WG生活

1.November.2011

昨日引っ越した。

平日だということ、私が妊娠10ヶ月なので重い荷物は本当に運ばない方がいいこと、
同居人Aは親指が悪いため、重いものを運ぶのは実はあまりよくないこと、
同居人Jo氏は、2歳の彼の子Ju君がいるためいつも目をかけていないといけないこと
何より私たちの住居は6階でエレベータもないということ
という、問題が山積みのお引越しだった。

しかし、
・平日→二人の仕事の後に作業開始
・妊娠10ヶ月の私とJo氏の息子Ju君が、荷物運び出しの時に一緒に遊ぶことで、問題解決
・同居人Aは親指にプロテクター装備
・本当に重いものはJo氏に任せる、もしくはAとJo氏で運ぶ

という感じで、なんと1時間ほどで全て済んでしまった。
私には毛布などしか運ばせてくれなかったのにだ。

2人とも汗だくで、顔真っ赤にしながら運んでくれた。
そして、私の新住居が激しく気に入ったようだ。
特に、塗装屋の資格を持つAは
「まあ、なんて素敵な床!ラミネート加工じゃなくて本物の木だよこれ!」
と床をふみふみ感動していた。
実は、じゅうたん床が良かったな…と思っていたのが、彼女の一言でアッサリ気に入った私だった。

holzboden

しかもAは後日、物干しやシャワーカーテンの軸が必要な私のために車を出してくれるそうだ。
いつでも困ったら言ってね、うちのWGにはまだまだ物もたくさんあるし、
何かあげられるものがあるかも知れないから!本当にいつでも頼っていいんだから!
と何度も念を押してくれる。 

去り際に、「新しい住居の新しい夜に、いい夢見てね!」と言ってくれた。
これは私がWGで初めての朝を迎えた時に質問されたことと同じで、
新しい住居でいい夢を見ると、その住居でいいことがたくさん起こる!というジンクスらしい。

(見た夢は、家族から逃げるためにぴょんぴょん跳んで逃げ回るという謎の夢だった…。)

一人ぼっちになった夜は、信じられないくらいやさしい二人に助けられたことをありがたく思って涙した。
そして寂しい。ホームシックになったことなんてないのに、WGシックとでも言うべきなんだろうか。
やばいくらいの静寂に、しょぼーんとしてしまう。 
子供が生まれれば、この静寂が恋しくなるんだろうけれどもね。

なんだかいい人やいい住居、たくさんの好意に恵まれすぎて、ありがたい。
本当に、いろんな人にいろんなことをしていただいてばかり。
早く、何らかの形で恩返しができるようになりたい。一生かけて返し切れるのか!?
がんばります!

さびしく一人暮らしを始めた私へ、ちょっとした応援をお願いいたします…。
br_decobanner_20110923052118



25.Oktober.2011

・りんごとバナナ
 がないと、がまんできない。
妊娠前から今までほぼ全く食べなかった2つだが、今や中毒と言って差し支えない。

・手首痛→二の腕痛
 神経が、腕の管がびりびりと痛い。この状態で、ちゃんと赤をだっこできるのか。

・仰向け
 最近また、仰向けでも寝られるようになった。あんまりお腹が重いとは思わない。

・胎動
 相変わらず激しい。ご飯を食べた後がものすごい。
私が今さっき食べた物が、ちゃんとお腹に送られていると実感できる、嬉しい胎動だ。
 朝起きて声をかけると「なにさ…」と寝ぼけた様子で少しもぞもぞしてくれるのも可愛い。
そのうち目覚ましが鳴り出すと「このうるさいのをなんとかして!」とばかりに
ぼごんぼごんと動き始めるのがまたたまらん。もう、外の様子がよく聞こえているんだね。

お腹の皮が薄くなってきたように感じるのは、中身が大きくなってきた証拠かな。

・CTG(胎児の心音検査)中
 静かな部屋での検査だが、誰かが喋りだすと135前後の心音がいきなり160ぐらいに上がるのが楽しい。
外の様子に耳をそばだてているようだが、それ以前にうちのお腹の住人は、けっこうビビリなのかも知れない。
私も急に声をかけられたりつつかれたりすると、本当にビックリする。親子でビビリでどうするの。

