26.Juni.2018

何年経ってもなるたけ行きたくない場所:

外国人局。

そして、私とオットはどうも、色んなご縁でドイツに滞在させて頂いていると
思ったおはなし。


*


現在私には、EU出身者(=息子)の親としてのビザがおりている。
これで私は滞在にしばらく問題はないが、今回外国人局に行ってひやっとしたのは
オットである。

現在彼は、4人家族を養うには到底足りない収入なのだけれど、
私が息子とつながるビザを持っているので、私・息子で ひとくくりと考えられ、
オットは、オットと娘だけ、2人分の生活費を稼いでいればよい、とみなされて、
1年間の労働許可が下りていた。実際は4人家族だけど。
(しかしながら娘の滞在許可は、なぜか私と同じく2020年まで出ている。
オットと同じ家にいる、とみなされているのなら、本来ならオットと同じ長さの
滞在許可が出るはずなのに。)

今回の更新でもそれが通じるかな、と思いきや、ここにきて
4人家族分の収入がないので、労働許可はおろせません、と来た。

そもそも、今まで「2人(オットと娘)分のみ稼げばよい」とされていた判断は、
役所の手違いだった、と言われる。
…あれ、これ聞き覚えがある。
ドイツにいてはいけなかったおはなしと、赤父のおはなし
本来、オットには労働許可はおりてはいけなかった、とつまりはそういうことです。


さあ私とオット、パニック。オットの職場もビックリ。
寝耳に水とはこのことか。

オットは丁度、来年度に、働きながらの職業訓練をもう一度始めるつもりだから、
滞在許可を学生として取得して、仕事は学生としてできる範囲内でのみして、
生活に足りない分は貯金で何とか補おうか、とかあわあわ考えている間に、
外国人局の方からご連絡をいただき、
どうやらもう一年だけ延長していただけるようだ。

収入は少ないけれど、1年間は貯金で補える、と判断されたらしい。
あとは、外人局のお姉さま方を滔々と説得したオットの人柄。
ありがとうございます…。

役所のミスに助けられて(?)ドイツ滞在しているということでした。
「住まわされている」、「ここに生かされている」そんな気がする。
私たちには、何か、ここでやらなければならないことがあるのかも知れない。
きちんと生きなくちゃ。

*

私個人は、7月末に、専門の特講を受けることになった。
泊りがけで1週間弱、専門漬け。しあわせ。
自分がそこで教えるから来たらどう?と学生時代の教授から聞いたのが
特講開催の1ヶ月前、そこからいきなり参加を決めたので、準備でひいひいしている。
その間、2人の子どもをの世話を含めたサポートを担当してくれるのは
もちろん、オット。
家を1週間弱空けるので、1歳の娘の入眠サポートをどうするか、会議もする。

結論:
ちょっとずつ、おっぱいやめましょう。

文字通り3度の飯よりおっぱいが好きな娘、何とかなるだろうか。
とはいえ、今は基本的に夜しかあげていない。
昼間はだましだまし、水をあげている。が、おっぱいに勝るものなし。

新しい入眠習慣を作ってあげないといけなそうです。
がんばろう…。


br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


コメントする

名前
 
  絵文字