September 2012

29.September.2012

すっかり秋らしくなってきたわが町。朝は5-10℃、昼間は20℃くらいと非常に過ごしやすい。
ここでは、日本で野良猫に会う確率でリスを見かける。
道路をたたたたーっと横断したり、するすると木から下りてきたり、水場で水を飲んだり、
つがいで追いかけっこをしたり楽しそうだ。
ドイツに来た頃は、「あっリス歩いてる!どうしようこっち来た!ぎゃー」なんて興奮したものだが、
今や慣れきってしまった。
…というわけでもなく未だにわくわくしている。げっ歯類かわいいよげっ歯類。

risu


そして、日本でリスに会う低い確率で、野外を歩く猫に会う。野良ではなく、野外を歩くイエネコだ。
猫に会うことが非常に珍しいので感動して、毎度写真を撮ろうとしてしまう。
よって、せっかく観光地に行ったのに、カメラには猫写真ばかり、ということもままある。
息子の写真<猫の写真ということもままある。ははは。
nekoneko



私の住む16世帯の集合住宅に住んでいるのは、たいていが一人暮らしのお年寄りだ。
そして、住宅内で唯一の赤ちゃんである息子は、みなさまのアイドルのようだ。
(そのうち「ふつうのおとこのこに戻りたい!」と言い出すのではないかとひやひやしているw)
皆様は何かにつけて気にかけてくださり、おもちゃを贈ってくださったり、
泣き声もポジティブに捉えていただいている。

そのうちの一人、私がこっそり「白のおばあちゃん」と呼んでいる彼女は、
165cmくらいで、ひょろっとしており、白髪を肩まで伸ばしている。
私を見かけると目をきらきらと輝かせ、ちょっと遠慮がちに、しかしながら計画的にささっと近寄ってきて、
「あの、赤ちゃんを見せてもらってもいいかしら」と、内心どきどきしているんだろうな、という
口調で話しかけてくる。
ちなみに彼女は日本語が好きらしく、別れ際には「ザヨナラ」としばしば言ってくれる。
(ドイツ語ではSをサでなくザと発音するからこうなる。)
その時にも、目をきらきらさせて、マンガなら「ドキドキ」とコマ内に書き入れたくなるような、
好奇心旺盛なかわいいおばあちゃんだ。

その彼女が今日
「私すごく感心してるんだけど、あなた息子を産んでから夜にでかけたりしないわね。素晴らしいわ!!」
と非常に感銘を受けたような風に言ってくれた。

そこで私はちょっと薄ら寒くなった。ヒント:彼女の住居は私の2階上

なんで知ってんだ?どうやって知ったんだ?
ご近所さんネットワークか。

…こわいこともあるけれど、私この町が好きです(@魔女の宅急便)。

世界のどこに行っても、このご近所の噂話というのは怖いですね。笑 同意のぽちをお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村    br_decobanner_20111219234918


18.September.2012

ドイツで人通りの多いところには、ぽつんぽつんと物乞いがいる。
(「乞食」よりも若干ましな気がするので「物乞い」とします)
その中にはドイツ人もいるかも知れないが、大抵は肌が浅黒い、アラブ系の人たちだ。

日本にいるホームレスの人とは違って、わりと積極的に「小銭をください!」とアタックしてくるのが特徴だ。
とはいえ、道路のわきで静かに帽子やコップの前に座っている人もいる。

が、電車の中で突如歌いだして、その後にコップを持って乗客の間を回ったり、
車椅子で、または松葉杖をつき、コップを掲げながら人ごみの中をさまよっていたり、
どこかから摘んできた花を持ってレストランのテラス席を回り、お客さんからその代金をもらったり、
もしくはただコップを掲げながら食事する人のテーブルを歩き、小銭をもらったり。

犬のエサ代をください、というプラカードを立てて犬と一緒に座っている人もいる。
じゃあ飼うな、という人もいそうだが、彼らにとって犬は心のなぐさめということだと思う。
ちなみに、貧しい人向けの獣医さんというのがドイツに存在するらしい。
無料での治療、予防接種、カードチップの埋め込みなどをしてくれるようだ。