*

出産する病院の女医さんの所へ、ご挨拶という名の診察に行ってきた。
待合室に手術をする服で現れ、挨拶をした後に颯爽と去っていってそれっきり。お忙しい。
とはいえ、心やさしい感じの人だったので嬉しかった。

30分くらいCTGをして、更に超音波検査でへその緒の状態や羊水の量を検査。
胎児は今、2700gくらいらしい。もうそんなにデカいんですか、と驚くと、普通ですよと返される。
検査してくれた技師さん(女医さんではない)がロシア系で、非常~にゆっくりとしゃべる
おっとりしたご婦人だったので、その雰囲気に呑まれてこちらもリラックスできた。
いいなあ、この産院。

初の出産ということで心配してくれた技師さん、何かあったらすぐにタクシーか救急車で来るように言ってくれた。
陣痛がきたら産院に電話して指示を待つもんだと思っていたのでそう質問すると、
電話はするな、とにかく来いとのことだった。
 ちなみに救急車はお金がかかる。私が呼んだんでなくても、私が運ばれれば私が払わなくてはいけない。
保険で立て替えてもらえるそうだけれども、10EURは払う必要があるらしい。
保険に入っていない場合は、300-600EURだそうな。
怪我が治ったころに請求書が来るのはおそろしいと思う。


ここの助産婦さんが出産準備コースで、ある程度家で痛い思いをしてから来てね、と言っていた。
本も読めない、呼吸も辛い、誰とも喋れない状態になったらいらっしゃいとのこと。
ばっちり化粧もして涼しい顔で来た人は、割とあっさりおうちに帰されるらしい。
(経験豊富な助産婦さんは、妊婦を見る目があるから怖い。)
やせ我慢はやめて、この世の終わりだというくらい思いっきり痛がろうと決心したエピソードだった。
痛さは機械では測れない、とも助産婦さんは言っていたしね。

ちなみにうちの産院は、バースプランなるものは作らない。
プラン通りにお産が進めばこんなに楽なことはない、という理由。つまりその通りには行かない。
臨機応変に、楽な体制を見つけたり必要な処置をしていくスタンスのようだ。
すばらしい!(私がプランを作るのがただ面倒なだけです)

*

同居人Jo氏は料理がうまい。更に、分量を考えず大量に料理を作ることがしばしばある。
というわけで、ご相伴にあずかった。

eintopf


このスープが、有り得ないくらい非常に美味かった……!!なんなのこれ!ブイヨンではない!
彼のお母さんのレシピだそうな。何が入ってるのか聞いてみなくては。
見た目からすると簡単そうだけれども、やっぱり薬味と、入れるタイミングって大事だろうな。
豪快に入れられたヴルストからも、いい味が出ているに違いない。

WG生活では料理の上手な同居人(しかも男性)と縁がある、あまり料理のうまくない私。
いつも作っていただいてばっかりであります。あなた作る人、私食べて洗う人。
ごちそうさまでした!またよろしく!

br_decobanner_20110923052118 


17.Oktober.2011

同居人のドイツ人Jo氏の、節約へのこだわりについて謎がある。

洗剤をわざわざ水で薄めて使い、汚れた食器をある程度溜まるまで洗わないことで水を節約する割に、
なぜラジオや暖房をつけっぱなしにして出かけたり、大量に買い物をして食材を腐らせるのか?

