9.November.2011

・おならノンストップ
実際にかましてみると、長くてでかい音。こういう時に一人暮らしのありがたみがわかる。
お通じ(の量)が少なくなった分、おならがかなり多くなった。
道を歩いている時にしたくてしたくて、ガマンができない時も多々。
そういう時はよおく周りを見渡し、さらに音が響かないか確認し、車が通過すると同時に…と
おなら一つに手の込んだことをしている。

・手首痛が消える
おそらくもう38週目あたりから、いつの間にかなくなっていた。ありがたい。

・少し重い物を持つとすぐお腹が張る
買い物で牛乳を3パック買うと、帰り道が憂鬱で仕方ない。
(出産後はなるべく1週間は家にこもりたいから、ただいま食品買いだめ中。)
だからって持ち帰るのは私一人なのでどうしようもないが、パートナーがいたら手伝ってもらうべきだと思う。
そんなに重そうに見えないものを運ぶのでも、10ヶ月に入ると直接お腹にくる。
妊娠前はどんなに強かった女性でも、臨月に入ったらそんな状態なので物は持たせないでやってほしい。


天気が悪いとお腹がきりきり痛む。胎児で低気圧測定が簡単にできそうだ。

*

 100EUR以上の出費を覚悟していた子供用ベッド、中古家具屋で30EURで発見、即購入。
実はねじが足りないのでほんの僅かに怪しげな安定感なのだが、いいとする。
元同居人Aが、運搬から組み立てまで全てを手伝ってくれた。ありがとう!
彼女、更に私の引越し前に「いる?」とあっさり敷物をくれる。

 赤が床ではいはいできるように欲しいと思っていたふわふわのじゅうたんも、
いいタイミングで元同居人Jo氏の彼女Eからいただくことができた。
彼女の友人がじゅうたん屋で働いているらしく、たくさんもらうそうで、それをそのまま私に譲ってくれたのだ。
(そもそもじゅうたん屋では、余りじゅうたんRestteppichとして安く売っている。
 縦長のを購入して半分に切って横に繋げれば、りっぱな1枚のじゅうたんに見える。)

新しい住居は、頂き物と中古品で立派になってきた。ありがたい。
出産後にいろいろ提出する書類はほぼ揃ったし、遺書も人に預けたし、これで大丈夫そうだ。

ひとまず、また買ってしまったスニッカーズを少しずつ食べつつ、のんびりしたいと思う。

虫歯に若干おびえている私に、ぽちっとお願いいたします。
br_decobanner_20110923052118


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字