7.April.2011

弁護士Wさんやっと事務員捕まえてくれた。明日午後に外人局でやっとこスタンプがもらえる。
しかしながらなぜ20ユーロ私が支払わねばならぬのか。私被害者なんですが。
ドイツのためにドイツに残るんですが。ちょっとどうなの。
残金5ユーロになっちゃうじゃないか。

労働許可の件は、仕事先の社長にフォミュラー渡して書き込んでもらう形で申請できるそう。
なぜ私を雇う必要があるのか、といった内容。
これで外人局を納得させられなかったら失職。

…ドイツ向け飲食店で怪しげなドイツ語を喋る日本人を必ず雇わねばならぬ理由?

がんばってください女社長。個人的にとても気に入っているから(はあと)とか
書いてくれたらきっと許可下りないだろうけど愛してます。


W氏は、裁判という理由抜きでもドイツに滞在できる仕事を新しく見つけた方が良いという。
そのために語学の試験が必要なのであれば、そうできるようにうまくやっていきましょう。
裁判が長引けば長引くほど、考える時間や勉強の時間が増えるのでいいですね。と。
確かにそのとおり。
しかし裁判後のことまでこんなに気を遣っていただけるなんて考えられない。
よい弁護士さんだ。教授もやってるらしい。ドイツ捨てたもんじゃないな。(w
すさんだこころに優しさがしみる。


明日への活力が少しわいてきた。わきわきだぞー。


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字