トイレットペーパーを買ってくることは一切ないが、私によって新しく買われた時は
数ロールをこっそり部屋に持って行っている、とかもある。私は数えてるぞ。笑
部屋でおしり拭いてるのか?(・∀・)それはトイレ滞在時間の節約にあたるのか?
そんなこんなで節約に対する着目点が私と一致しないので、微妙にもにょる時がある。
たまに私の食材スペースにある卵が減ってたり、開封してない牛乳が開いてたりもするんだぜ…(´・ω・`)

私がじきに引っ越すからもう本人にはツッコまないけれども、
この小さなもにょりが産後のいらいらで膨張した時の精神状態をシミュレーションしてみると
やっぱりWGで赤を育てるのは難しいだろうな…と思うのだった。
住居が見つかってよかったな。ありがたい。
Jo氏的にも、色々と細かい私がいなくなると、少し楽になるんじゃないだろうかw

*

日曜日。
普通、どこのお店も閉まっている日曜日。

昨晩から、Butterbrezel(Brezelにごっそりバターが挟まれているもの)が食べたくて仕方がなかったので、
何と日曜日にも3時間ほど開いているパン屋に買いにいく。
焼きたてBrezelのいい香りに、顔のパーツが崩れるほどにやにやしながら完食。

朝は吐く息が白いくらいの寒さ、3℃だったのに、昼間は15℃。日が暖かくていい感じ。
よって、普段は歩かない通りへお散歩に出かける。
するとなんと、またも日曜日なのに開いているカフェを発見。
ハチミツにたかるハチのようにふらりと入店、数多くのケーキに目を輝かせ、ついにひとつ買ってしまった。

これが平日なら、絶対に立ち寄らないのに…。日曜日の誘惑だ。

sonntagkuchen

しかし、甘酸っぱいフルーツとその下に挟まったこれまた甘酸っぱいベリー、
甘すぎないパウンド生地にはやられた。美味しすぎる。ここは本当にドイツか。
また行くことにした。2週間に1回だけと決めて!


何だか久しぶりにこの町が美しく見えて、ドイツにいる幸せをかみしめ、心から寛いだ日曜日。
こんなに心が安らかになって、頭が色々な悩みから解放されたのは久しぶりだ。
もちろん、出産までにまだ片付けなければいけないことはあるけれど。

赤も相変わらず元気だし、私も健康だし、もうすべて、あらゆることに感謝です。

いい日曜日が過ごせてよかった。来週も頑張ろう(`・ω・´)

ここに、押されたいボタンがあるようです。
br_decobanner_20110923052118
 


17.Mai.2011


先週、同居人Aと物置掃除をした。

そこで、以前住んでいた日本人が残していった2,3個のダンボール箱を発見。
彼は、2010年に荷物を取りに来る、と言い残し音信不通になったそうだ。
Aが容赦なくばりばりと箱を開けていくのを、罪悪感と一緒にわくわくしながら眺めた。

するとなんと

食料品。

…食料品がね。
meshi
こおんなに。

目が輝きだした私に、彼女が「彼もう戻らないだろうし、食べちゃったら?」と
ストッパー解除発言をした。ええそれは喜んでいただきますとも。

ほぼ全部1年前に賞味期限切れを迎えてはいるが、君たちの魅力は変わらないよ。
食べるよ。ありがとうございます先輩。怒るなら謝りますが、許してください。
コンビニなら廃棄処分になってたところなんですよ。
ひとつだけ残念なのは、そばとうどんとラーメンがなかったことです。 

okonomi

お好み焼きなんて数年ぶりに食べた。美味しかった……!!
なんだか2人前と書いてあったけれど、カロリー等を鮮やかに無視して完食。
豚バラ肉の代わりにベーコンを入れたが、入れない方がいいな、と思った。
なぜドイツには薄切り肉が存在しないのか、問いたい。問い詰めたい。

パスタソースは、今はもう既に存在しない。たらこパスタが特に美味しかった(・∀・)+

そういえば、ホッカイロも入っていたので、これもいただいた。嬉しい。
Aにホッカイロの説明をしたら、「お湯が無くてもあったかくなるの?」と興奮していた。
そういえば、ミニ湯たんぽみたいなのはあるが、砂で暖かくするのはないね。
使いきりだと説明するのは忘れたが、冬になったら彼女と一緒に開けようと思う。

赤登場予定日が11月だから、病院行くときとかにお腹にはさんでいこう。
わくわく。

ちなみに彼は、数冊の日本の銀行通帳とハンコも放置していった。危なっかしい人だ…。
衣類、辞書、年賀状(彼は色々な所を転々としていたようで、実家すら特定できず)、
ふたり○っちもあったwこんなに置いていったら、生活に支障が出るんじゃないだろうか。
もうドイツにはいないらしい。彼はどこに行ってしまったのだろうか。

*

先日作ったあんこに砂糖と水を足して、少し煮詰め、白玉も足して、しるこにした。
siruko
うまい うまい うまいよおおお!
あんこ! あんこ! あんこ!!

