20.Juni.2018

大変な話題の記事から、日記を書くのをさぼってしまっていました。

あれから1週間経った、2月はじめには退院して、家に戻ることができていた。
病院は高台にあるので、病室の窓から自宅が見えるという生殺し状態での
入院生活だったけれど、本も一冊読めたし、飲みたいときにお茶は飲めたし。
途中で、カーテンなし2人部屋の隣に、元看護師のおば様が入ってきて、
たくさんのお喋りに興じた以外は、とても静かな時間だった。

「ぜんぜん良くなかった」のが私のオット、S氏。
おっぱい以外では絶対にベッドでは寝付かない娘を抱っこ紐に入れ、
寝るまで夜な夜な住居を歩き回ったそうな。
娘が抱っこ紐で寝た、とほっとして、自分も椅子に座って寝ようとすれば、
座った瞬間に目を覚まされてぎゃん泣き→一晩中住居徘徊という無限ループだったそう。
S氏が睡眠不足で、日に日に疲れていくのが目に見えていたし、娘も殆ど笑わなくなっていた。
入院最後の頃には、鍵を忘れて住居を出て入れなくなるわ、
完全母乳から粉ミルクに切り替えになった娘のために熱湯消毒していた
哺乳瓶の飲み口を、熱しすぎて溶かすわ、もう気の毒すぎた。


あれもこれもあったが、無事に再び生かされて、日常を送ることができているので、
きちんと毎日を過ごさないといけないと思う。

br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

1. Posted by あじ   21.June.2018 13:58
元気でいてくれて本当によかったです!気になり時折覗いては、どうかなぁと思っていました。ともに、今を生きましょう!
2. Posted by りり   22.June.2018 16:05
あじさん

メッセージありがとうございます。
おかげさまで、無事にまた日常生活を送ることができています。
入院中にも色々あったのですが、息をつく暇もなく次の課題がきて、
テンパっています。
どうやら危ないところだったようですが、せっかく生かされた命なので、
頑張って行きたいです。
あじさんもお元気で!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字