勝手。感謝を忘れてはいけない。

泣き喚く息子を寝かしつけてくれ、その体験から何かを学ぼうとする、
更に、トイレのふたをしめる、という些細なミッションを私と息子のために果たそうとしてくれる、
夜に私だけが息子の面倒をみるというのは家族として不公平だと言って、彼もその仕事を担おうとしてくれる、
自分が私と息子の間に新しく現れたことでの、息子への影響の大きさの責任は当然取ると言い、
更に行動でも示してくれる、そんなパートナーの姿勢には、もう感謝の一言。

私とパートナーの関係だけでなく、息子を含めた、更にそこから出てくる新しい関係に、
いつもポジティブに向き合ってくれる彼には、ただただ頭が下がる。

新しい運命共同体として加わった私のパートナーを「ぱぱ」と認識してくれる息子にも感謝だし、
私は本当に幸せ者だ。そんな私の影響を受けて、息子の聞き分けもびっくりするくらいよくなった。
一日一日を、相手への感謝を忘れず、きちんと生きていかなくてはいけない。
そんな私たちを支えてくださる周りの人の存在を、きちんと意識しなくてはならない。

そんな気持ちになることができる、人生で一番満たされたな夏を過ごしているりりでした。
科された義務はきちんと果たし、小さな約束も守りながら、きちんと生きていかなくちゃ。

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


6.Juli.2014

何だかんだと、例の男性との関係が始まって3週間ほど経った。
そして、私たちは家族になったようだ。

というのも、彼が私たちの所へ毎日のように「帰って」来るようになったからだ。
話せば話すほど理解が深まり、更には学び合い、お互いに気を遣い、サポートし合い、
息子もついには彼を「○○お兄ちゃん」から「ぱぱ」へと昇格させたのだ。

慣れない人にはびびって私の後ろに隠れる息子が、彼には、遠目で姿を確認した時点で走っていって
笑顔で抱きつく始末。
先日は二輪のクローバーの花を摘んできて、「これまま」「これぱぱ」とひとつずつ渡してくれた。
これにはふたりして大感動。
ありがとう、と言ったら、息子は私と彼を「ぎゅー」と言って一度に抱きしめてくれた。


ぱぱ氏は私との関係を始めるにあたり、息子あっての私と付き合っているので、
息子の責任を取るのは当然だ、と言ってくれ、息子との二人きりの時間を作りたいとの提案や、
げりぴーおしめの始末までこなしてくれた。
具体的には、定期的に幼稚園へ送り届けるという役を買って出てくれるようになった。
息子が、私がいない間の不安をぱぱ氏に和らげてもらうという経験を積むことによって、
息子とぱぱ氏の関係をももっと深くしていきたい、という理由からだ。
そしていつか、ぱぱがいるから大丈夫、という安心感を与えられるように。

「これを3回繰り返したらおしまい」「これをしたのならお出かけできる」という小さな約束事も
きちんと誠実に守り、息子がわがままを言って泣き喚いても落ち着いてきちんと対応するぱぱ氏には、
ただひたすら尊敬する。
あーたは私よりも親らしいなあ、と言ったら、数週間やそこらじゃ私の苦労なんかわからないよ、これからでしょ、
と笑って答えていた彼には、もう頭が下がる。

面白いのが、彼がうちに帰ってくる度に、今日私が買った食料品とほぼ同じものが彼の鞄から飛び出してくることだ。
いやあ私たちは本当に似てるねえ、とげらげら笑えば、でもこれに甘えていてはいけないね、と私を諌める彼。
いやもう本当におっしゃるとおり…。

彼との付き合いで明確になったのが、私は感情を素直に外に出せていない、ということ。
悲しい、悔しい、苛立たしい、という感情を押し殺して、
そこに「諦め」という笑顔をかぶせてごまかしていると分かったのだ。
赤父との争いでも、もう泣くとか以前に、もうどうでもいいから早く忘れてしまいたい、という気持ちがあった。
でも、怒ってよかったのだ。
悔しがって、悲しんでよかったのだ。
約30年の人生でまた新しい自分を発見できたことも、とてもありがたいこと。
彼との会話は、心理カウンセリングよりもよっぽどいいセラピーだわな。

無意識に私が求めていたことも、彼を通して分かった。
目覚めたときに、息子とぱぱ氏が抱き合って寝ているのを見て、これだ、と思った。
素朴なしあわせ。ただそれだけだったのだ。

今まで、誠実に生きてきた甲斐があったなあ。
これからも、きちんと良心に従って生きていける自分でもって、一日一日をきちんと生きていきたい。

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村         br_decobanner_20111219234918