8. März.2017

いわゆる家族というものだけれど、最近、どうもやっぱり付き合いが難しいと思い始めた。

先日母に、私の妊娠のことを伝えたところ、暫くの沈黙の後

「え、だってあんたどうすんの?」

が第一声。
彼女は、我が家が金銭的に恵まれている訳ではないのにどのように子育てをしていくのか、と
言いたかったらしい。
まあ確かに我が家は別に金持ちじゃないし、私も彼も、
彼の奨学金+わずかな貯金、そしてお互いのバイトで何とかしている状態ではある。

とはいえ、その一言を聞いて、ああやっぱりこの人たちと付き合うのは無理だな、と確信。
喜ぶよりも、まず私たちに対する疑念から入るところが特に。
息子の時も、5ヶ月になってからはじめて息子の存在を伝えたのだが、
今回もそうするべきだったのだと後悔。
…うん、あれ、おかしいね。妊娠したって伝えて後悔するって、なんだ。
おめでとうすら言ってもらえない。

私は既婚だし、30代だが、未だに信用されていないことが分かる。
普通、「妊娠したの?おめでとう。それじゃあこれから頑張っていかないといけないね!」
とか返ってくるのじゃないのか。それがぱぱ氏の母の反応だったわけだが。

そういえば、私の兄も、結婚を伝えたときに
「いやー、もう別に今更どうこう言うつもりはないけど、
 できたら就職して職が安定してからの結婚がよかったと思うけどね」
が一言目だった。
それはつまり、ぱぱ氏もしくは私が就職できなかった場合は別れろということだろうか。

父は言わずもがな、一歩先に連絡を絶っている。
最近は、彼の話を母から聞くと動悸が激しくなるくらいの拒絶反応が出るので、
それでいいんだと思う。
彼には「お前にいくら金をつぎ込んだと思ってるんだ」「パスポートをこちらに渡せ」などなど、
色々とよく分からないことを言われたので、こうでもしないと一生干渉されて、よろしくない。

父はまだしも母と兄からも信用されてないんだなー、ということが分かったし、
意外と自分の家族にまだ何か期待している自分がいることもよく分かった。
息子には悪いが、これからじいじとばあばは1組のみとして暮らしていただくことにする。

彼らの中で、私はまだ高校生の私なのだろう。
私はあれから別人になったと信じているし、これからも変わり続ける。

確かに、世話になった人と連絡を絶つというのは自分勝手な行動なのかも知れない。
でも、彼らに恩を返すか返さないか、返すならどのような形でするか、
それを決めるのは、私だ。他人が決め、人に押し付けていいことじゃない。

この罰は、いつか当たるのかも知れない。せめてきちんと毎日誠実に生きよう。
今まで以上に強くあらねば。
abendrot


にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ       br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さくら    9.March.2017 05:42
ご懐妊おめでとうございます🎉。ご両親やご兄弟からお祝いの言葉聞けなくて落ち込む気持ち良く理解できます。私も肉親の心無い発言で若い時かなり落ち込んで、当時はこの人達とは一生理解し合える事はないと距離を置き、遠い異国のドイツに移住するきっかけとなりました。あれから数十年以上経って、母親から当時は辛辣な事を言って理解してあげられなくてごめんね、と言われた時救われたと同時に彼等も自分達の人生に精一杯で精神的に余裕が無かったんだろうなと思えるようになりました。一方で傷ついてどん底の時間が相当長かったので、あの貴重な青春時代前向きにもっと色々できたのになぁと。今はご両親に理解して貰えなくても、ご家族と前向きに生きていたらそのうち理解してくれますよ。今はご自分がこれ以上傷つかないよ
う精神的に距離を置いて、健康な赤ちゃんを授かって下さいね。
2. Posted by りり   12.March.2017 14:23
さくらさん、
さくらさんご自身もそんなことがあったのですね。
今は、妊娠中なので過敏になっているというということもあるのかと思いますが、
確かにお互いに頭が冷えた頃に理解し合えるのかも知れません。
それまで、きちんと生きられるよう努力します!
コメントありがとうございました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字