6. März.2017

2人目がいざ産まれるという段になったら、5歳の息子のことをどうしようか考えている。

義母は病気だから来られないし、私の母にはそもそも妊娠のことも知らせていない。
私自身、身の回りのことを人にやってもらうよりも自分でやるほうが気が楽なので、
それ自体はいいんだけれども、問題は息子なのだ。というわけで
もし真夜中に陣痛が来た場合には

1.息子も叩き起こして、3人でタクシーで産院へ向かい、私が分娩室にいる間は
 ぱぱ氏と息子は待合室で待つ。(息子がそこでも続けて寝られるような準備はしていく)
2.息子を寝かせたままで私がまず一人で出発、夜中でも動ける友人が
 我が家に駆けつけてくれるまでぱぱ氏自宅待機、彼が到着し次第ぱぱ氏も産院へ
 翌朝、友人に息子を産院へ連れてきて頂く、もしくはぱぱ氏が家へ戻る

…などなど。
私自身にも6歳年上の兄弟がいる。そして、午後の16時頃に産まれている。
というわけで、兄が幼稚園にいる間に全て済んだんだろうなーと思う。
今の私たちにとって、一番楽な出産になりそうなのは、

早朝に陣痛→私が一人で産院へ→ぱぱ氏が息子を幼稚園へ送り、その後産院にて合流
というパターン。
頼むよ、中の人!

*

私は息子を産んだ当時シングルマザーだったので、出産はこんな感じで進んだ。
簡単に言うと、産院に行くのも出産も、全て一人(+助産婦さん)でしたのだ。
陣痛の時も一人で堪えたし、産まれてからうちに戻るのも一人。
今はぱぱ氏と息子がいるので、他の人と迎える出産というものがどういうものか分からない。
(もちろん息子は分娩室に入れないが。)
陣痛のときに誰かが自分の隣にいて、一部始終を見てるってどんな感じだろう…と、
むしろそこが不安なのだ。

特に、陣痛で苦しんでいる時にパートナーに精神的な支えになってもらう、という
経験がないので、ぱぱ氏に「出産のときべつに来なくていいよ」とか言ってしまった。
でも結局、とあるお父さんがぱぱ氏に
出産の時は何もできなくとも分娩室にはいておかないと、奥さんに一生恨まれるぞ!
とアドバイスしていて、それが私の腑に落ちたので、同席してもらうという方向で考えている。笑 

とはいえ、腰をマッサージしてもらってもあまり変わらない気がするし、
気を遣うつもりで声をかけられても、それにキレて怒鳴ってしまうかもしれないし、
…ぱぱ氏は血を見ると失神する人だし。(採血もベッドに横たわった状態でないとダメらしい)


それこそ、‘案ずるより産むが易し’ なのだろうな。
今週も健康に過ごせますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村   br_decobanner_20111219234918

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 佳代    7.March.2017 01:19
いつもすごいな~と応援しながら見せて頂いています。
私も下二人(双子)生まれた時同じような心配してました。全く同じようなシチュエーションで。
結局夜1時頃破水して夫と4歳の息子と3人でタクシーで病院へ→息子眠いので夫と二人は帰る(一人目出産で夫は居て貰っても全く役に立たないことが分かっていたのでw)→割とあっさり早朝に出産→夫と息子は昼過ぎに見舞いに来る 
という流れでした。お昼だと大丈夫だけど小さい子は夜は起きてるのしんどいので迷いますよね。
とにかく安産を心から祈願しています!
2. Posted by りり    8.March.2017 21:31
佳代さん、
コメントありがとうございます。
なるほど、佳代さんも上の子とひとまず一緒に病院へ向かわれたのですね。
夜中だとキツいかなとも思いましたが、状況に応じてフレキシブルに動けば何ら怖いことはないですよね。
佳代さんのような実例もあることが分かって安心しました。
ありがとうございました!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字