März 2012

30. März.2012

デジタルカメラとPCが要るが、それがあれば実に簡単。

・まず、白いシーツの上に赤子を乗せて、連写機能などを駆使して、正面の顔の写真を撮る。
(白いシーツの上でなくても、Photoshopを持っている人はペンツールで人物の輪郭をとって
 選択範囲→白色で塗りつぶしをすればいける。)

ここで、Photography Studioをダウンロード。無料。

・ダウンロードしたPhotography Studioを開き、撮った写真を選択し、
作成したい証明写真のサイズを45mm×35mmに、実際にプリントする用紙のサイズを100mm×150mmにすると
証明写真は合計で6枚できる。

・完成した写真を「出力」で保存、その画像をメディアに保存(私はCD-RWにした)。

・dmへ行き、写真サイズ10cm×15cmと指定してプリントアウト、できあがり。

ドイツでスピード証明写真(箱の中に入って撮るタイプ)は7ユーロくらいかかって4枚、
写真屋さんで撮ると12ユーロかかって4枚。
しかも、気に入った写真が撮れるとは限らない。

その点、このやり方だと気に入るまで写真を撮り直しできて、
しかも27セントで6枚プリントできるので、便利だと思う。
日本でも、セブンイレブンで30円でできるらしい。いい時代だ。

Photography Studioというソフト、写真屋さん泣かせだなあ。


そもそもデズカメ(東北風に)ができて商売あがったりだ、と元写真屋だった祖父がこぼしていたのを思い出しました。
とはいえ便利になったもんだ、ということでぽちっとお願いします。

br_decobanner_20111219234918  にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村

24. März.2012

聞いてほしい。いや、聞いてくださいお願いします。


先日、認知裁判があった。
そこには私ではなく、少年局Jugendamtから私の代理人が行ってくれたのだ。
ちなみに赤父はこの日のために、護送車で刑務所から裁判所へ運ばれてきたらしい。
裁判は手錠つきで行われたそうな。

そこでの赤父の主張を超訳

「まあ何だかんだと俺は息子の父であると思うけど、DNA鑑定は必要である。
 でも、それが終わったらはやく息子を抱っこしたいな☆あ、息子の写真も欲しい!
 っていうか りりと息子元気なの?」


父親のような気がしていて、さらに息子に会いたいのであればなぜ鑑定が必要なのか。
男心はわからん。

私の代理人は、息子に会いたいのであれば、私・息子・赤父だけでない、
第三者を交えた環境をセッティングすると言ったそう。
なぜなら、私が赤父に対しての恐れを拭い去れないからだ。
そこへ赤父のひとこと

「事件はもう終わったこと。心配ない(`・ω・´)キリッ」


それはお前(加害者)の言っていいセリフじゃねえ。


自己中心的な態度は事件後も変わらないのだと脱力したが、
息子の写真は一枚だけ、代理人を通して送った。


そして本日、代理人を通して彼からの手紙のコピー(手紙は私の代理人宛て)を受け取る。
再び超訳:

「写真ありがとう!っていうかこの写真先に見てたら、認知裁判なんて必要なかったのに☆
 
(息子が赤父に似ているということ。)早く俺の息子を抱っこしたいなー!」



             (^ω^♯)



ああ、彼を通報する勇気を出した自分を誇りに思うよ!えらい、りり!お前は正しいことをした!

代理人は赤父に、鑑定をしなくていいのであれば早く裁判所にその旨を伝えるよう返信したそう。


実は、鑑定がなくなるのは、非常~に私に都合が悪い。
なぜなら、鑑定によって稼げるはずの、求職にあてる時間がなくなってしまうからだ。
認知直後の時点で私は仕事をしている状態でなくてはならない。
今の失職状態でいきなり認知されると、私たちはドイツ追放となる。
そして私は未だに求職中。保育所も見つかっていない。

非常にまずい。かなりまずい。

ひとまず頑張って応募をしまくろう。しまじろう。…サムい。
なんとかならあな!絶対大丈夫だ!!行っくぜー!!(`・ω・´)9

負けるなー!のぽちをお願いいたしまっす!
br_decobanner_20111219234918      にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村


21. März.2012

お互いの赤ん坊を抱っこ紐に入れて、標高約800mの山登りをしてきた私とS。
片道1時間弱くらいだそうなので まあ楽だろうと思っていたら、なんだか傾斜が激しい。
前に赤ん坊(約8kg)、後ろにリュックを背負って、20℃以上の気温の中、ヒイハアして登るハメになる。

