妊娠してます

29.Mai.2017


もう今週で33週目も終わりで、お腹はぱんぱん。
腹囲は104cmにもなっているのに、周りのお母様方からは
「ええっもうすぐなの?お腹小さいね!」と驚かれる始末。
確かに、お腹がぽろっと取れちゃいますよ!というような大きさの妊婦さんも多い、ドイツ。


我が家は、先日やっとぱぱ氏の就職先の見当がついた。
とはいえ、収入がかなり少なく、家族4人を養うには到底足りない。
そこでは、2年その低収入で働けば、3年目にはもうちょっと増やしてくれる
保証があるのだが、それまで、貯金が持つだろうかと心配している。多分むり。
だからこそ、私も彼も副業をする必要がある。

そして、今の住居から出て、その職場の近くに引っ越さなくてはならない。
しかも、私の出産から2週間後に。

そもそも、そこの職場で働けるかの許可を出すのは外国人局。
しかも酷いのが、最初から、最低でもこれくらいの収入のある職場を探せ、
と決まっているのではなく、まず職場からの受け入れ通知と、
それに付随する新しい住居等の書類が全部揃ったら、
初めて、労働許可を出すかどうか審査します、というもの。
…ということは最悪の場合、引越しも終えて仕事を始めようとしてから「許可出せません」
と来たら、全て白紙に戻さなくてはならない。不条理。

困ります。とはいえ、やってみないと分からない…。
胃が痛くなりそうだ。


私は私で、予定日まであと2ヶ月を切った所になって、いきなり仕事の依頼が入る。
今回の本番は、予定日の5週間前と2週間前に一回ずつ入りそうなのだが、

な、中の人大丈夫…? 待てる?

今回は早く出てくれた方がありがたいとか言ってましたけど、待ってくださいね。
でも仕事への復帰を考えると、早目がいいです。
とはいえ、絶対今回は予定日より前に出てくる。そんな気がする。


私の仕事は、私が先ゼメスターで卒業した大学でのもので、
次ゼメスターからやってくれ、と個人で頼まれている仕事がある。
その内容によっては、数日家を空けなくてはならない。
…その頃3ヶ月の赤子、どうしよう。
まあもちろん連れては行くけど、うーん、もう取り敢えずやってみるしかない。
今がチャンスなのだ。これを逃したら、大学との関係をもち続けるのが難しくなる。


6年前に較べて今回はきっと平和な妊婦生活…になる訳がないのが私の人生らしい。
(もしかして6年前の方が平和…もにょもにょごっくん)
でも、誰でも大なり小なりきっと悩みはあるし、私だけ特別しんどいという訳じゃない。

私たちの所に来るのは、私たちだからこそ乗り越えるのが可能な試練!
これを乗り越えたら、また一皮向ける!大丈夫!!

こんな所で折れてたまるか。私が負けるはずがない。頑張るぞ。


しかしながら、くっそー、男っていいよなあ、妊娠によって仕事を請けるか請けないかとか、あらゆる選択肢で
悩まなくていいもんな、とか思います。ははは。(歯軋りしつつ)

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


6. März.2017

2人目がいざ産まれるという段になったら、5歳の息子のことをどうしようか考えている。

義母は病気だから来られないし、私の母にはそもそも妊娠のことも知らせていない。
私自身、身の回りのことを人にやってもらうよりも自分でやるほうが気が楽なので、
それ自体はいいんだけれども、問題は息子なのだ。というわけで
もし真夜中に陣痛が来た場合には

1.息子も叩き起こして、3人でタクシーで産院へ向かい、私が分娩室にいる間は
 ぱぱ氏と息子は待合室で待つ。(息子がそこでも続けて寝られるような準備はしていく)
2.息子を寝かせたままで私がまず一人で出発、夜中でも動ける友人が
 我が家に駆けつけてくれるまでぱぱ氏自宅待機、彼が到着し次第ぱぱ氏も産院へ
 翌朝、友人に息子を産院へ連れてきて頂く、もしくはぱぱ氏が家へ戻る

…などなど。
私自身にも6歳年上の兄弟がいる。そして、午後の16時頃に産まれている。
というわけで、兄が幼稚園にいる間に全て済んだんだろうなーと思う。
今の私たちにとって、一番楽な出産になりそうなのは、

早朝に陣痛→私が一人で産院へ→ぱぱ氏が息子を幼稚園へ送り、その後産院にて合流
というパターン。
頼むよ、中の人!