あんこには鉄分が多いらしい。糖分も多いけれども、きび砂糖だから許してほしい。
ごちそうさまでしたっ! 
 


18.April.2011


朝からまた焼きりんご、昼にはじゃがいも団子(失敗、ただのもっちりマッシュポテト)、
夜にはごちゃまぜうどんを作った。


じゃがいも団子作りを興味しんしんで眺める同居人Jo氏に、
これはホッカイドーの名産品で美味いんだよ、と説明した後、突然気付いた。

私たぶん一度もじゃがいも団子食べた事ない。

そんな私の作ったじゃがいも団子未遂をみてJo氏がひとこと

「Kartoffelknoedelみたいだね」
400_F_12559927_q4vQkHISleAo6F4lVA4W6fBLb2zGyTUf
 
↑参考画像。右の玉がそれ


…確かに。ゆでないけど、作り方はほぼ一緒。
ちょっとえらそうに、食べた事もないじゃがいも団子を自慢した自分が恥ずかしかったw
つぎに美味しく作ることができたら、今度こそ自慢する(`・ω・´)
磯辺焼きみたいにしたいのだ。

*

夕飯に作ったのがごちゃまぜうどん。

udon
 
中身
・Kopfsalat(キャベツとレタスの相の子みたいで、レタス寄り)
・なす素揚げ
・ねぎ
・半熟たまご
・うどん
・めんつゆ

右下の緑色がKopfsalat。生食用だとは思うが、あえてゆでてみた。
なすの素揚げつゆ浸しとうどんを同じ皿にすることで、つゆを節約できる。
つゆの値段が高いから余すのがもったいなくて、ならいっそ、と混ぜてみた。
てんぷらうどんみたいで美味しかった。

ドイツのたまごは菌があぶないから生で食べちゃいけない。
しかも自分は妊娠中で生製品NG。それにも関わらずそういえば何を食べているんだ私は。
黄身は生だった。あうあ。美味しかったです。

*

朝ごはんの時、Jo氏はキッチンの小棚の中に何が入ってるか教えてくれた。
ちょっと高いところにあるため、何が入ってるか知らなかったのだ。
WG共同で使っていいものらしく、ベーキングパウダーやパン用の砂糖、
バニラが入っている。最後の引き出しの中には、つまようじとコンドーム。



  なかま はずれは どれかな? あててみよう!



ごく自然な笑顔で全部紹介してくれたJo氏が怖いと思った瞬間だった。
ちなみに仲間はずれさんは非常用とされている。前の住民♀が置いていったものらしい。
楕円形のなんて初めて見た。どういう人向けなんだろう。

どうでもいいけど、使う場合は一度キッチンにこなきゃいけないんですね。
これはすごい羞恥プレイだ。



13.April.2011



口座をみたら、今週末振り込まれると予想していた給料が既にそこにあった。
今までちょいと節約気味だったし、これは自分にご褒美やってしまおうということで
やってきましたアジアンショップ。

梅干はあるわ(7EUR)、のりはあるわ(3EUR)、わさびはあるわ(3,2EUR)、
ごましゃぶのたれはあるわ(5,8EUR)パラダイス。
億万長者なら右から左まで買ってる絶対。
でも100均で見る唐辛子が2,8EURとかはないよ。
コンビニで見るちまーい大福3個入り(しかも冷凍)が3EURとかぎゃくたいだ。
輸入品おそるべし。…でも多分2EURなら買ってた。大福だいすき。


