November 2018

16.November.2018

考えが頭で爆発しそうになると、ブログを書きたくなる。
そんな自分に気づいたりりです、ご無沙汰しています。


9月から、怒涛の変化が我が家に訪れた。
まず息子は小学校へ上がり、オットはもう一つの資格を取るべく、
働きながら週2で、電車で1時間半離れた町へ勉強に行くことに。
私はこの町の、自分の専門を活かした学校で子ども相手にバイトを始め、
それによって16ヶ月になった娘はベビーシッター(Tagesmutterなので、個人でやってる託児所、が近いかも?)
に、昼過ぎまで預けている。

それに加えて個人的に専門の活動をしているので、バタバタ。
最初はちょこっとだった仕事も、今や有難いことに、学校内の色々な部署の人から声がかかり、
あれもやってこれもやってとお願いされて、30過ぎてしばらくしてやっと、
専門を社会に還元できるという喜びを味わわせて頂いている。

若くて才能に溢れた子が出てくるのを目の当たりにすると、胸がチクチクするのは否めない。
私、別にいなくてよくない?とか。
それでも、こうやって必要とされていることは何を意味しているのだろうか?
と考え込んでしまう。
私の強みは何なんだろう?今やっていることは、私のこれからにどう影響してくるんだろう。

正直に言うと、私が本当にしたいことというのは、ここで働くことではない。
それでも、ここにいるというのも何かのご縁だから、きちんと仕事はさせていただいている。

私という存在がいなければ、そこに成り立つものが成り立たないのだよ、と教授は言ってた。
世界で、こここそが私のもの、という場所を見つければ、人は幸せになれるとも。

いくら私より優れた人が出てきても、そして私にその人のような技術がなくても、
私に代わる人なんかごまんといようとも、それで惨めな思いをしても、
それでも私は、私の専門をやめようとは思わない。
だから、この道でいいんだと思う。

オットは、もうダメだ、潮時だと心が言うまでやれと言われている。
それが明日になるか、死んでも訪れないか、それは分からない。
だから今日できることをしよう。


頑張ります!