*

私は息子を産んだ当時シングルマザーだったので、出産はこんな感じで進んだ。
簡単に言うと、産院に行くのも出産も、全て一人(+助産婦さん)でしたのだ。
陣痛の時も一人で堪えたし、産まれてからうちに戻るのも一人。
今はぱぱ氏と息子がいるので、他の人と迎える出産というものがどういうものか分からない。
(もちろん息子は分娩室に入れないが。)
陣痛のときに誰かが自分の隣にいて、一部始終を見てるってどんな感じだろう…と、
むしろそこが不安なのだ。

特に、陣痛で苦しんでいる時にパートナーに精神的な支えになってもらう、という
経験がないので、ぱぱ氏に「出産のときべつに来なくていいよ」とか言ってしまった。
でも結局、とあるお父さんがぱぱ氏に
出産の時は何もできなくとも分娩室にはいておかないと、奥さんに一生恨まれるぞ!
とアドバイスしていて、それが私の腑に落ちたので、同席してもらうという方向で考えている。笑 

とはいえ、腰をマッサージしてもらってもあまり変わらない気がするし、
気を遣うつもりで声をかけられても、それにキレて怒鳴ってしまうかもしれないし、
…ぱぱ氏は血を見ると失神する人だし。(採血もベッドに横たわった状態でないとダメらしい)


それこそ、‘案ずるより産むが易し’ なのだろうな。
今週も健康に過ごせますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村   br_decobanner_20111219234918

13.Februar.2017

1月のプレゼンテーションラッシュを終え、卒業試験を経て、
実に8年越しにて修士課程を卒業することができた。
その1週間後、新たな入試を受けたのだけれども、ポカして撃沈。
ご縁がなかったのだと諦めるしかないのだろうけれども、
失敗が未だに悔やまれる。
ここでまた入学できていたら、教授のアドバイスを定期的に受けながらの研究を続けられたのになあ。


全てを終えて、ある程度具体的な今後の目標も決めて、
さあ次への準備だ、とすぐに取り掛かりたいのだが、どうもやる気が出ない。
もちろん、息子の送り迎え、家事一般はやるが、それ以外はまるでだめだ。
ぼーっと雑誌を眺めたり、ずーっと寝たり、壁の一点をしばらく見つめたり。

卒業試験が終わったら、心から楽しいことをたくさんやろう、とリストアップまでしていたのに、
そのリストも今やまったく魅力的には映らない。
(映画をたくさん見よう、とか手の込んだお菓子を作ろう、とか)
2,3日ほど、パズルやクロスワードパズルに没頭したけれども、
途中でふと、空しくなってやめることになる。

再び専門の大学に入学してから2年、物凄く集中して勉強しただけに、
一先ずの大きな目標であった卒試を終えてしまうと、どうも全てが空しい。
全く違う方向に進めるように新たな勉強を始めようかとも思ったのだけれど、
魅力的なものは見つからない。

生きているうちに、ずっと追い求め続けられるような目標がないとだめなんだと思う。
その為だったら、毎日モチベーションを持って活き活きと生きていける。
その場限りで楽しめるもの(パズルとか)を続けて、時間を潰しながら
その日限りを生きていく人生は嫌だ!とふと思ってしまった。
(飽くまで個人的な意見ですので、どうかここには噛み付かないでくださいね…。)

毎日を、きちんと集中して生きていかなくてはいけない、と思う今日この頃。

*

ちなみに、我が家に7月末頃に新しい家族が加わることが分かった。
必死でHebamme(助産婦)探しをするもどうも手遅れだったらしく、30人以上の
お断りをいただいて、さすがに凹んでいる。お断りの理由は、キャパオーバー・休暇。
休暇って、7月に産まれる赤ちゃんって気の毒だなあ。うちのもだが。
前回お世話になった素晴らしいHebammeさんは、もうこの町にはいないのが残念。

探しているのは、Nachsorgehebamme.(産後に家まで通いで来てくださる助産婦)
妊娠12週までには見つける!というのが最近の常識らしいのです。
12週までって不安定な時期なのにな…と思ったり思わなかったり。うーん。
私の探し始めは15週。この時点で、もう誰もいない。

