31.Dezember.2020

IMG_3493


これがないと、うちは破産する。


中古服店もしくはネットマーケットに入り浸っている私、息子用のデニムはいつもそこでまとめ買いしていた。

息子には冬は二重のズボン(Thermohose)を買っていたけど、それでも二重の布という壁(生地)を破って、威風堂々と帰ってくる。

息子が何をしているかって、校庭の坂・滑り台で膝スライディングを決め、さらにまた廊下で膝スライディングをやってのけるからだ。(何のために…)
まだいうと、追いかけっこで捕まりそうになると、全身で転がってタッチされるのをさけようとする。
あのう、そこは、前日の雨で泥だらけになった芝生なんですけど。
君は、ヒットマンに命を狙われている政府の要人かなにかなのかね。 
(ちなみにうちの車の後部座席には、犬用の座席保護シートが敷いてあります。 
 帰宅時に全身泥だらけでにこにこしている、わんこのような息子のために。)


子どものすること、人様にご迷惑をかけているわけでない限り、いくら大人があほらしいと思うことでも、「するな」というのは、粋じゃない。やるだけやるがいい。
…しかしズボンは、お財布的に困る。


穴をつがっても、暇にあかせて器用に糸をつるつる抜き、しかもちょっと「どうだ、やってやったぞ」と
得意そうな顔をしている息子に、頭痛とため息が止まらなかった。

しかも、穴のあいたズボンを履いたままでも、気にせず登校していく。

母親が穴開きでないズボン履いてるのに子どもがそういう”モダンな”服着てると、
学校でちょっと、家庭に関する心象よくないかも?なんて悩んだ時期もあった。

私個人は、私の服であろうと誰の服であろうと、穴あるなしなぞ全く気にしないんだけど、
他の人から、「あそこのお宅(りり家ではない。)はお母さんばっかり綺麗な服を着ているのに子供には適当だ」とか
そんな話を聞いたので、そんな風に見る人もいるのか、とちょっと心配になったのだ。


そんな時、息子より、何人かの友達がEngelbert Straussのズボン履いててかっこいいから
自分も欲しいとのおねだりを受け、ネットで調べると、
技術系の方々(Handwerker)も重宝している、丈夫で実用的、つまり長持ちするズボンだということが判明。

新品で買ってみようとするも、一本50ユーロは高すぎる。

というわけでまた中古マーケットを探すと、5本90ユーロのお得なものを発見、即購入。

買ったのは今年の5月、夏用の薄手のものと、冬用の二重のものだけれど、どれもまだ穴が開いてない!
もともとちょっと穴が空いていたものも買ったけど、2つめの布はまだ無事だ。
だから貫通はしてない。だから大丈夫。



ズボンに穴が開かないのは、本当に、ありがたい。

私の好みでない、いわゆるブランドものなんだろうけど、こればっかりは抗えない。

素晴らしいです。これからもずっと買う(中古で)。


っていうか女性用もあるので、私も欲しい。
私は、デニムを履いていると、股に近い太もも部分ががよく破けて困っている。
運動しろってことか。あはは。




ちなみに、うちの息子はその激しい運動量から、靴底や靴先を即だめにしますが、
これに耐えられる靴のメーカーはないでしょうか…
 ご存知の方、是非情報提供をお願いいたします。

 

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村



コメントする

名前
 
  絵文字