8.April.2011


仕事場の社長と秘書に、顔を出しに行った。
当初のにこやか歓迎ムードも、妊娠証明書を見せたところで一変。
早産の危険性が…やら大きなお腹の従業員を客が見たら…とか流れた後まとめ


「産むかおろすかもう一度考えて、でも妊婦は客対応に出せない(雇う意味がない)から
 それは念頭に置いておいてね」


つまり子供か仕事か選べというわけです。
働きたいなら子供をおろしてくださいと暗に言っているわけです。
この仕事が子供をおろすほどの価値があるか否か。
否。
でも働かないと子供養えない。
でも子供産むと働かせてもらえない。



呆然としつつ帰宅。しんじゃったほうがいいかとふと思う。


*

お昼頃、弁護士H氏の待合室に、泣きたいのを一生懸命こらえつつ座る私。
一人がまん大会をしていると、H氏の助手S氏があらわれ、私が元気か調子はどうかと尋ねてきた。
反射的に げんき・・・と言いかけたところで堤防決壊。
午前中に起こったことを話し、昨日もらった謎のbescheinigungの事を話し、
産まれて初めて自分のハンカチで鼻かんだあと、S氏と共にH氏の事務室へ通される。
後で手洗いするべきか、洗濯機に直接放り込んでしまうかちょっと悩む。


一通り話して、今日の課題は電話かけだ、となる。
支援団体に電話して私への金銭的支援のGOサインをもらうため、
そしてなぜ私がFiktionsbescheinigungをもらったか、もう一人の弁護士W氏に
直接聞くためだ。

さて、支援団体の電話番号表の上から下まで電話をするH氏だが、一向につながらない。



なぜなら、お昼休みだから。電話は鳴らされるがまま。電話の横にいたって関係なし。
メルケルがかけてこようとも関係なし。誰もとらない。



くそ支援団体め、と依頼人の前でうっかり口走る弁護士H氏。
金曜午後に働いてるのは警察か弁護士くらいだよね、とS氏とぶさつく。

今日弁護士事務所に来た意味があるのかないのかちょっと考え込んでいると、
「おなかすいたもうだめ。僕たちも何か食べよう。何食べたい、上海?ドイツ?」
とまくしたてられたので、ここぞとばかり上海料理に一票入れた。

おごってくれるらしい。
弁護士って依頼人をご飯につれてってくれるもんなの?いいの?らっきーありがとう。
S氏もほくほくと上着を着て、みんなして出発。
最初に「お財布にもう2ユーロしかないんです」と言ったのが効いたのか。
いや本当に2ユーロしかなかったんだよ。

道すがら、S氏が元刑事で、その後にH氏の元で助手をしているのだと聞いた。
性犯罪専門だったから、暴力等による被害者専門のH氏の所に来るのは理に適ってる。
それにしても刑事の後に弁護士助手として再就職って面白い。
そういえばS氏は50代半ばくらいに見える。でも刑事っぽい厳しい感じはなくて、
むしろ冗談の頻度がはげしいのが玉に瑕だと思った。
早口と方言のせいで聞き取れなくても、一人で自分のネタにウケているため
「え?何ですか?」なんて気の毒で聞き返せない。

上海料理というか中華料理ビュッフェで、酢豚だの野菜炒めだのココナツソースの
鶏肉だのもう うまうま食べた。烏龍茶までもつけてもらった。
もう本当に美味い。やめられない。中華料理ばんざい。最高。
ちなみにH氏は非常に大きなビール樽体型なので、食べる量は観ていてとてもすがすがしいものだった。
皆でアイスも平らげた。H氏は5玉かっぱらってきた。
「甘いものは弁護士に必要な食品なんだよ」と教えてくれる。
会計をしたところでGlueckskekseと梅酒が出てきた。
梅酒。わたしのうめしゅ・・・・。大好きなんだけども今回は代わりに涙を呑んだ。
アルコールは今はだめだからね。…ちょっと舐めたけど。



事務所に戻って、やっと援助団体からのGOサインが出て、援助を受けられることになった。
これも長くて5,6ヶ月らしいけども。ちなみにWeisser Ring という団体です。
何だかとても早いGoサインだったらしく、S氏の「脅したの?ww」に「必要なときは…ね」と
返したH氏がちょっとこわいと思った。やったのか。
次の依頼人も待ってるし、私となぜかS氏も共に退散。
帰り際に、「絶対大丈夫だからね、君はいい子だからね、何かあったら助けるからね」
と頭をよしよしされて、恥ずかしいけどすこし嬉しかった。

援助を受けることは根本的解決ではないんだけども、これは助けになった。
次に、子供がドイツに滞在できる権利を持っているかどうかを、外人権利専門のW氏に聞かないとだ。
元パートナーはドイツ人じゃないけどEU圏内の人だから、もしかしたら…という可能性があるため。
うん、もしかしたら彼の国に行った方がいいのかもねwまったくしゃべれないけどもww


週末は物事が何も進まないからきらーい。
でもがんばる。




トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字