20.August.2013

2歳未満だからと言って、甘く見てはいけないなーと思った話。


結膜炎を患って、息子は とある日に眼医者を訪れた。
同時期に左瞼に炎症を起こしていた私も、一緒に診てもらうことにした。

私の診察の時に気を逸らすため、普段は私が決して与えない電子音の出るパトカーを眼医者に渡されて、
相当夢中になった息子。
お医者さんの引き出しに仕舞われる時、めちゃくちゃ抵抗するほどだった。

その2週間後、今度は右目の調子が悪くなった私が息子と眼医者を訪れ、診察室で医者を待っている際、
6つもある引き出しの中から、例のパトカーの入った引き出しをぴたりと当てて開け放ち、「ぶーぶ!ぴぽぴぽ!」と
所有権を主張した息子にびっくり。

以前に一度だけ見たパトカーの場所を、まだ覚えてるんかい。
甘く見ていたわ…。


朝目覚めた時に「めがね持ってきて~」と息子にお願いするのが常な私。
一瞬間をおいた後、必ず持ってきてくれる優しさに、存分に甘えさせてもらっている。
低血圧なこともあるのだが、もそもそ起きてめがねを探すのが面倒なのだ。

今日シャワーを浴びた後、定位置にあるめがねがなくなっていた。
シャワーの最中、いつもはシャワーカーテンを引いてにやにやしながら覗いているはず息子が、
今日はどうも大人しくしているなーと思ったら、どうやらめがねを攫って一人で遊んでいたようだ。

そこで「ちょっと息子!」と大声で呼んだところ、すぐに「みえない~!みえない~!」と
叫び、めがねを振り回しつつ私の所へ駆けつけてきた息子。
私が何を言わんとしているかを察しただけでなく、見えない=めがねが必要、と理解しているらしいことに驚愕。
おそろしい子!!


何をしていいか、よくないかをある程度は理解している様子も見せている。
料理をしている時、いつもは「だっちょ、だっちょ」と抱っこをせがむか、私を観察してつまみ食いをするはずなのに
今日はキッチンにいないばかりか妙に大人しくしているな、と思う時は必ず、普段禁止されているか私が嫌がる「何か」をしている。

例えば
携帯・もしくは固定電話をいじっている
床に敷き詰められたパズルマットをばらばらにして、その上で大笑いしながら踊っている
レゴ・積み木を部屋中にぶちまけ、投げて遊んでいる
風呂場に潜入し、トイレットペーパーを引き出しまくって大笑いしている
まだ読んでいない新聞・雑誌をびりびり破いて笑っている

しかも、キッチンと居間の扉をきちんと閉めてからこの所業に至っている所がまた恐ろしい。
鬼の居ぬ間に洗濯ですか。私もやったけどな、子供のころ…。ははは。

かと思えば、20分あまりもひとつのおもちゃで集中して遊んでいたりもして、驚かされる。
思わず息を詰めて存在を消したようにし、かつ部屋を去らないようにじっと観察してしまったよ。
よだれかけはびっしゃびしゃになったけれど、ひとつのことに夢中になれる息子を誇りに思う。

ぎゃー!何しとんじゃー!と叫ばされることが増えてきたにせよ、言葉が通じるようになってきて、
息子が何を考えているのか分かるようになってきたのも楽しい。
昼間にいくらいらいらしても、寝顔を見ればすべて許せてしまうのがまた、いいもんだと思う。
母になれてよかったわ。ありがたいことです。

私自身の問題はまだ解決していないが、こうやって普通の日常を送ることができるということに、感謝したい。
息子も私も元気、住居はある、3食食べられる。これで幸せだな、と思うのだ。

全ての困難は、私に乗り越えられるからくるもの。
それを忘れないで、どんな苦しいことであっても、どんなありえない人に会っても、感謝して生きていたい。
ちょっとひしゃげたけれど、負けん!全部最終的にはうまくいく!乗り越えられない困難は私の所には来ない!!


皆さん、がんばりましょう!

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字