2.Juli.2012

何せ3週間も入院したので、あれやこれや色々あった。
ウザいくらい詳細を書こうかとも思ったが気力がないので、主なことだけにとどめようと思う。

6/10夜、息子がベッドから転落し、直後にひきつけをおこしたため
救急車で病院に搬送される。
目はぐるんと上を向き、体は少し反って硬直した感じ、うー、うー、と朦朧とした声をあげていた。
顔は心なしか青ざめていくようにも見えた。
そのまま入院し、超音波・MRI検査をしたところ、
以前から脳内出血と眼底出血があったことが発覚。

これは転落が原因ではなく、8週間以内に「誰か」に激しく振られたためであるとのこと。
よって、親である私が、シングルマザーということもあり真っ先に虐待を疑われ、
「警察沙汰にしないから言ってごらん…ほら、8週間以内に何かストレスがあったんじゃないのかい?」
「わかりますよ、シングルマザーということで、しかも今失業中ということで何かと大変でしょう。
子供を振りたくなることもあるでしょう。わかります。…で?」
とやさーしく誘導尋問的なことまでされ、息子の健康も気になることながら
自分のことまで弁護しなければならないことになり、自分が立たされた立場を自覚し、
ゾンビのようになる。

というのも、ここで所謂「有罪確定」になると、子供保護条例(厳密には違うかもだが)に従って
私は息子と3週間引き離され、その間は断乳強制、更に息子に会えるのは1日1回少しだけ、
ということになる。

それは有り得ない。何もしてないのになんでこんな目に合うんだ、と背中が寒くなった。
「私は実は二重人格で、もう一人の私がやったのか?」という頭のおかしい発想までしたのは、
映画の見すぎだとは思う。
ひたすら目から汗をたらしつつ、そんなの「子供の幸せに従った処置」じゃないと訴え、
自分がなぜ無罪か、なぜ彼の母親としてふさわしいかを紙に書いてプレゼンまでした。

しかしながらその後、病院に呼ばれて出てきた少年局の担当者は以前からの知り合いだったし、
病院のカウンセラーは私のことをだんだん信じてくれたし、
歌会センターの経営者が、少年局の担当者と知り合いということで一言言ってくれ、
友人も話し合いにきて弁護してくれ、
シングルマザー職業斡旋所のおばちゃんも駆けつけて熱情的なプレゼンをしてくれ、
近所の人も、皆で署名して私の無実を訴えるギャー、と鼻息荒く援護してくれ、

何とか無罪放免!

…でもないけれども、家に息子と共に帰れることになった。
書くと何でもない、ごくふつうの「家に帰る」ということに、
もう心の底が痺れてじんわりと体の節々に広がっていくくらい感動し、嬉しかった。
あとは5日間、子供看護婦がうちに訪問に来て、私が息子とちゃんとやっているかどうか
判断される。
穏やかではない響きだが、実際には子育て相談をプロにできるいい機会なので、悪くない。


息子も、もう出血が引きつつあるようで、定期的な検査は今のところ必要だが、
大丈夫そうならそれも必要なくなる、ということだった。薬もいらず、普通の日常生活も送れる。
転落の直後にひきつけを起こした理由は、実は謎のまま残った。
ひきつけというのは、そもそも理由を確定できるとは限らないものなのだそうだ。
少なくとも、てんかんの気があるわけではない、ということは診断された。

天から授かったまま、健康で産んだそのままで成長していってくれる、
このことは本当に感謝しなければならないことなのだ、と強く思った。
男の子だから多少大雑把に扱っても大丈夫だろうと考えていた私だが、今は深く反省している。

もう犯人探しとかしないけれども、取り敢えず、一時保育にはもう絶っっっっ対預けない、と
かたく心に誓った。もちろんいい一時保育もあるんだと思うけれども、
今回のことで、ちょっと慎重にならざるを得ない。

*

今回思った



何で私ばっかこんな目に合うの。



…いやもちろん とばっちりを受けて本当に大変な思いをしたのは息子だから、
これはかなり自分勝手な発言だということはわかっている。けれども言いたい。

今年はこれからいいことだけが起こりますように!!

同意にぽちっとお願いいたします!ありがとうございます!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村  br_decobanner_20111219234918


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みみ    2.July.2012 10:51
こんにちは。
辛いことがおこりましたね。
ただ、もっと悪いことにならなくて、そのことだけはよかったです。よかったなんて言葉使っていいものか、わからないですが…

…私もちょうど、週末に一時保育を利用しようとしているので、ものすごく不安。。
そういうリスクは常にあるのだと、あらためて思わせる話ですね。

ところで、今回の内容をみて、私の姉がシングルマザーになって家に戻ってきた頃を思い出しました。
彼女は、娘を守ろうとする強い思いから、肉親の私たちにさえ心を許さず、簡単には娘を預けようとしませんでした。
でも、仕事をしないといけない。彼女の中で強い葛藤があり、ものすごくピリピリし、見ていて痛々しかったです。
本人は気が張ってたから、私たちが思ってたよりもしんどくなかったかもしれませんが。
2. Posted by みみ    2.July.2012 11:01
ごめんなさい。途中で送ってしまいました。しかも長文。。

何が言いたかったかというと、気にせず預けろ…なんて、絶対に言えません。が、それと同時に、りりさんが壊れてしまわないかと、気になりました。じゃあどうしろって話ですよね。すみません。

何か解決できるものに出会えることを強く祈ります。そして、これだけいろいろあったのだから、必ず良い方向に向かうと思います。息子さんも、まだ赤ちゃんだけど、りりさんを守ってくれますよ。

なんだか、変なこと書いていてごめんなさい。
長文失礼しました。。
3. Posted by きら    3.July.2012 09:57
始めまして。
出産関連のブログを徘徊していて少し前からこっそり愛読しておりました。
私自身、来週が予定日の妊婦です。

しばらく更新がなくどうされたのかな、と思っていたので、本当にビックリしました。

なんと言ったらよいかわからないですが、応援しています!

今後は良いことばかりが溢れていますように。
4. Posted by りり    4.July.2012 20:12
みみさん、

私は一時保育は、保育士がどんな人かよくわからないのが困るな、と思います。

その点保育所は、入所前にきちんと担当の人と話し合いができますし、
こちらの要望もきちんと伝えることができますから安心です。
9月から息子は保育所に通うことになりますが、そのような意味で心配はしていませんので、
気にせず預けます。笑

本当に、これからも元気でやっていけるといいなと思います!
ご心配いただいてありがとうございます。
5. Posted by りり    4.July.2012 20:12
きらさん
コメントありがとうございます。
来週が予定日なのですね!素晴らしいです。楽しみですね。
息子が生まれたころの写真を見たくなりました。

また2人で元気にやっております。
きらさんも、いい出産になりますように!

6. Posted by りみこ   12.April.2013 15:30
5 わたしも息子が脳出血で昨日から入院していて警察やら児童相談所やらに質問攻めされてる真っ只中です。今は息子の回復祈るばかりで、他の事は考えてません。虐待を疑われ、しんどいですが、脳出血になった理由不明なんです。体に何箇所か痣があり、これも不明…強い衝撃与えたことなんてないですから…おっぱいの時間になると口もごもごしてます…愛おしい…
7. Posted by りり   24.April.2013 19:24
りみこさん、
大変ご苦労なさっていることと思います。心が疲れますよね。
どこかに息子さんを一時的に預けたことはありませんか?
色々と思い出して、紙に書き出してみると、冷静になれるかと思います。
とはいえ、まず息子さんの回復が大事ですね。
全てよくなりますように、心から祈っています。

コメントする

名前
 
  絵文字