19.Februar.2013

語学学校に通う仲間のビザが切れたため、彼が帰国することになった。
それで、お別れパーティーが開催されたようなのだが、あたりまえのように招待されない私。
…彼の家から徒歩3分の所に住んでいるんだがね。

子供いるからだろうなあ。

もしパートナーがいたら、そしてもし子供がいなかったら、
会に参加して、みんなとコースでおしゃべりできないプライベートな話とかして
盛り上がれたのかなーと思うと、非常ーにさびしい。
まあ年齢的な問題もあるかも知れないけど。嫌われているとも考えづらい(多分)。
それにしても、折角新しい友達ができたのに、そのお別れ会に招待すらされないってどうなの。

もう過ぎたことだから仕方ないけれども、未婚でシングルマザーって、
こういう時にさびしい思いをするのだな、と感じた。


 (´・ω・`)


とはいえ、その分違うタイプの人たちと沢山知り合え、信頼関係を築けるし、
きっと私が息子のそばにいた方がよかった理由がどこかにあるんだろうな、
なんて思いながら、息子の寝顔を見て心安らぐ自分。

過去10年間でパーティーというパーティー、徹夜飲みという徹夜飲みをやりつくしたではないか!
と自分を慰め(?)つつ、きっとあのぶどうはすっぱかったんだ、と気を逸らす事に全力を尽くしてみる。


楽しい映画でも観て寝よう!



「ちょっと寂しいエピソード」を共有したい気分です。皆様どうですか?ぜひお聞かせください!
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村     br_decobanner_20111219234918


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Haru   20.February.2013 01:47
いやいや、未婚者だからじゃありません、既婚者でも子どもがいたら難しいんじゃないかな、
わたしは六月から50時間韓国社会について勉強しにいきたいのですが、週一四時間日曜日の授業に自信なさげな夫に参加を決められずにいます、これ受けると永住権が得やすいので、とっておきたいのに…
つまり夫がいても、あんまり外出については役に立たないことも多いですよ、せいぜい、息子をおいて
三十分スーパーにいけるくらい

語学学校ってひとつの単元が終わると、メンバーがかわり次々帰国したり就職したり、進学したりで中々あとに残る友達が出来にくいですよね、特に留学生って帰っちゃうし、
さみしい…

小さな彼氏の束縛も今だけ、残念なこともたまにはあるけど、子どもの成長を楽しみましょう!
とはいえ、海外にいるとちょっとした人間とのふれあいがとても大事だったりするんですよね、特に子育て中は。

追伸
りりさんの息子さんの可愛い写真に胸がキュンキュンです、うちの息子も元気に育ってます!
2. Posted by うどんこ   21.February.2013 12:25
息子さんめっちゃ可愛いですね〜(*゚∀゚*)ステキな笑顔☆

子どもがいると馴染みの友達でも会い辛いですからねー。私の周りは独身貴族が圧倒的に多いので、余程のことがない限りは諦めてます。
(私は同じ月齢くらいの赤ちゃんがいるママさんにすら話しかけれず、折角行った児童館でポツンとしてしまいましたが…)

でも呼ばれないのは…ちょっと寂しいですよね…´д` ;

3. Posted by りり   27.February.2013 06:55
Haruさん、
そうなんですか、結婚していても大変なんですね。
30分だけの自由時間というのも、結構つらいです。
息抜きしたい時もあるでしょうし、そういう時に協力してくれる人が欲しいものですね。

小さな彼氏、確かにそうですねえ!そう思うと、あれもこれも結構可愛く思えるかも知れません。笑

本当に、母国にいると何でもないようなことが、外国にいると涙が出るほどありがたかったりします。
この気持ちを忘れないでいたいですね。
息子さんお元気そうで何よりです!この年頃は本当に可愛いですよね。
4. Posted by りり   27.February.2013 06:59
うどんこさん、
ありがとうございます。いつもはニヤッとニヒルに笑う息子なので、
こんな風に気持ちよい笑顔を見られて、更にシャッターを切れたのはうれしいことです!

そうですね、友人に独身の人が多いと、さびしい思いもしますね。
自分に子供がいなかったらなあなんて考えたりもしそうです。
ママ友作りも簡単なことじゃないですよね。
子供がいる・いない、母である・ないに関わらず、結局は気の合う人間を
選ぶものだよなーなんて思います。
お互いに新しい友人関係を育めたらいいですね。
5. Posted by May   24.April.2013 00:27
リリ様初めまして。先月ランキングで拝見して、拝読しております。
私もシングルマザーにこれからなるのですが、ドイツでの先輩ママの奮闘振りにただただ感服しております。急に不安に駆られることもあるのですが、息子様のこの笑顔を見せて頂いて、時が止まりました。言葉が出てこない位の深い思いだけを感じました。私の場合はドイツ語の習得もこれからなのですが、他の記事でシングルマザーへのプロジェクトのある地域にいらっしゃると記憶していました。私の場合は完全に外国人なので、適用は非常に難しいと思われますが、何にでも諦めずに挑んで行くしかないと考えています。アルバイト先もあって、家賃も良心的ということで、どの辺りの地区か教えて頂けると非常に有難いです。お忙しい中大変恐縮ですが、宜しく御願いいたします。
6. Posted by りり   24.April.2013 20:16
Mayさん、はじめまして。
Mayさんもドイツでシングルマザーになるのでしょうか。
私も何もかも知っている訳ではないのですが、ドイツはどこでもシングルマザー支援体制が整っていると思います。
インターネットで調べると、たくさんの可能性がでてきますよ。
住居に関しても、妊娠中から入居できる片親用の住居も、各地にあるはずです。

もし何か困ったことがありましたら、メールフォームからメールを頂ければ、
私に出来る範囲内で、力になれるかも知れません。

あまり平坦な道程ではありませんが、それもこれも、まとめて楽しんでいけるといいですね!
7. Posted by May   29.April.2013 03:43
りり様
早速のお返事どうも有り難うございました。お忙しい中、優しいご返信を頂き、とても心が和みました。ここ数ヶ月、私は一番重要な事にばかり囚われてしまって、楽しみを見つけるのがとても下手な状態でした。しかし、りり様が、大変な状況に居られた時でも楽しみを見つけていらっしゃる文章にとても安らぎを頂きました。一昨日一時的に友人の家に移動させてもらい、これからドイツへの移動になります。明日メールをさせて頂きます。本当にこういった優しさは選ばれた日本の方が持つ温かさだとしみじみ感じます。これからは前だけを見て頑張って、楽しんで生きていきます。これからも本当の幸せを勉強させてください。それでは、心穏やかな日曜の夜を。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字