6.April.2014

ここまで自分がおばかだと思ったことがない。
赤父と、連絡を取ってしまった。

…というのも、息子に赤父の国の国籍を得て欲しい、との思いからだ。
それを得るには、赤父本人にサインを頼むか、現在もゆっくり動いているはずである、
ドイツ内赤父国大使館→赤父国の家庭裁判所で審議→赤父のサインなしでの赤父国国籍取得(成功率低し)、
という二つの手段がある。

二つ目の手段があまりにもゆっくりなので、フランス語ができるドイツ人の弁護士に頼んで、赤父に直接手紙を送って
サインを頼む(ある意味強要かもしれないが)、という手段をとろうとしていたのだが、
その弁護士と、3ヶ月前にあった最初の話し合い以来まったく連絡が取れない。

というわけで、ええいままよ、と赤父の両親宅に電話攻撃をした、とこういうわけだ。
赤父国には、ドイツのように住居申請義務がないとはいえ、そこに赤父がいるのは分かっていたので。
こちらの番号が知られないように、スカイプを使用する。

英語もドイツ語もしゃべれない赤父母としばらく苦戦したあと、電話口に出てきた赤父。

赤父「よ、元気?今(職業的に)なにやってんの?」

…この段階で、がっくり。お前は、私に、私たちに、何をしたのか、本気で、理解したのか?

彼の声を聞いて1秒の間、3年というブランクがなかったかのような、
妙な親和性が私の中に生まれたのにも、ぞっとする。
そこでうっかり、勉強してるよ、と言ってしまった自分。へー、と大して興味もなさげな返事のあと

赤父「で、俺の息子は元気なの?」


言葉が、出ない…。
そもそも息子の年齢分かってるの?と聞いたところ、ワカンネ、とさらっと返ってくる。

赤父「まあ、そんなもんでしょ。シャッツ。(ハニー、的な意味)」

私は彼のなかで、まだパートナーなのか。。。
背筋がぞおっとするのと同時に、自分の眉間に激しく皺が寄るのを自覚する。

とにかく、こちらの要望を伝え、私達の仲はとっくのとうに終わっていること、
万が一息子に会いたいのであれば、児童福祉局を通して申請するべきだということ、
それにしたってドイツへの入国禁止があるから無理でしょうけどね、と締める。

赤父「おれ、3ヶ月以内にまたドイツ行くよ。息子にも会いたいし、仕事もしなくちゃいけないし、
    国籍のことだって直接会って全部済ませたほうが早いでしょ」

入国禁止については、弁護士に金払ったから何とかしてくれるよ、とのこと。
世の中何でも金で何とかなるんだよ、と非常にほがらか。

このあたりで、完全に感情が全く動かず、反応できなくなった私。
とはいえ、とにかく私は彼に会う気は全くない、あなたからお金は全く期待しておらず、欲しいのはサインのみ、
と繰り返し、息子の国籍取得に必要な書類を送るから、取り敢えず住所を教えれ、と追及したところで
一方的に電話を切られ、会話終了。


ドイツにいる、とは言ってしまったが、どこの州に住んでいるかは奴は知らない。
電話番号も、教えていない。息子の年も教えていない。どこで私が勉強しているかも、言っていない。
とはいえ、さすがにちょっと怖い。
私が今住んでいる町は、彼が10年ドイツで過ごした場所だからだ。
慣れ親しんだ場所に、人は戻ってくるだろう。

…というかな、その「入国禁止」はそんなにあっさりと覆されるものなのか?
そんな暴力的な外国人を、簡単に再び受け入れてしまうような国家なのか、ドイツ?
やっと平穏な日常を取り戻して、自分のために動いていた所だったのに、
奴のせいでぶち壊しになる…のか!?

取り敢えず友人に報告したところ、
「りり、その電話はかける必要なかったよね。」
と非常に冷静な指摘を受けた。いやもう本当に彼女の言うとおり…。
とはいえ、未然に防げるかも知れない情報を赤父本人から得たので、その件で
また弁護士に相談してみようと思う。ええい、卒論やら教育実習準備やらでクソ忙しいときに
ばかをやってしまった自分に腹が立つ。

悪いことが起こるのでは…と大泣きしつつ寝入る私。
っていうか、起こってたまるか。というか、起こらない。大丈夫に決まってる。
お天道様は、誰が正しいことをしているのか、きっと見てるさ!!負けないぞ!

