8.April.2011

丁度良く同居人の行く所が警視庁に近かったので、彼女の車に同乗させていただいた。
sparen....!!2ユーロは非常に大きい。ありがとう。


門で訪問届けを出して担当刑事待ち。
ガラスの扉に、握手禁止っぽいマーク(禁煙マークのたばこ部分が握手イラスト)
が張ってある。
この部署は握手禁止なのか変なの、感染症を防ぐためとかだろうかと思ったら、
その上に

「私たちは握手をしなくたって親切なんです☆」

と書いてあった。わざわざご親切にありがとう。でもまぎらわしいよ。


刑事さんに会った際に握手をするべきか必要ではないのか、と悶々と考え込んでいると
背中に竜の刺繍入り紫ストライプのシャツにGパン、ごついベルトのおにいさんが颯爽とあらわれた。



刑事さんらしい。



ドイツ人には珍しくにこにこしていて好感が持てたけれども、そもそも刑事と話すと、
普通の会話の中から何かを見出そうとされているようで、
つまり探られているようで、警戒してしまう。
そうそう握手はしたんだよ。


*


相変わらず小さな事務室で、PCの前に座った供述取り女性と刑事さんに対し、
既に申し立てしたことを繰り返さないといけないらしい。
しかも誘導尋問みたいにというのか、あたかも私の以前の答えを見て質問しているようだった。
レールに乗っけられてころころ転がされたようで、釈然としないぞ…。何がしたいのか。


で ディーラーの顔、写真からわかるかな!?クイズの始まり。
まず女性6人の顔写真を見せられる。分からない。
そもそもここに答えがあるのかすら分からん。
そして黒人男性6人の顔。
もう全部同じ顔にしか見えない(でもエディーマーフィーとかは分かるよ)。
ギブ。
みんな一癖ありそうな顔してた。みんな逮捕された人だったんだろうか。
それともこっそり警官も混ざってたんだろうかw

供述文をプリントアウトしたものに目を通して、一枚一枚サイン。
一番最後に「りりさんは私が提供したコーヒーを飲みながらの対応でした」
と注釈があった。
いちいちこまかいな…。
自白剤でも入ってたのか?飲み終わったカップから指紋採られてたりするのか?



終わってからわざわざ門まで送ってくださった。
…というか、刑事同伴じゃないとドアが開かないらしい。
どっかの窓から誰かが見ていて、関係者が通ると分かるとボタン操作で鍵を開けてくれる。
どこかで必ず誰かがみている…。



行きは良くない帰りもこわい。




けいさつは計り知れない。助けてくれるときの方が多いけれども、慣れないもんです。
疑いすぎだろうか(・ω・)


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字