今日の収穫
・乾燥うどん(2,8EUR)
・冷凍納豆3パック(3,9EUR)
・昆布つゆ(5,2EUR)

いやしかし興奮すべきは納豆です納豆納豆。からしもついてる!
本当はほかほかご飯と一緒に食べたかったんだけども、炊けるまで待てないので
うどんをゆでて、ねぎを添えて食べることにした。

nattonatto

もうこの臭い、この粘り気、この味!
口に入れ、目を閉じ鼻で複数回呼吸を繰り返してから、引き続き食道に味わわせる。
うわあもう大興奮。うどんも美味いしもう どのポイントに感動していいのか分からない!

…とそこで友人から電話。街中に出ておいで、と。

う。

と思ったけれども友人もだいじなので、また引き続き、今度は急いでかきこむ。
もうちょとゆっくり食べたかったけども、まあいい。
どんな速度で食べようとも、納豆うまい。これは変わらない!

ちょうリッチなお昼ご飯、納豆うどんを、たったの10分で食い尽くしてしまいました。
いやあセレブだな自分わはは。

*

友人と一通りくっちゃべって帰宅、わくわくしつつ冷蔵庫からりんごムースを取り出した。
一昨日買ったやつで、すんげ美味いのでパンに塗って食べるつもりだった。


 そこに はかったように こびとが あらわれた!!
 こびとは たべたそうに こちらを みている!!

じっ・・・・・とりんごムース瓶から目を離さないJu君。
「これ? りんごムースだよ。見てみる?」と手渡してみた。

「ぱぱ、りんご」
と、ちっさな片手で瓶をわしづかみ、いきなしパパの部屋へ走り出す!
物凄い不安定な足音な上に、瓶落としたら割れるし、それにつまづいてこけたらあわわ
と必死で追いかけ、彼のパパにいやそれ私のりんごムースなんだよと言いつける。

パパJo氏はJu君に運んできてくれたお礼を言ってから瓶を返してくれ、
更に彼の作ったパスタサラダをすすめてくれたので、お言葉に甘えて食べることにした。
キッチンに戻ってサラダをよそってもらっている間、Ju君はりんごムース瓶ガン見。
そして私をも見つめる。つぶやく。

「りんご、たべる」

負けた。
パパに、イヤなら断ってね、といわれたがあなたの視線を受けて断れましょうかJu君よ。
その満面の笑みが見られるならもう私はどうなっても結構です、とか幸せな気分になって
彼が一生懸命スプーンですくって食べてるのを眺めた。

気付いたら、ほぼ満タンだった350ml瓶が、からになってた。
食い尽くされた。明日の朝ごはんはりんごムース抜き(´・ω・`)


まあでもいいんだ。
条件として、君のパパに、先日食べたりんごケーキを作るように強制しておいたから。

なんだか子供のおいしいとこ取りしてるみたいでパパに申し訳ないが、
Ju君と接する度に、人様の子がこんだけ可愛いんだから、うちの子はどうなるかなあと
ちょっと妄想できるので幸せだ。
子供は天使だー!猫も天使だけど!w
11月がちょっと楽しみだ。…産めるといいな。



12.April.2011

昨日は23℃、一昨日は25℃以上、今日は12℃。
そして最低気温は3℃。なんだこの気温差は。

早朝から、これは酷すぎるだろうという天気の変化。

かんかん照り数時間
雨あられ、気温超下降
かんかん照り数時間
雨あられ強風
太陽あらわる
雨あられ
曇り ←今ここ。とても寒い

この後また晴れ上がって夕焼け見られるかも知れない。

*

昨晩からPfannkuchen(ホットケーキとクレープの中間みたいな)作りにはまっている。
昨日は生焼けだったけど、今日はうまくいった。

焼いている私を目ざとく見つけた同居人の子、2歳のJu君、
出来上がってゆく生地をガン見。

彼はペンネやスパゲティが大好き。寧ろ主食。でもパスタにソースをかけると泣き喚く。
だから、多分炭水化物系に目がないんだとは思うけども

「ごはん、ぼくの、ごはん」

と言ってできあがったKuchenを指差す。
人様の子に許可なく与えていいものか迷ったが、パパJo氏からのGoサインが出た。
ちょうもりもり、おくちにいっぱい詰めつつ食べてくれた。ちょっと嬉しい。
その後彼自身のおやつを食べてたけども、またも