というわけで皆様どうぞ、祈っていてください…。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ      br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


4.Februar.2014

日記を放置して暫く経ちましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

私は、相変わらず、いつもお尻に何かの火が点いている状況で過ごしています。

滞在許可:
今日、2月の3日に外人局に行ってきたのですが、もらったのは相変わらず、Fiktionsbescheinigungです。
もう2年以上、Fiktionsbescheinigungと一緒にドイツ滞在しています…。

私は今学生で、日本にいる両親にお金を借りて生きているので、お金の元手は保証できるのですが、
Verpflichtungserklaerung(私は金銭的に保証されています!という証明書)を、仕事で忙しい父に代わって
主婦である母が署名してしまったため、また問題が浮上していました。
「主婦であるあなたのお母さんが資金保証にサインしても意味がない。
稼ぎ主であるあなたのお父さんの口座残高が必要です」
ということで、父が彼の口座残高を日本のドイツ大使館に送り、ドイツ大使館が私の住む町の外人局に
情報を転送するかたちを取っていたのでした。
結局、それが本当に必要だったのかは、闇の中。適当すぎもいいとこです。はあ。

ちなみに、1月31日に外人局から
「ちょっとあなた、前回に約束した日に来なかったでしょ。今すぐに外人局に来てよね。」
という手紙が来たのだけれど、約束した心当たり、まったくなし。
(外人局で、「で、いつの約束のことを言っていたんですか」と問い詰めてみたら、
 「まあそれを今言っても意味がないことでしょ」とはぐらかされた。うーん…)
約束したのなら、100%行ってますよ…。きちんとした滞在許可、欲しいもの。

というわけで今日行ってみた、事前の約束無しでいける窓口では、
正式な長期ビザを発行できないそうな。
長期ビザ発行専門窓口での約束を4月の半ばにしたので、
その時に学生ビザもらえれば…いいな…ははは。

その時にもらえたとしても、もう今ゼメはほぼ最後だけどな!

学生生活:
1月に3週間、小5クラスに教育実習に行ってきた。
思ふ所は色々あるけれど、子供たちと働く事が許される職場というのは、幸せだと思った。
もちろん体力は5倍近く奪われるけれど、あのきらきらした目と、
いつも何か新しいものを発見し、それに感動するという感性と毎日接するのは、
本当に贅沢だし、とても責任感の重い仕事だと思う。

日本語の早口言葉を教えれ、と言われたので、かえるぴょこぴょこを教えてきた。
ドイツの学校で、真剣に机にかじりつき、黒板に書かれた未知の言語(=日本語)を
一生懸命ノートに書き取り、いかに綺麗に平仮名を書き写したか誇らしげに私に見せに来て、
さらに「カエル ピョコピョコ ミッ ピョコピョコ」とかぎこちなく斉唱する
37人のドイツ人の生徒達を見ているのは、なかなか楽しかった。
結構みんな上手に平仮名を書き写していて、びっくり。人生で一番最初に書く言語だろうにね。笑
あとは、簡単な漢字の成り立ちなども教えてみたが、皆真剣に聞いてくれ、
授業に積極的に参加してくれて、とてもうれしく思った。

もちろん、語学不足が原因でもどかしくなった問題が多かったので、悔しい思いはした。
浮き彫りになった問題を解決しつつ、これからもっと勉強しようと思う。


5月末がデッドラインの卒業論文の構想を、本当は昨年末までに教授の所に持っていかなければならなかったのを、
すっかり後回しにしてしまい、今、目の前に積み重なっている書籍たち。頭痛がします。
これを終えねばこの国では生き残れない…と自分を追い込みつつ、がんばろうと思う。

息子:
今2歳3ヶ月、大したルー大柴になりました。

「ままー、赤いヤッケ アオフロイメン?」
(お母さん、赤い上着を片付けようか?)
「ままー、おっきいあかいアオト パーケン」
(お母さん、大きくて赤い車が駐車してるよ)

もう訂正するのも面倒なので、そうね、と毎度答えているけれども、
どうしようかなあ、これ。大丈夫か。大丈夫だろうけど、ちょっとおかしい。

「息子、おなかすいた?」
「ヤー」(うん)
「みかんたべる?」
「ネー」(やだあ)
「じゃありんご?」
「ヤー!」(うん!)

