7.August.2018

その翌日が、骨髄摂取。この辺で何の検査をどの順番でしたかの記憶は、完全に曖昧。

覚えているのは、ベッドごと、がらがらと、どこかの部屋へ運ばれ、
ベッドの端に座らされたこと。
私の向かいに看護師さんが立ち、動かないよう両肩を抱えられる。
洋服を上げ、腰付近が出るようにされる。

はい、動かないでねー。ちょっとちくっとするよ。の後


ぶす、じゅじゅるるるるる、ズーーーーーーーーー

という直接的な感覚と音が頭を駆け巡り、ビックリする。
そのまま液を取られながら、


おおおおおおおお!なんか、新しい感覚ですね!


などと叫ぶ私。動くな、と再びツッコミが入る。
…もう、何がなんだか。

検査を終えて、今日はお風呂に入らないでと念を押され、病室に戻る。


ここで現れたのが、世にも奇妙な部長医(Chefarzt)さん。
一人でぷらっと病室に現れ、症状に関する軽い問診の後、

「君、職業は何?あ、そう!楽器弾きさん! うちの病院にもあるよ。
入院中にも弾けるように、受付にかけあってあげようか?いいね!すばらしい!」

と朗らかにおっしゃったが、それなりに重症の髄膜炎患者に言うセリフ?それ。
彼の発言は、この状況に一切合ってない。

この人は、後日私が頭痛にのたうちまわってナースコールを押し、
なぜか現れた彼に鎮静剤をお願いしたとき、

「エェッ、鎮静剤?(←素っ頓狂な声で)あ、えっと、それは素敵な考えだね!
 看護師に言っとくわ!お大事に!」


とぬかしていなくなり、私を呆然とさせてくれた。
本っ当ーにどこか頭のネジの外れた人だった。医者以前に、人間性がやばい。
殺意や怒りすら沸かず、呆然と、このまま死ぬのかな、と思った。

この日、脳波検査EEGもした。この時のことは、全く覚えていない。

*

後日、この日の採血によって出たCRP数値が、31だったと知らされる。

Wikiからの抜粋↓
基準値

  • 正常範囲 0.3 mg/dl以下
  • 軽い炎症などが検討される範囲 0.4〜0.9
  • 中程度の炎症などが検討される範囲 1.0〜2.0
  • 中程度以上の炎症などが検討される範囲 2.0〜15.0
  • 重体な疾患の発症の可能性が検討される範囲 15.0〜20.0


上限振り切ってる。

私、なぜ今生きているんだろう…。本当に、後遺症もなく生きている今が奇跡だ。

この日まではまだ、点滴による治療がなかった。
翌日から、地獄が始まる。

br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村



コメントする

名前
URL
 
  絵文字