21.April.2011


アジアショップで米粉(上新粉)Reismehlを見つけたので、
みたらしだんごを作ることに決めた。

reismehl
1,20EURだったけど、もっと安く買えそうな気がした。
  
みたらしだんごは、こんな風にできあがった。

mitarashi
 
今日は、これをヘラクレスのだんご、もしくは三日後のだんご、と名づけるに至った
経緯をつづり、次回もっとうまくできあがることを祈ることにする。
見た目がよくても中身がだめなのはだめだな(´-ω-`)
ちなみにみたらしは、改善の余地は十分あるにせよ、うまくできた。

材料と、自分がいかに作ったかをご紹介。
良い子は、まねしないのが無難です。


□だんご材料□ 一人で食べると、色んな意味でお腹いっぱいになる量
・上新粉Reismehl……150g
・片栗粉Kartoffelmehl…EL山盛り1杯
・砂糖……………適宜
・熱湯 …………130ml
□みたらし材料□ 上の団子の量に対し、1,5倍は多い量
・しょうゆ…………EL2杯
・片栗粉………EL1杯
・砂糖………EL1,5杯
・熱湯………80ml

■間違いを含んだだんご作りの流れ■正しい(と思われる)作り方
・ボウルに、だんご材料を全て入れて、最初はフォーク等でかきまぜ、後に手でこねる。
 最初のうちは水の量が非常に少なく見えて心配だけども、そのうちちゃんとまとまる。
・耳たぶの柔らかさになるまでよくこねる。何ならすり鉢にいれて、棒で突く。
 早く食べたいからって、塊になった直後にゆでちゃだめだ。
・一つの塊になったら、等分してまるめる。
・沸騰したお湯に入れ、だんごたちが浮いてくるまでゆでる。
・浮いてきたら、水にさらす。皿にとる。食べる。
・冷水に入れ、よく冷やす。その後、団子を風にさらす。食べる。


■疑わしげなみたらし作りの流れ■正しそうな作り方
・フライパンに、上記のみたらし材料を全部いれ、かき混ぜつつ弱火にかける。
 ものの1分で完成。味をみて、砂糖を足したりお湯を足したりする。
・鍋に砂糖、しょうゆを入れて煮立たせる。
 上新粉(片栗粉)を水で溶き、煮立った中に入れとろみをつける。

先日 、片栗粉に熱湯入れちゃだめ、と学んだのにまたやった(´・ω・`)
いや、熱湯入れた直後に"Oops!...I did it again"とは思ったんです。わざとじゃないんだ。

そして今、ヘラクレスだんごをやっと完食。フォークが刺さらないくらいの硬さだった。
噛み切る…もとい噛みちぎるのも、狼のような形相じゃないと無理。
ちなみに、だんご中心部はパンみたいに乾燥した見た目だった。生だったのかな。
胃が粉でイパーイです。頭いたいです。タイヤゴムだんごと名づけなおそうか。

なんでも、適当にやったらダメだな。今度はもう少し気をつけよう。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字