日本語で答えてくれよ、と言いたいが、まあ私に、日本語で会話する相手がいないから、
学ぶのはちょっと難しいのかなあ。


そういえば、息子は今の保育所(年少(0-3)と年長(3-6)2グループ、合計20人弱)に
年少グループの一員として2015年の9月までいる権利があったのですが、
今日、そのまま年長さんグループに持ち上がって、2018年までいることができるという保証を、
くじ引きで得ることができました。

本来なら年少→年長の持ち上がりはないとのことなのですが、今回は特別にあったようで、
2つのプラッツをめぐって、私を含めて5人の年少グループの親が議論した訳なのです。
私はシングルマザーだから優先だろう、なんて考えていたのは、恥ずかしながら間違いだったのです。
皆、平等な権利。絶対にうちの子が!という意気込みも、結構激しく。

うちの子が当選したので、よかった、とはいえ、外れたご両親も、
両親が揃っているからこそ得づらい幼稚園の場所をこれから探さなくてはならないのだよなあ、
なんて思うと、ちょっと罪悪感もありますが。


これからどうなるでしょうか。
またも楽しみです。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


20.Oktober.2013

息子が2歳に近づくにつれ、段々と自我の主張が激しくなってきた。

私  「お水飲む?」
息子 (首を振る)
私  「じゃあママが息子のお水飲んじゃうね」
息子 「うわーん」

私  「りんご食べる?」
息子 (首を振る)
私  「じゃあママが息子のりんご食べちゃうね」
息子 「うわーん」


更に、保育園で昼寝をしたがらなくなってきたようだ。
その場合は、家で19時頃にはぎゃんぎゃん泣きながら寝てくれるので
私にとってはありがたいのだけれども、
他の子がぐっすり昼寝をしている最中にハイテンションの息子に付き合ってくださる保育士さんには
頭が上がらない。

更に、私のトイレに付き合ってくれ、さあいざ拭くぞ、という時に
トイレットペーパーを差し出してくれるようになった。
小さな召使いを雇っているような気持ちになり、なかなか愉快だ。


私の方はというと、大学生活を楽しんでいる。
19人いるクラスの中の最年長が53歳で、色々な人生経験を積んできている人なので、
休憩中に皆で彼をぐるりと囲んで、彼の人生哲学や異国の話を聞くのがまた楽しい。

学科の内容に行き詰ったら行き詰ったで、息子が寝た後に同じクラスの人の助けを借りて
勉強をすることもできるし、クラスメイトに対してちょっとした不満を持てるくらい知り合うこともできている。
大学では勉強をするというのがまず目的だけれども、色々異なった経験を積んできた人たちと
知り合うことができるのが、私にとっては一番の刺激だし、幸せだ。
そして授業内容に納得行かないときは、左から右に流しつつ、なるたけツッコまないよう、淡々と学んでいる。

昔専門にしていた内容を活かして、授業を手伝ってくれないか、という提案が来たのも嬉しいことだ。
語学と理解力ではドイツ人に劣るけれど、これなら同位置に立てる気がして。
専門的に勉強していた時に比べるとうまくはできないので歯がゆいけれども、
息子をベビーカーに積んで夜に勉強しにいく、という努力をするきっかけになった。


今後私はどうなるのかな、という漠然とした不安はあるけれど、
まずは目前の目標に向かって絶え間なく努力し続けることで、見えてくるものがあるはずだ。
我慢して、じっくり、気長に進んで生きたい。


というわけで、クラスメイト(注:たいそうな変人)に淡い恋心を抱きつつ、これからもがんばります。あはは。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村      br_decobanner_20111219234918



21.September.2013

大学に通い始めて2週間。
授業時間は、8時~16時。
色々問題もあるけれど、学びの喜びを味わい、毎日生きている。

頻繁に同じセミナーで会う人の年齢層は様々。
今の所最年長は47歳、その次が41歳。でも、勉強している姿は25歳くらいの子と同じ情熱が篭っているんだなあ。 
その最年長さんは、「3年勉強してから15年くらい先生やるのが楽しみだなー」と言っている。
そうだよな。
ポジティブな未来の見方も、いくつになっても勉強を始められるこの国の環境も素晴らしいし、
そして何より、特定の同級生が2日に1度は死ぬほど笑かしてくれる学科ジョークを飛ばすのがすごい。
ここ約5年、こんなに涙でるほど笑ったことなかったわ!


