7.Juni.2017

最近、息子の優しさや、わがまま、気まぐれ、寂しさ、怒り、甘えを感じる度に、
こんな風に息子だけに集中してやれるのも、もう少しだけなんだなあ、と感傷的になる。
赤ちゃんが来たら、かなり忙しくなるだろうしね。
2人目が来るということは、上の子にとって王座の剥奪だとも言われるし。

自分のベッドで寝ていると思ったら、朝方に私たちのベッドへ這ってきて、
私の頭の下に一生懸命 枕を押し込もうとしたり、布団をかけてくれたりする。
(私は寝相が悪いので、朝には枕も布団もどこかへ飛んでいることが多い)

幼稚園に出かける前には一生懸命ぎゅーっと抱きついて、投げキッスを何度か飛ばしてくれる。

寝る前に絵本を読んでいると、寝落ちるか寝落ちないかの境目で、にこーっと笑いかけてくれる。

一緒に出かけると、道端で色んな花を摘んできて、花束を作って渡してくれる。

ご飯を食べ終わった後に、ぐらぐらさせながらも食器をキッチンへ運んでくれる。

朝起きると、私の所に来てぺったりくっつき、何かご機嫌な歌を歌って、
私の顔を超至近距離で眺めながら、私の目が開くのを待っている。

半泣きになりながら「息子、また かに に刺された。どうして息子ばっかり刺すの」と言いに来る。
(どうしても か(蚊) に刺されたと言えない。笑)


何だか、そういう日常の小さな幸せを最初から最後まで全部眺めて、
いい子だなあ、とか、かわいいなあ、とかしみじみ息子「だけ」に思いを馳せることも
出来なくなるんだな。

もちろんもう一人の子どもの事も嬉しいけれども、息子は本当に私を救ってくれた人なので、
私にとって、とても特別な存在。
親の立場からして、赤ちゃんも息子も、同じように大事にできる。
でも、もうパパとママを独り占めできない息子の気持ちは、どうなんだろう。
赤ちゃんのことはとても楽しみにしていて、早く幼稚園の友達に見せたいらしいのだけれども、
どこか寂しいんじゃないのかな。


なーんて考えを巡らせている。

子どもたちには、子どもらしく幸せな毎日を送って欲しい。
そんな生活を送らせてあげられているだろうか。
私のエゴでさせていることは、ないだろうか。きちんと、「その子」を見てあげているだろうか。

いつもいつも、きちんと振り返りながら、子どもにも誠実な毎日を過ごさないといけないなあ。
今はとりあえず、息子をたくさん抱きしめてあげよう。


にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スミレ   16.June.2017 05:08
りりさん、初めまして。今回のブログを読ませて貰い、二人目が産まれる前に私が感じた事を思い出しました。これから起こるであろう変化が嬉しくあり、不安なようでもあり、「二男のことも長男くらい愛せるのだろうか」なんていう取り越し苦労までしました。で、赤ん坊の力はすごいんですよね。私のことは勿論、家族みんなをぐるっと包み込んで虜にしてしまう。(当然ではありますが)この子が居ないことなんてもう想像出来ない…という状況にすぐなりました。 長男君には試練かもしれませんが、お兄ちゃんとして成長するのをみるのも とても微笑ましいですよ。 無事の出産を影ながらお祈りして居ます。
2. Posted by りり   10.July.2017 02:55
スミレさん、
お返事が遅れてごめんなさい。コメントありがとうございます。
私もまさに、スミレさんがお2人目を出産なさる前に感じていたことを感じています。
でも、安心しました…。やっぱり赤ちゃんはすごいですね。
息子にもたくさん愛情を注ぎつつ、残された3人の生活を過ごそうと思います!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字