途中で「お腹が空いた!」と泣かれては止まって切り株に腰をかけ授乳し、
ぶりぶり!とお知らせを受けては止まって枯葉の上にシートを広げおむつ替えをし。
その際、5ヶ月になったSの娘が、枯葉をがっつりつかんで口に突っ込んでしまうというハプニングもあり、
離乳食を始めなくちゃ、とSが嘆いていた。

赤ん坊は熱くて重いし、太陽は照り付けるし、けもの道は急で狭くてキツい。
それでも、この一歩が頂上へつながるのだ!とお互いに励ましあって頑張って登りきった。

頂上から見た景色はもう、美しいの一言。
果てしなく広がる青い空、さえずる小鳥たち、吹き抜ける涼風、緑の野山、オレンジ色の屋根。
5,6機のグライダーが、頂上の人たちを喜ばせるように山肌スレスレを飛んでみせてくれていた。

赤ん坊連れで山登るのは私たちくらいだよね、と達成感に満足しつつ2人で話していたら
なんと生後1週間半の赤ん坊も頂上に!!
何がすごいって、産後2週間弱で赤ん坊連れて山の頂上にいるお母さんがすごい。
この山は頂上近くまで車で来られるので、そういうことが可能なんだろうね。
いやしかし繰り返すが、けもの道を登ってきた赤ん坊連れは私たちだけに違いない。
…少なくともこの日は。(だんだん弱気になってくる)

帰りの電車で、私たちふたりに席を譲ってくれた老婦人が

Ladies firstじゃなくてBabies firstよ!

と言っていたのにシビれた。
私もおばあちゃんになったら、赤ちゃん連れにこう言って席を譲るよ!

*

母乳って便利だよねーと二人で話しつつ、電車の中でも授乳。
山道で授乳するなんてレアじゃない?ということで、通行人を呼び止めて授乳風景を撮ってもらったりもした。
出産直後は、野外で授乳するなんて有り得ない!と思っていたのだが、今やプールサイドでも授乳しちゃう。
慣れってすごい。

*

教育と甘えについてのお話会へ行ってきた。
聴講者の一人が、子供を泣き叫ばせることなく寝つかせることは可能か、と質問をしていた。
講師が「ええもちろん可能よ!子供によってはね!」と答えていたことに笑った。
無理な子と大丈夫な子がいるということだ。みんな性格違うもんね、よく考えてみれば普通のことかな。



最近ママにくっついていないとすぐに泣き叫び始める息子に、苦笑の1クリックをお願いします(´・ω・`)
br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村





16. März.2012

友人Sネタをもう少し。

彼女は、寝かせるタイプのベビーカーを持っていない。バギーのみだ。ちなみに車も持っていない。
よって娘さんが産まれて以来 移動の方法は、抱っこ紐のみだ。
プールに行くにも、仕事するにも、買い物するにも、山に登るにも抱っこ紐。
彼女はもともと非常にスポーティーな人だ、ということを差し引いたとしても、なんというパワフルさ。
とはいえさすがに最近、背中が痛くなってきたらしい。

私なんて息子を産んでから、体(お腹)が軽くなったヒャッハーと大喜びし
楽だからという理由でベビーカー移動をしようとした、不純な動機を持つ奴だ。
しかしながら息子がそれを嫌がったから、しぶしぶ抱っこ紐で移動していた。
そして今度は抱っこ紐で外出すると泣き叫ぶようになり、今現在までベビーカー移動がメインだ。
その合間合間で、家でのお昼寝は抱っこ紐の中でさせていた。よく寝てくれるので。

でだ。
そんな折にSに出会い、我ながらスカッとするほど影響されやすい私は、
抱っこ紐移動を少しずつ取り入れるようにしてみた。
決意したその日に抱っこで赤ちゃんの集いへ行き、皆に「いいね!」を連呼され、おだてられ木に登り、
「そうなのよ、抱っこ紐だと便利だし安心して眠ってくれるしオススメよ!」などと 得意そうに のたまってきた。
まさに人のふんどし…もとい抱っこ紐で相撲をとった私。えへ。
ツラの皮厚いなあ。まあいいか。小市民なので、たまに注目されると嬉しいんですヽ(・ω・)ノ