この町の人達だけなのかもしれないが、高い確率で、物乞いにお金をあげている。


私が心を乱されるのは、めったにいないけれど、子供を使っている、お母さんの物乞いを見る時だ。
10歳くらいの子にコップを持たせて回らせたり、道端に1,2歳くらいの子と座って物乞いをしたり。
子供を使うなよ!という怒りの気持ちと、プライドを捨ててまでお金を集めないと生きていけないんだろうか、と
悲しい気持ちになる。

ドイツ人の友達に、なぜ彼らはSozialamt社会福祉局に行かないんだろう、
何かしらの援助は受けられるんじゃ、と話した。
彼女曰く、彼らに必ずしも社会保障の権利があるわけではないとのこと。
ドイツは他の国と陸続きで、日本とは違って簡単に出入りできる。
もしドイツで物乞いの人全員に社会保障が与えられることになったら、世界中から貧しい人が殺到してしまう、と。

私は、外国人として勝手にドイツに来たのにも関わらず、社会保障(失業金)を受けて暮らしている。
このことは当たり前ではないのだ、と申し訳ない気持ちになるし、
こうやって生かしていただいているのだから、必ず恩返し…もとい恩送りをしなければ、という
しっかりした気持ちにもなる。

*

寄付、という手段がある。
物乞いの人に直接お金を渡すのではなく、支援団体にお金を送り、
その支援団体を通して彼らの衣食住を援助する。
私も妊娠初期に全くお金がなかった時、寄付によって助けられたひとりだ。

でも本当に、すべての支援団体が彼らのために全寄付を使っているんだろうか、とも思う。
そして、すぐにお金が必要な場合には、支援団体を通す寄付はちょっと不便なのだ。
手続きをして、許可を受けて、やっと得られる寄付がほとんどだから。

それなら直接物乞いの人にお金を渡した方が助けになるのかな、でも私は失業金をもらっていて、
それを寄付するもどうなんだろうと自分に言い訳もしながら、私は今日も彼らにお金を渡せないでいる。


町を歩けば絶対に目にする物乞いのことを息子に質問されたら、どう説明すればいいんだろうなあ。
見たくないけれど、目を逸らしてはいけない問題のことを。

他の国、ドイツの他の町はどうなんでしょう。ご意見などをお待ちしています。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村     br_decobanner_20111219234918


11.September.2012

息子の慣らし保育が始まった。
最初の1週間はだいたい1時間半~2時間で、私も同じ部屋にいる。
はじめはずっと息子の隣で過ごし、そのうち距離をとって部屋の隅へ、
でも息子が私を視線で探し始めたらすぐに見つかる位置に。

2週間目はとうとう、私抜きで1時間半。
息子を預けて保育所の外に出たとたん、妙な解放感と、タバコを吸いたい衝動に襲われた。
街を一人で歩いてもヘンな感じだ。
息子を人に預けたことは彼の入院の時以来で、しかもその時よりも「プロに預けているから大丈夫」
という安堵感がある。

私はといえば、急に与えられた自由に、何をしていいやらわからなくて戸惑う。
息子を保育所に預けたらあれしてこれして、と妄想して楽しい気分になってはいたが、
実際にそうなると、なんだかぼおっとしてしまうのだ。
まるで定年退職した仕事人間のようだね。

というわけで、コーヒーを入れてチョコを食べながらネットをしてみる。…結局いつもと同じじゃんか!
息子が保育所に完全に慣れ次第、私も色々と動き出すつもりだ。
それまではこの時間を楽しもうと思う。


週末にドイツとスイスの境目の町に行ってきた。
ママ友Sの姉夫婦が、ドイツから10m離れたスイスに住んでいるのだ。
よって、買い物はドイツ側でし、寝るのはスイス、という面白いことになった。
なのでスイスフランに替えていく必要もなく、かつスイス風なものも楽しめて、一石二鳥だった。…と思う。

osiri

この、扉の上のおしりにキスをすると床上手になるんだそうだ。
というわけで はりきって唇を突き出してぴょんこぴょんこ跳ね飛んでみる(注:日本人女性(約30歳))も、
残念ながら私の身長では届かない。

よって、息子にリベンジしていただいた。生後10ヶ月にして床上手。

まああれだな、約20年後に私に感謝してくれたまえ息子よ ふははははは。

色々と悩みながらもがんばっております。応援のクリックが励みになります!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村      br_decobanner_20111219234918