10.September.2015

常に少しずつ更新できればいいな、と思うのだけれども、自分は様々な取りとめもないことを多く考えすぎているし、
その考えを全て文に書き起こすには怠け者すぎるので、こんなスパンで書くことになる。

もう時効だろうから話そうと思う。
かなり前の話だけれども、某テレビ局の方から、私たち3人の取材をしたいと連絡を
頂いたことがあった。
私たちのそれは、そこでの番組に見合う生活状況だったらしい。(うーん。)

シングルマザーっていったって、視点を変えれば楽しくやっていけるのよ!
皆さん、この状況を楽しみましょう!という、
他のシングルマザーの皆様の励みになりそうな形での出演だったらアリかと心がちょっと揺れ動いたものの、お涙頂戴的な番組構成にしたいらしいと分かって、お断りをした。

りり自身はある程度楽しんで一人でいた(ぱぱ氏が来る以前)のに、「状況が許さなくて…
私はもっと幸せになりたいのに…ううぅ」や、「こんな事実さえなければ自分は
幸せだったのだけど…でも幸せです…(涙を拭きつつ)」というふうに持って行きたいらしいのだ。
申し訳ないが、私は今も昔もそういうのはご勘弁だ。
更に、本名公開とモザイク無しでの取材というではないか。
ドキュメンタリーというよりも娯楽番組の傾向が強かったので、お断りした理由は皆様にご納得頂けると思う。

いやはや、人ひとりの人生を日常に退屈している方たちの娯楽に使うなんて、怖い職業もあるもんだ…と思いつつも、私たちにコンタクトを取ってきた記者の方には特に悪意はないと考える。
きっと、お若い方だったのだと思う。
彼女が今、「本当に意味のある内容」を取材していることを、心から願う。

新聞は仮名で何とかなるけど、テレビは怖いわー。動画サイトとかで、一生残りそうだし。

…ちょっと全体的に尖った記事かもしれませんが、とても悲しかったので、書きました。申し訳ないです。

*

今年の夏休みは、私たちはずっと「おらが街」におりました。
お金もないし、勉強もしたいし、息子の幼稚園もなかったし。
朝5-11時が私、昼食後の14-19時くらいがぱぱ氏の勉強時間、という感じで分担しつつ。

s1
ぱぱ発案のとびきり素敵なあそび :紙をびりびり破って部屋中にばら撒く!


朝ご飯のときに使った食器が夕飯後まで流しに溜まってる、なんてことザラでしたが、
なんとかお互いへの気遣いで乗り切りました。
(気になったらすぐに洗えばいいんだろうけれども、二人ともバテているために中々すぐにできない。)
ぱぱ氏には感謝してもしきれません。あなたの忍耐力には何度も助けられました。ありがとう。

*

息子は普段から妙な日本語をしゃべっているけれども、最近改善の兆しが見られるようだ。

「息子、これ いりたい(=ほしい)」
「息子、これ できられる(=できる)」

引き続き、頑張っていただきたい。
来週からは、息子は新しい幼稚園。新しい環境で、息子がどう変わっていくのか楽しみだ。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ    br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 平凡主婦3児の母   10.September.2015 13:50
テレビかぁ(笑)リリさん見たかったけど、構成や編集の恐ろしさを考えると、自分の一番大切な物や事を、勝手に変換されて…ってスゴイ恐ろしいですね。
ニュースとか見てても編集の素晴らしさに旦那と笑ってしまいます。尊敬出来るくらい上手く歪めて、と言うか、○○って思わせたいように作られてるし、見てる側も、鵜呑みにしてる人が多くて、そっちにもビックリしてしまいます。
大丈夫かよ日本人って、なんだか不安になります。
それでも、私ならスッゲー札束が飛び込んでくるなら、引き受けるかも(笑)けど、スッゲー札束なんか、まずもらえそうにないし。
お疲れ様でした。
テレビの人達も、心ない人って訳じゃないとは思いますが、なんだか傷つくというか、残念な気持ちになったと思います。
けど、みなさま元気で何よりです。
ウチの息子3才も日本語が愉快で
ボビーオロゴン氏を彷彿させてくれます。歌う歌も自分編集されていて、
♪ブンブンブンハエがとぶ〜
とか、何度も『ハチ』と注意しても、直りません。
こちらの自分編集については、なんだか癒されていますが…(笑)
2. Posted by りり   18.September.2015 03:29
報道は、何を信じていいやら分からなくなる時がありますよね。今回は、お声をかけてくださった方には申し訳なかったのですが、お断りして正解だったと思います。

ハエが飛ぶ、は素敵ですね!合ってますね。笑 うちの息子は最近、「あまやどり」というのが鳥類だと思ったらしく、何かを粘土で作って「これはあまやどり」と教えてくれて、笑わせてもらいました。癒されますね。笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字