でも本当に抱っこ紐+赤ん坊パワーはすごい。
すれ違う人、電車待ちの人、お店の人、多くの人が息子を見てとろけるような表情になるのだ。
それを見ると、こっちも幸せをわけてもらったようで、非常に嬉しい。
息子も息子でその表情に応えるように、抱っこ紐から身を乗り出して笑顔を炸裂させている。さすがだ。


今週は20℃近くになるらしいが、さてはてその暑さでも私は抱っこ紐移動をするのだろうか…。


*

子供の歌会、2回目にしてやっと楽しんでやることができた。
するとその雰囲気は人にも伝わるようで、みんな喜んで歌ってくれていた。
子供たちも私にじゃれてくれたし、楽しく踊ってくれたので何より。
新しくやろうと決めた曲はばっちりコピーして配ったので、これがみんな歌いやすかった理由の一つかな。
終わった後、たくさんの人に「今日よかったよ!」と言ってもらえて、自信もりもりになった。
これからも皆で楽しめる歌会を目指して頑張ろうっと。


ちなみに私の抱っこ紐(厳密には布)は、eBayで落としたSleepy Wrapです。歌会がんばれ、のポチをお願いします(`・ω・´)
br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村


13. März.2012

最近会った、4ヶ月の女の子の母S。
私がよく行く親子の朝食会会場のすぐ近くに住んでいるため、二次会的に彼女の家へ流れることがよくある。
彼女のパートナーの出身国が息子の父のそれと同じなため、更に意気投合。

彼女はすごいパワフルだ。
シングルマザーとして何が一番つらいのかを知りたがっていたので、週末と祝日に引きこもりになること、
絶対に健康でいないといけないこと、子供に関する大事な決断も全部一人でしなきゃならないこと、
と答えたら、しばらく考え込んでいた。
(もちろん厳密には一人きりではないけれども、そういう責任感がのしかかる、ということ)

翌日。

「りり、週末はいつでもうちに来ていいから。来る前に電話してくれれば更にオッケー。
 来週の土曜日は隣町にピクニックに行くけど一緒にどう?
 うちはたいてい日曜日にプールに行ってるから、よかったら息子ちゃんも連れて一緒に行こう。
 え、泳げない?それなら私たちが二人に教えるから大丈夫。水着がない?私持ってるから貸すよ!」

となった。
まさかこんなにストレートに助けてくれるとは思わなかったし、プライベートで出かけるほど親しくなっていないから
若干戸惑ったが、もう素直に喜んでこの波に乗っちゃうことにした。

彼女は過去に、身内が不幸な亡くなり方をしたそうだ。
今はやっと乗り越えられて、幸せだと言えるわ!と笑顔になった彼女はとてもきれいだった。


そこで思ったのが、数ヶ月前の相談所でのこと。
私はその時、ドイツの人にこれだけよくしていただいたんだから、お返しをせねばならない、
でもどうすればいいのだろう、とあせっていた。
それを相談員にこぼしたら
「そんなの今じゃなくていいのよ。あなたが満たされたとき、どんな形でもいいから少しずつ返していけばいいの」
と言ってくれたのだ。
Sも、つらかった時期を乗り越えて今は満たされ、私にパワーをわけてくれているのだ、と考えた。

今私は、ボランティアの歌の会を手伝っているが、そのことがお返しになっているかな。
そこへ更に、満たされたSからパワーのおすそわけをもらったりして、私もいつか満タンになるんだろう。
そうしたらもっといろんな人に、パワフルな返し方ができるようになるかもしれない。笑
こぼれそうなくらい満たされたらそこで留めておかないで、あつあつのうちに次にまわしたいと思う。
これを、恩送り(Wikiへ) と言うそうな。すてきな言葉だ。もっと広まるといいのにね。

もちろん息子にも恩送りしますとも!ぽちっとお願いします。


8. März.2012

神経質=もろい=繊細=薄い皮膚duenne Haut
というわけで、私はドイツ語で言う「薄い皮膚」らしい。

たまに、ものすごーくヘコむのだ。
例えば、WGの元同居人Jo氏と元同居人Aが言い争って距離を置いている、と聞いただけで
そのテーマで2時間くらいもんもんと考え込み、しまいにはがっかりして泣くぐらいヘコむのだ。

文字にすると正直 ( ´,_ゝ`)プッ って感じなのだが、本当に笑えるのは、
そうやって泣いた直後ネット徘徊をし「何ッ黒木メイサが結婚だと!?」と、あっさり気分が変わるところだ。
落ちるのが早いが、這い上がるのも早いのは私の長所だ。


