9.Juli.2018



というのは、皆きっと持っていることだと思う。

霊が見える、と言い張って「あの家が怖い!」と演技して過ごした日常があったとか
クラスメイトの鉛筆を無断で失敬して返し忘れたのは自分なのに、
その後 学級会で紛失が取りざたされて、言い出せずに黙っていたとか、
私はやけどしないから大丈夫! とクラスメイト全員の前で、教師が止めるにも拘らず
アルコールランプの火を手でさえぎろうとして、見事にランプを倒して
クラスのみんなに白い目で見られたとか、
スーパーにある透明の袋を、指先につばをつけて湿らせて開けることがかっこいいと思っていたとか、
道を歩いているだけで小鳥が寄ってきて、肩に止まるものだから
お弁当を勝手についばまれちゃって困ると言い張ったとか、



ええ、皆私ですが何か。



もう、思い出すだけで、恥ずかしくて消えちゃいたくなる…。




こういうのを就寝直前に思い出したらもうアウト。
うわあああやめてくれええと叫んで、頭から布団をかぶっても何も変わらないどころか、
弁解をしても家族から胡乱な目で見られるのが痛い。



昔々、そのまた昔、20歳以上年上の人といい仲になったことがある。
当時、当時の彼はいた。
何を思ったか、平行してその独身貴族との逢瀬を楽しんで、
細く長く連絡を取り合っていたのだが、
彼に常識はずれの失礼な発言をしたかどで立腹させてしまい、
暫く連絡が途絶えていたのだが、最近ふと、こちらから連絡してしまった。
で、彼の専門を根本的に馬鹿にした当時の発言について、謝った。

非常に自分勝手だけれども、それで私は満足した。長年胸につかえていたもので。
相手方も、もう私の発言を気にはしていないようだったのは、ありがたいことだった。
また飲もうというお誘いは、「あなたにはもう興味ない、オット以上の人はおらん」
と断った。


私は、オットと一緒にいるのが一番幸せだし、
その独身貴族とは物理的に距離もあるし、偶然にも会う可能性は、ほぼない。
「何か」が起こる可能性はマイナスにふれるほど、ない。

とはいえ、なんとなーくもにょもにょ。
どう もにょもにょかと言うと、そもそも連絡取る必要あった?という点において。




どうやらまた、黒歴史を増やしてしまったようだ。
おばか。


br_decobanner_20111219234918    にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村










コメントする

名前
URL
 
  絵文字