「ぼくのごはん」

と言ってKuchenを指差す。
パパが、りりのだからだめ、Juはもう自分のがあるでしょう、と嗜めてもだめ。
ぐずる。
こりゃ冥利に尽きるな、と思いつつまた与えた。
そして減ってゆく2枚のPfannkuchen(デザート用)。今日は3枚焼いて、
そのうちの1枚は中にソーセージとトマトソースぶちこんでクレープっぽく食べた。

その後、彼の食べ残しであるわずかな量をデザートに食べた。
少なくとも生焼けじゃなくてよかったと思った。
とかいって明日Ju君がお腹下してたらどうしましょ。そんときゃそん時か。

更にその後またもJu君はKuchenを探し、カラの皿を見るやガン泣き。
「ぼくの! ぼくの…! うあああん」と所有権を主張なさっていた。
同居人の犬にも当り散らし、うんこすわりしてカラの皿を指さし涙流しガン泣き。
今日の彼の見た目がルークスカイウォーカー(スターウォーズの金髪の子供?
あってる?)にそっくりだった上にそんな劇的なポーズとるもんだから、
何だか映画の一幕を観てるみたいだった。
彼にとっては相当ショックだったんだろうなあ。そんなに美味かったかい。

嬉しかったよ。また焼くぞー。



9.April.2011


うちのWGには頻繁に2歳のJuくんが来る。
同居人Jo氏のお子様だ。彼は未婚、元彼女と共に子供を育てている。
Juくんはママ、パパ、おばあちゃん×2、幼稚園を行ったりきたりしているそうな。

で、この週末になっておばあちゃん(Jo氏ママ)もJuくんと共にWGに現れた。
おばあちゃんとはいえ、溌剌としててきれいな人よ。
Rouladeと、しかもリンゴケーキも持参。

彼女の到着直後、みんなしてママのリンゴケーキ堪能。
体が糖分を欲している時期でよかった。うますぎるよ手作りケーキ!!
カフェイン入ってるから避けてた紅茶も飲み、2切れ平らげた。

何ていう名前のりんごケーキなのかは謎。
Jo氏曰く、彼のうちではりんごケーキというとこれを指すらしい。
ナッツとシナモンと…ともう忘れたけどBioな材料からできてる健康的なお菓子。

apfelkuchen
食べかけ注意 
 

そして1時間後、Jo氏の元彼女さんも来て、総勢7名でお夕飯。
パスタにSauerkrautに、めっちゃこくのあるソースに浸かったRoulade....!!!!!
おしゃべりしてる皆様を完全無視、食べることに熱中する自分。
いつもは食べるのが圧倒的に遅いんだけど、今回はもう1番最初に食べおわり、
更におかわり。
元彼女がJo氏に「私あなたのお母さん大好き。彼女が料理するときは
と真顔で言っていて、思わず皆で目配せしてしまった。
嫁姑問題だろうか。結婚してないけど。

こんなに大勢でご飯食べるの、引っ越してきてから初めて。
多分ここの住人(4名)が揃ってご飯食べるのも初。新鮮だった。
そしてJoママはまたOsternに現れてくれるらしい。
ちょっとちょっと、これはもう絶対に在宅してないと! 期待値1000!!

*

満腹! になったにも関わらず棒フレークチョコを平らげ、
さらにイチゴにも手を伸ばす。これは食べ過ぎだよ。
お腹が少しいたくなったけど、ぴぃはせずに済んだのでよかった。

お酒を全く飲む気にならない自分にびっくり。
5,6年以上毎日ぶっ通しで酒飲んでたくせに、ふしぎ!