2.Juli.2011

・お腹急成長。
 思えば、21週に入った頃からお腹が急成長を始めた。
 臍の下がぽっこりと前に突き出てきた。
 赤が一週間に100gずつ成長するらしいのも、納得できる。
 5ヶ月までお腹が小さめなのがウリだった私も、この辺で嬉々として妊婦の仲間入り。
 これでやっと、赤ちゃん用品店に入っても尻込みしないで済むぞ!(`・ω・´) 

・激しくもにょる
 赤がものすごくもにょもにょしている。たまにこそばゆい。
 猫が思いっきりおでこを擦り付けてくるあの感じを、お腹の中でやられているようだ。
 もしくはお腹の中で蛇が外に向かって頭突きしているような感じ。
 歩いていても感じるので、相当元気な赤らしいことがわかってきた。よきかなよきかな。
 しかしながら、ちゃんと睡眠をとっているのかどうか気になる。

・坐骨神経痛再び…の予感
 12週頃に襲われたアレがまた本格的に来そうで、怖い。左尻頬さんの様子が怪しい。

そして、実は少し気にしたほうがよかったらしい体重。
先月より3,2kg増し、つまり6ヶ月にして合計で7,2kg増えた私。ユフー!!
助手のおねいさんがちょっと困ったように
「このまま順調に行くとちょっと危ないですねえ」
医者に至っては
「お元気?あら、あなた顔が…。体重が増えたって感じに見えるわね」
と来たorz

甘いものを体が欲して困ってるんです、何に気をつけたらいいですか?とたずねると
甘いものです。
と真顔で返された。いやはやまったくもって仰るとおりです…。

1日に必ず1個食べてたアイスと5枚食べてた大クッキーはしばらくお預けにすることにした。
習慣のように毎日食べてたものって、1週間くらい葛藤すればあっさり忘れられるんだよね。
自分のこの性格が大好きで仕方ない。

赤の成長も、22週にぴったり一致するもの。脳みそもオッケー。
手をにぎにぎさせていたのが見えて、嬉しさのあまりにやにやしてしまった。
性別もわかったので、Mutterpassを医者の所に忘れていくくらい浮かれた。

急いでとりに戻ると、受付の方々が私のPassを持って部屋中をわたわたしている所で
「いっつもきちんと携帯してなきゃだめなのよ!」
と窘められる。ごめんなさいもうしません(´・ω・`)
携帯してなきゃだめだったのは知らなかった。
失くさないように、いつも家でお留守番してもらっていたよ。これから気をつけます。

*

久しぶりに友人Cとお茶をする。
色々と経過報告をしたら、数ヶ月前に比べて随分と前向きになったね!と褒められた。
確かに4月は「産むとしたらもう私が生きていく可能性がない」とか何とか考え込んでいた
時期だった。それから産むことを決心して今まで、随分と色んな支援の可能性を
見つけることができ、赤と共に生き延びてきた。
諦めないで探すと、見つけることができるものなのだねえ、とCとしみじみ。

目下の望みは、今のWGから出ること。12㎡は、赤と住むには狭すぎる。
そして男性と住むということにもちょっと抵抗がでてきたからだ。いい人達なんだけどね。
個人住居に住みたい。もっと広くて、2部屋はあって、冷蔵庫と洗濯機付きで、
家具付きで、シャワーがキッチンになくて、風呂付きで、街中。駅まで徒歩10分圏内。
食器洗い機はなくてもいい。バルコニーはあると嬉しい。家の周りに緑もあると嬉しい。

もっと広い部屋なら、赤のベッドを設置することができるんだ。
出産までに叶いますように!

*

同居人Jo氏の彼女がHebammeになるために病院勤務しているらしいことがわかった。
何この偶然wというか、なんで今まで質問しなかったんだろう…。
たくさんの事を質問させてもらった。今度、分娩室の資料などを持ってきてくれるそうだ。
で彼女も「何か叶えたいことって、なぜか叶うから大丈夫だよ~」と言ってくれた。
今日は良い日(*`・ω・´*)



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Megumi   25.April.2014 23:36
りりさん、楽しく拝見しています。
私も最近妊娠が発覚し、シングルマザーになるか迷っているので、自分の人生がなくなるような気持ちに共感しました。前向きでたくましい、姿に心打たれています。私も後悔ないようよく考えて決断できますように。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字