ちなみに、うちの大学にはたくさんのシングルマザーがいるようだ。
同じセミナーにも、高校生と中学生の子供を持つシングルマザーがいて、
休憩時間には思わず話しに花が咲く。
つらい時は言ってね、お互いに助け合えるからね、と言ってもらえるのが、とっても嬉しい。


この調子で、進んでいこうと思う。




近頃、激しくやだやだが始まった息子。
出掛けに、息子の気に入っている靴を履かせたのに、玄関を閉めたとたんに泣き叫び、
この靴じゃイヤ、と主張されたり、
ベビーカーベビーカーと言っている割に乗らないから、ベビーカーを置いて出かけようとすると泣き叫ぶ。
そこでまたベビーカーを取りに部屋へ戻り、乗ってもらおうとすると、またもギャン泣き。何がしたいんじゃー。

うんざりすることもあり、これも成長に必要なのだから、喜ばしいことなのよねえ、としみじみしたり。



でも、とても感動したこともある。

私が先にご飯を食べ終え、息子が食べ終えるのを待っていると、
息子は私の空っぽのお皿を見て、「ドウゾ、アリガトウ」と言いながら、自分の食べかけご飯を分けてくれるのだ。
一度のみならず、何度も。偶然とか、遊びということではないらしい。

私の息子にしてはよくできた子だなあ、と、ストレスに満ちた毎日の中ということもあり、思わず涙しつつ、
息子のよだれにまみれたご飯を、ありがたくいただいた。
「一緒に食べるとおいしいね」と言っていたことを、何気に理解していたのだろうか。

勉強なんかできなくてもいいから、周りの人の事を考えることができるという所はそのままで、大きくなってね。
ありがとうね。


雨の続く我が町ですが、息子といれば結構楽しめそうです。
あまり頻繁には更新できていないのにクリックをいただいて、ありがとうございます!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村      br_decobanner_20111219234918



5.September.2013

外人局VS職安の勝負は、外人局の勝利(?)に終わった。
私は職業支援金を受けることができず、更に9月から失業金も打ち切りです、と連絡をもらったのが
8月の27日。えっと、9月はあと何日で始まるのでしたか。

職業局いわく
そもそも、あなたは失業金を受け取る資格を満たしていなかったのです。
この2年間あなたが失業金を受け取り、更にドイツに滞在することができていたのは
完全に職業局のミスだということが明らかになりました。





(  Д )    ゚   ゚




ってことは本来、出産を直前に控えた2011年の10月で私は出国しなくてはならなかったということ。
ある意味、不法滞在していたということで、背筋が寒くなった。
2年間、ドイツで働く方々の税金で生かしていただいてしまったのだ…。


何はともあれ、何とか得た入学資格。
約30歳である身として、この機会を逃しては、人生の中でいつまともな職業訓練ができるかわからない。
授業は、あと2週間ほどで始まる。
失業金がないということは、健康保険もきかなくなるということ。
息子の、脳内出血に伴った定期的な診察があるのは9月末。健康保険なしでは実費。いくらかかるのか…

大パニックになり、直接関係のない児童福祉局に泣きつき、移民局にも意見を乞い、
しまいには舌を噛み切る思いで両親に学費・生活費を貸してもらえるよう交渉し、

なんとか、ぼちぼち3年間の学生生活を始めることができるようです。
確信できないのは、本当にぎりぎりまで何が起こるかわからないため。
こんな、いつも綱渡りな生活を送っているので、すっかり疑り深くなりました。ははは…。

----

久々に、児童福祉局の赤父との交渉担当の方から連絡があった。
彼が母国に戻った時点で、その国にはドイツのように現住所を役所に報告する義務がないので
彼の居所を見つけて生活費を請求することはほぼ不可能だと諦めていたけれど、
その母国に、ドイツの国として彼の居場所を何とか見つけてくれ、と頼むことによって、
もしかしたら彼の現在の住居を発見できるかもしれない、とのこと。

まあ見つかっても、借金はあれどこちらにお金を払うことはできないだろう、と思いつつも
ドイツの児童福祉局の「本気」が伝わったことが、嬉しい。
赤父ってば今何やってんのかねえ、なんていう、他人行儀な興味が湧いてきたことも否定できない。
担当してくれている人が、息子連れて一度児童福祉局に顔出してね、どのくらい大きくなったのか見たいから、
なんて言ってくれたことにも、心がほっこりした。ありがたいねえ。