先日、子どもの歌会でピアノを弾いてきた。
みんなに背を向けて一生懸命弾いちゃったもんだから、
一部の人しか知らない曲を選んじゃったことに気付かずに、ひとりで暴走。
まさに 私の童謡ソロコンサートへようこそ!ヤフー!! 状態で、ハイテンションが空回り。
緊張のあまり、ヘンな汗だってかいちゃうし、間違って弾いたりもしちゃう。

終わった後、お母様方の冷ややかな視線が静かに刺さった。
一番堪えたのが、2,3歳の子が椅子に座って、無表情でこっちをじっと見ていたことだ…。
そんな中、ひとり、きっと韓国の人だと思うけれども、
「あなたはとってもよくやったよ!」となぐさめてくれる。優しさにきゅんとした。
ありがとう。あなたのだんな様と子供がうらやましいよ!

ま、次回は今日以上に酷くはならないだろう。
知らない曲ならコピーした楽譜を配るなどの対処をすれば、皆で楽しくやれるよね。
頑張ろう!(`・ω・´)

*

息子は、寝入ることがまだうまくできない。
乳で寝かせる→半時間後泣き出す を3-5セット続けて、やっと深い眠りにつけるのだ。
よおく眠ったように見える半時間の間に台所へ行き野菜を切り、泣き出したら部屋へ戻り、
再び台所へ行き料理、皿に盛った直後に泣かれて ご飯冷めるな…と思いつつ息子を宥めに戻る。

お腹が減っていらいらしているのにも関わらず、何度も呼び戻されることにストレスを感じたこともあった。
しかし、赤ちゃんはじょうずに寝入るために慣れ・練習が必要なのだということ、
更に、寝入るという行為は子供にとって恐怖なのだ、ということを小耳に挟んでからは
ちょっと息子に寛容になれた。ちっこいクセして、色々と大変だったのね。
だから、寝かしつけようと思うんじゃなく、入眠のお手伝いをしよう!と思うようにしたのだ。
快適な夢の旅をお過ごしください、という気持ちで手伝うのだ。
私をスッチーと呼んでくれたまえ息子よ。うふっ。

というわけで夕飯は、冷めた場合チンしても再び美味しくなるもの、もしくはサラダにすることにした。
食事の途中で泣かれても、躊躇せずに息子の元へ向かえるようにだ。
呼ばれる度にいちいちベッドへ行くのも面倒なので、最初からベッドに座ってご飯を食べたりもする。
18時に準備を始めた夕飯を20時に食べ終えるのがほぼだが、私の中ではアリなので、いいのだ。
じょうずになるまで、楽しく入眠サポートさせていただきます。

こうやっていろいろと妥協点を見つけて、息子とうまく付き合っていければいいなーと思うのだった。
教訓: イラッとしたら、まず自分から何かを変えてみれば、うまくいく。

ナルホド、と思ったら へえ~ とポチッとお願いします。1へえで満足です。
br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村


4. März.2012

唐突だが、息子におっぱいをやる時に、目を合わせないようにしている。

なぜかというと、
目が合うと私がにやける
→息子もにやける
→乳首が息子の口から外れる
→母乳がぴゅーと四方に噴射され、周囲が乳びたしになる大惨事
となるからだ。

しかも、一度にやけ始めるとすぐには止まらない私達なので、さらに注意が必要だ。
付き合いたての恋人同士か、とつっこみたい。

そんな感じで幸せな日々を送っているが、最近、疲れているようだと気付いた。
なぜかというと、

おむつかばんにわさびが入っていたからだ。

外出先でおむつを引っ張り出したとたん、間に挟まっていたわさびチューブが
すっぽーんと飛んだのだ。きれいな弧を描いて飛んだのだ。
それがデカいショウリョウバッタのように見えたので、虫は嫌いじゃないけれども、たいそうびびった。
いつから入ってたんだろう。

*

とあるお母さんのお宅に遊びに行った。
4ヶ月の女の子2名とうちの息子を、おもちゃがぶらさがっているアーチの下に転がしておいた私たち3人。
既に寝返りができる女の子の間に挟まれた息子、おもちゃに目もくれず、泣き出す。
取り敢えず抱っこして落ちつかせ、また転がすと、今度は女の子から顔面パンチを食らって泣き出す。
また抱っこし、今度はアーチじゃない所に転がしておいたら、私の顔をみてにっこにっこしている息子。
さらに、ぐふー と満腹の時につくような、満足そうなため息までつく始末。

