6.Juli.2014

何だかんだと、例の男性との関係が始まって3週間ほど経った。
そして、私たちは家族になったようだ。

というのも、彼が私たちの所へ毎日のように「帰って」来るようになったからだ。
話せば話すほど理解が深まり、更には学び合い、お互いに気を遣い、サポートし合い、
息子もついには彼を「○○お兄ちゃん」から「ぱぱ」へと昇格させたのだ。

慣れない人にはびびって私の後ろに隠れる息子が、彼には、遠目で姿を確認した時点で走っていって
笑顔で抱きつく始末。
先日は二輪のクローバーの花を摘んできて、「これまま」「これぱぱ」とひとつずつ渡してくれた。
これにはふたりして大感動。
ありがとう、と言ったら、息子は私と彼を「ぎゅー」と言って一度に抱きしめてくれた。


ぱぱ氏は私との関係を始めるにあたり、息子あっての私と付き合っているので、
息子の責任を取るのは当然だ、と言ってくれ、息子との二人きりの時間を作りたいとの提案や、
げりぴーおしめの始末までこなしてくれた。
具体的には、定期的に幼稚園へ送り届けるという役を買って出てくれるようになった。
息子が、私がいない間の不安をぱぱ氏に和らげてもらうという経験を積むことによって、
息子とぱぱ氏の関係をももっと深くしていきたい、という理由からだ。
そしていつか、ぱぱがいるから大丈夫、という安心感を与えられるように。

「これを3回繰り返したらおしまい」「これをしたのならお出かけできる」という小さな約束事も
きちんと誠実に守り、息子がわがままを言って泣き喚いても落ち着いてきちんと対応するぱぱ氏には、
ただひたすら尊敬する。
あーたは私よりも親らしいなあ、と言ったら、数週間やそこらじゃ私の苦労なんかわからないよ、これからでしょ、
と笑って答えていた彼には、もう頭が下がる。

面白いのが、彼がうちに帰ってくる度に、今日私が買った食料品とほぼ同じものが彼の鞄から飛び出してくることだ。
いやあ私たちは本当に似てるねえ、とげらげら笑えば、でもこれに甘えていてはいけないね、と私を諌める彼。
いやもう本当におっしゃるとおり…。

彼との付き合いで明確になったのが、私は感情を素直に外に出せていない、ということ。
悲しい、悔しい、苛立たしい、という感情を押し殺して、
そこに「諦め」という笑顔をかぶせてごまかしていると分かったのだ。
赤父との争いでも、もう泣くとか以前に、もうどうでもいいから早く忘れてしまいたい、という気持ちがあった。
でも、怒ってよかったのだ。
悔しがって、悲しんでよかったのだ。
約30年の人生でまた新しい自分を発見できたことも、とてもありがたいこと。
彼との会話は、心理カウンセリングよりもよっぽどいいセラピーだわな。

無意識に私が求めていたことも、彼を通して分かった。
目覚めたときに、息子とぱぱ氏が抱き合って寝ているのを見て、これだ、と思った。
素朴なしあわせ。ただそれだけだったのだ。

今まで、誠実に生きてきた甲斐があったなあ。
これからも、きちんと良心に従って生きていける自分でもって、一日一日をきちんと生きていきたい。

にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村         br_decobanner_20111219234918


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さじゅ    7.July.2014 03:12
5 はじめまして。楽しみに読ませていただいています。なかなかコメントできずにいましたが、応援しています!りりさんの頑張りに励まされてます。ぱぱさんと順調に関係を育まれているようで、とても嬉しく胸が温かくなりました。息子さんの様子にもキュンとしますね。
2. Posted by りり   20.July.2014 14:53
>さじゅさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
ありがたいことに、本当に彼のおかげで色々と楽になっています。
頑張ると、必ず誰かが見ていてくれるのだな、としみじみ感じ、自分の生き方を認めてもらったようで、嬉しいものです。。。
息子も楽しそうで、何より。
お互いに、素敵な夏を過ごしたいですね♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字