近頃、何でも私のマネをしようとしている息子。
お皿洗いまで始めました。こりゃ有能な家事手伝いだ。ありがとう!
0001


というわけで、異国シングルマザー+学生という、新たな生活が始まりそうな私に、応援よろしくお願いいたします♪

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ    br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村



20.August.2013

2歳未満だからと言って、甘く見てはいけないなーと思った話。


結膜炎を患って、息子は とある日に眼医者を訪れた。
同時期に左瞼に炎症を起こしていた私も、一緒に診てもらうことにした。

私の診察の時に気を逸らすため、普段は私が決して与えない電子音の出るパトカーを眼医者に渡されて、
相当夢中になった息子。
お医者さんの引き出しに仕舞われる時、めちゃくちゃ抵抗するほどだった。

その2週間後、今度は右目の調子が悪くなった私が息子と眼医者を訪れ、診察室で医者を待っている際、
6つもある引き出しの中から、例のパトカーの入った引き出しをぴたりと当てて開け放ち、「ぶーぶ!ぴぽぴぽ!」と
所有権を主張した息子にびっくり。

以前に一度だけ見たパトカーの場所を、まだ覚えてるんかい。
甘く見ていたわ…。


朝目覚めた時に「めがね持ってきて~」と息子にお願いするのが常な私。
一瞬間をおいた後、必ず持ってきてくれる優しさに、存分に甘えさせてもらっている。
低血圧なこともあるのだが、もそもそ起きてめがねを探すのが面倒なのだ。

今日シャワーを浴びた後、定位置にあるめがねがなくなっていた。
シャワーの最中、いつもはシャワーカーテンを引いてにやにやしながら覗いているはず息子が、
今日はどうも大人しくしているなーと思ったら、どうやらめがねを攫って一人で遊んでいたようだ。

そこで「ちょっと息子!」と大声で呼んだところ、すぐに「みえない~!みえない~!」と
叫び、めがねを振り回しつつ私の所へ駆けつけてきた息子。
私が何を言わんとしているかを察しただけでなく、見えない=めがねが必要、と理解しているらしいことに驚愕。
おそろしい子!!


何をしていいか、よくないかをある程度は理解している様子も見せている。
料理をしている時、いつもは「だっちょ、だっちょ」と抱っこをせがむか、私を観察してつまみ食いをするはずなのに
今日はキッチンにいないばかりか妙に大人しくしているな、と思う時は必ず、普段禁止されているか私が嫌がる「何か」をしている。

例えば
携帯・もしくは固定電話をいじっている
床に敷き詰められたパズルマットをばらばらにして、その上で大笑いしながら踊っている
レゴ・積み木を部屋中にぶちまけ、投げて遊んでいる
風呂場に潜入し、トイレットペーパーを引き出しまくって大笑いしている
まだ読んでいない新聞・雑誌をびりびり破いて笑っている

しかも、キッチンと居間の扉をきちんと閉めてからこの所業に至っている所がまた恐ろしい。
鬼の居ぬ間に洗濯ですか。私もやったけどな、子供のころ…。ははは。

かと思えば、20分あまりもひとつのおもちゃで集中して遊んでいたりもして、驚かされる。
思わず息を詰めて存在を消したようにし、かつ部屋を去らないようにじっと観察してしまったよ。
よだれかけはびっしゃびしゃになったけれど、ひとつのことに夢中になれる息子を誇りに思う。

ぎゃー!何しとんじゃー!と叫ばされることが増えてきたにせよ、言葉が通じるようになってきて、
息子が何を考えているのか分かるようになってきたのも楽しい。
昼間にいくらいらいらしても、寝顔を見ればすべて許せてしまうのがまた、いいもんだと思う。
母になれてよかったわ。ありがたいことです。

私自身の問題はまだ解決していないが、こうやって普通の日常を送ることができるということに、感謝したい。
息子も私も元気、住居はある、3食食べられる。これで幸せだな、と思うのだ。

全ての困難は、私に乗り越えられるからくるもの。
それを忘れないで、どんな苦しいことであっても、どんなありえない人に会っても、感謝して生きていたい。
ちょっとひしゃげたけれど、負けん!全部最終的にはうまくいく!乗り越えられない困難は私の所には来ない!!


皆さん、がんばりましょう!

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村