おもちゃよりも私の顔のほうが面白いらしい。光栄です。
息子と目が合うと反射的に変顔してしまう癖をやめようかな…、と思った日だった。

それにしても、赤ちゃん3人揃うとかわいい。
私たちは3人とも出身国が違うため、ぷち赤ん坊展覧会状態。眼福だった。

高い声でさえずる二人の女の子に対し、息子はかなり低い声で喋っていた。
そういえば、赤ちゃんの泣き声・声色は各国で異なる、という学説もあるそうだ。
やっぱり息子はもう日本語を喋っているんだね。


いい話がまだある。息子が、とある年配の女性に笑いかけた時のことだ。


「よく笑う子ね。この世界に産まれてきてとっても嬉しいんだね


の言葉が、ほんのりと心に沁みた。
赤ちゃんはきっとみんな嬉しいんだろうね。産んでよかったな。

左右のほっぺたに、音を立てて往復ぶっちゅぶっちゅすると大爆笑する息子に1ポチを!
br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村




1. März.2012

garten
去年の冬のようす

先日、とても天気のよい日があった。
気温は10℃くらいだが、太陽がぎらぎらと照っていたため、体感気温は15℃はあった。

そうなると、町にはサングラスの人が多くなる。
日向と日陰の人口密度があからさまに違う。日向:日陰=7:3。
Tシャツの人だって出てきちゃう。
そして、アイス屋に行列もできちゃう。
うわーみんな単純だなあ と思いつつ、気付いたらアイス屋の行列に加わっていた私。

ちなみに、ミントとチョコの入ったアイスクリームくれ、と言ってもそんなものはないと言われるが
After Eightくれ、と頼むと初めてチョコミントアイスが出てくる。
イギリスではよく、デザートとして食後にミントが食べられており、そのことから
とある食品会社がミント入りのチョコレートをAfter Eightとして売り出したそうだ。
だからきっとチョコとミントの組み合わせは全部まとめてAfter Eightなんだろう。
何だかもっと”オトナ”な由来かと思ったんだがなあ。

*

「私ねー2歳になるまで完全母乳で育てられたのよ。よく生き延びたよね」
と笑うお母さんと知り合いになった。すごい人もいたもんだ。
彼女の4ヶ月になる娘には、そろそろ離乳食を考えているんだとか。

*

14週目の息子、63cmと7kgになっていた。
なんだか重いと思ったら、そして何だか長いと思ったら、そんなに育っていたのか。

上には上がいるもので、とある赤ちゃんはもう寝かせるタイプのベビーカーに入らなくなったそうだ。
ドイツのベビーカーに、だ。ちなみにその赤ちゃんも14週。
洋服も74cmを着ており、チャイルドシートからも足がはみ出していた。頭もデカい。
お母さんからは「うちの巨人ゴリアテ」と呼ばれている。合ってる。笑 石投げようかな(だめです)。
彼のおじいちゃんが身長2m近いらしいので、その遺伝なんだと思う、とのこと。
彼女、そろそろ腰を痛めそうだ。

*

息子が産まれて以来、歩いていると道をよく訊ねられる。
ベビーカーを押す人っていうのは、話しかけやすい いい雰囲気に見えるのかしら。

それはどうでもいいとして、なぜ敢えてアジア人に道を聞くんだろう?
(言うなれば、東京の下町で道に迷ったから外人に尋ねてみた、といった風)
男性は道を聞かないと言うけれど、その男性、特にビジネスマン風の人によく道を訊ねられるのが面白い。
ドイツの男性はまた特殊なのかな。

しかし今日、駐車券をどこで買えばいいのか訊ねてきた男性は、クロアチア人だった。
アジア人が珍しいらしく、いろいろと質問をしてきた彼は
ジェラルド・バトラー似だったもんで、内心よだれを垂らしていたのだが

「君の息子かわいいね!うちにも子供が二人いてね~」

とやられた途端、私のテンションのブレーカーが落ちた。

いやしかしあの年頃の男性(40代前後)はセクシーで素晴らしい。※ただしイケメンに限る
熟女に対抗して、熟男(じゅくだん)と呼びたい。私は熟男専門なんです、とか言っちゃうか。


そんなこんなでやっと裁判の日程も知らされ、私と息子は今日も元気です。

ジョージ・クルーニーよりもアントニオ・バンデラスが好きです。同意をしていただける方はぜひぽちっとお願いします(`・ω・´)
br_decobanner_20111219234918  にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