Oktober 2014

24.Oktober.2014

ここ1年、小・中学校の先生になるための大学に行っている。
大学3年目、最終学年へ編入することができたので、もうその大学卒業資格は取って、
今は修士課程に進んでいるのだが、どうも自分には合わない、とうすうす感じ始めていた。
でも、シングルマザーとしてお金を稼ぐために、やらねばならない、とのジレンマとも戦っていた。

そんな矢先に、息子の世話を見てくれるという存在であるぱぱ氏との出会いもあり、
自分が7年間日本で、そして1年間だけドイツの大学での修士課程まで始めていた専門を、
思い切ってもう一度始めてみようかと考えている。

今の大学の教授に、私は先生としてはやっていけない、できたら昔の専門をもう一度勉強したい、と
ぽろりと話したのが2週間前。
あれよあれよと、元大学への入学試験再受験の準備のためにその大学の教授ともコンタクトを取り、
今の大学の授業にほぼ通わない状態での 仮在籍の状態での生活が始まっている。
これも、取り敢えずは今年の末まで。その後どうなるかは、今の大学の教授との交渉次第らしい。

元大学の入学試験は、2015年の1~2月。今の大学を除籍すると、滞在許可がなくなる。
すると、一度日本へ行く必要が出てくる。
それをするのは、息子もいるし、ぱぱ氏もこちらで勉強を続けているし、金銭的な問題もあるので難しい。
という私の状況を慮って、今の大学がうまく取り計らってくれた形だ。


そもそもなぜ昔、元大学を辞めなくてはならなかったかというと、赤父が私に対して暴力を振るったからだ。
その時点で息子はいなかったが、私の身を案じた両親が、すぐにドイツを離れるべきと判断し、
一度日本へ行くことになった。
その3ヶ月後、赤父への依存状態(というのか執着というのか)だった私は、誰にも行き先を告げずに
日本を脱走し、彼の元、ドイツへ戻ってきて、そこで半年後に更に暴力を受け、彼を通報し、
その後妊娠がわかった、とこういう流れだ。
…自分で書いていて、どこへツッコミを入れればいいか分からなくなるほどあほなことをしたと思うが、
事実は変えられない。


また始めようと思っている専門については、子供を産んでからは再出発をあきらめていた。
というのも、かなり勉強をしなければならない学科だったからだ。
卒業しても、職にありつける保証はない。
しかしながら、今のパートナーと会って、彼が自分の専門に没頭している姿を毎日見ていて、
羨ましさと悔しさがふつふつと湧いてきたのだ。
それを彼と話し合った結果、出来る限りはサポートするから挑戦してみればいい、と後押ししてもらい、
この決断と状況に至った。

当時は気が狂ったように勉強していた私だが、今は子供もいるし、昔のように時間は取れない。
それでも、集中して有効な時間の使い方をすれば何とかなる、と信じている。
それだけの価値は、私の専門にはある。
私が没頭できる唯一の勉強は、それだ。この決断は、間違っていない。


というわけで、5年前に比べて入学資格がかなり厳しくなっていると専らの評判の大学に挑戦してみる。
ひとまず、全力投球してきます。
やるぞ!(`・ω・´)

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


2.Oktober.2014

とても有意義に過ごすことのできた夏休みも終わり、もう新学期が始まって1週間が経った。

去年、今の大学の大学3年生に編入して卒業していた私は、今年からいわゆる大学院生となって、
おそらくあと2年学生生活を送ることになるであろうと思う。
今の所は、私の専門を活かした活動はできていないけれど、そのための下準備はこつこつとしている。
うーん、やっぱり自分の専門の大学に入りたいなあ、とも思うのだけれど、
それは今の大学を卒業して、更に仕事をして、それでも情熱が消えていなければにしよう、
と自分を宥めることに成功した。
その頃には、なかなかいい年齢になっているとは思うけれども。。。


息子はぼちぼち2歳10ヶ月で、最近やっとうんちもトイレでできるようになった。
1ヶ月前から自主的に「トイレいくー」と定期的に毎日行き始めていたので、
おしめでなくパンツをはいていたのだが、毎日のように2,3度失敗する。
そこで、叱らずにそのまま「ああ漏らしちゃったねー」と直ぐに着替えさせていたら、
今度はまったく気にせずパンツに、しかもにやにやしながらおしっこするようになり、
このままではいけない、ということで少しちくっと言ってみたり
(「おしっこする子はパンにジャム塗れないね~」とか。)する。
それでも変わらないので、成功体験を積ませてモチベーションを上げる方向でいこう!と、
ぱぱ氏がすてきなトイレトレーニング表を作ってくれた。
 
toilette

ちなみに写真は、ぱぱ氏が書き込む紙。
私が書き込む用の紙も、違うデザインで違う場所に貼ってあり、
息子がおしっこをおまるでした時にはぱぱ氏と私からそれぞれハートをひとつずつ、
うんちをしたらトリちゃんのシールもひとつずつもらえるようにした。

それをはじめた途端に急にモチベーションが高まったようで、物凄い勢いでトイレに行きだす息子。
1週間目はそれでやる気が出ていたが、飽きっぽい子供のモチベーションがそれで続くわけもなく、
紙のデザインを度々変えたり、うんちをしたらもらえるトリちゃんの数を増やしてみたりする。
その間は幼稚園の休暇ということもあり、集中して頑張った息子。
そうして、ほぼ失敗なくおしっこをトイレでできるようになった。


しかし幼稚園に行き始めてから、毎日のようにおしっこに濡れたパンツとズボンと
一緒に家に帰る始末。
家の中が、ズボンとパンツからの手洗いで取りきれないおしっこ臭に満たされてくさくなったことが、
ちょっとしたストレスになった時期もあった。
息子にはまだ早いのかなあ、とか、おしめに戻してあげようか、とぱぱ氏と話し合ったものの、
パンツ続行という決議になる。


だがしかし、先日、ついに!朝はいていったパンツと、迎えに行ったときのパンツが一緒だったのだ!
今日はきちんと毎回トイレで済ますことができたらしい。ああ、よかった。
何が一番よかったって、息子がとっても誇らしげだったことだ。
そんな息子を見ることができて、母ちゃんも父ちゃんも嬉しいわー。

夜はまだおむつをしたまま寝ている息子だが、それでいいと思っている。
朝起きたときにおむつの中身が乾いている状態が続いたら、まあ、
パンツで寝るというのを試してみてもいいかな。

取り敢えず、お互いにある程度楽しんでやることができたので、よかった。
これからも、色々と息子と私たちに合ったやり方をどんどん見つけていけるといいなあ。


…という文章を投稿したと思い込んで、1週間放置していた。
いやあ、これはこれは。

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ  br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村