一応、出産後もHebammeが見つからない場合は、Praxisに連絡をして、
そこで運がよければお時間のあるHebammeを派遣してくださるそう。
…もう最初から、今回はなしでいいや、と諦めるほうがいいのかもしれない。
とはいえ、引き続きゆっくり探そうと思う。
がんばります。

*
dango

団子、作りました。

アジアショップで1,5€で買ったKrebreismehl 200gに200ml弱のぬるま湯を混ぜてこね、
団子の大きさにして沸騰したお湯に入れ、浮いてきてから1分更にゆで、ざるにあげる。
Grillspiesseにさして、手作りきな粉、そしてみたらしをかけたら出来上がり。
7串分くらいできました。

結構簡単に作れたので、大満足。うまれて初めて団子を食べた息子も、大満足。
日本のスーパーに売ってる団子よりやわらかくておいしかった、というコメントも頂いた。笑
ただ、かなりお腹にたまったので、お夕飯は軽く食べることになりました。ごちそうさま。

br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村
にほんブログ村

13.Dezember.2011

産んだ後の個人的な意見なので、よろしくお願いします。

・妊娠線予防オイル
肌質にもよりそうだが、オイルよりも尿素入りクリームの方でよかった、と思う。
というのも、妊娠線対策オイルは一様に高価だから、けちって少量ずつのみ使うことになってしまう。
一方尿素入りクリームは安価なものから手に入るため遠慮なく使えて、更にお肌もしっとり。
というわけで妊娠線は、できなかった。

・会陰マッサージ
痛くて不快な思いをしてマッサージした割に裂けたので、効くか否かはわからない。
出てくる胎児の格好によっても裂けるか否か決まるので、こればっかりは運だと思う。
よって、もし次に妊娠した場合はもうマッサージしないことにする。

産後、会陰切開の傷は、痛み止めで抑えられるので、正直想像したより痛くない。
それ以上に酷いのがイボ痔の痛みだ。こっちを何とかした方がいいと思う(何ともならないがw)。

・煙草
妊娠発覚後の10週目にしてやめたが、本当によかった、それだけの価値があった、と
ぐっすり眠る息子の寝顔を見ながら思う。
10年間のヘビースモーカー生活が終わったら、お金がめちゃくちゃ貯まるので驚いている。

煙草を吸っていても健康な子供が生まれるらしいから大丈夫、吸い続けて問題なし
母体にストレスが溜まるほうが大問題! と言う人もおられるが、
産んだわが子を見て微塵も後悔しないという確信があるなら、吸い続けるといい。

ちなみに元同居人Jo氏の息子Ju君、パパもママも喫煙者。
Jo氏に至っては窓辺でとはいえ室内で煙草を吸うため、家具にもう煙草の臭いが染み付いている。
廊下やキッチンで楽しく遊んだJu君、Jo氏の部屋に入ったとたんに咳き込み、
遊びながらもずっと咳が止まらない。

子供のせいではないのに、子供が苦しむ。

自分の子供にはこんな思いを味わわせないように、日々を過ごしたい。
未だにたまに吸いたくなるが、そういう時はしあわせそうな息子の寝顔を見て、
煙草をやめることができた自分を褒めるのだ。

禁煙に関しては、周りの人がいくら脅したりすかしたりしてもだめで、
本人がやめようと思わないと成功しない。

そして、煙草をやめたほうが、新生児のいいにおいを堪能できてよいと思います(*´ω`*)シアワセー

*

息子といると、前のように、気が向いたときにすぐに出かけることができない。
ベビカーを押していると、入り口に段差のある店には入れない+入りたくない。

ちぇ、お前さんのお陰で行動が制限されるじゃないか、と文句をいいつつも
小さい手で指を握られてにこっとされると、そんなことはどうでもよくなってしまうのだ。
赤子かわいいよ赤子。
喚かれても、顔を引っかかれても、小便を引っ掛けられても、寝息を聞いているだけでしあわせだ。

ぽちっとしていただけると、更にしあわせです。
br_decobanner_20110923052118

14.November.2011

そういえば私のお腹は妙に四角い。(動画からの画像なので荒いです)

rechteck

どっちがお腹だかわかりますか。左がお腹です。
妊婦のお腹は、横からみたらもっと丸いものではないのか? なぜ絶壁なんだい。

どんな格好で入ってるんだ中の人は。

13.November.2011

ドイツではだいたい、妊娠8ヶ月あたりから3週に1回、
10ヶ月から出産まで2週に1回の健診…らしい。
が、うちの先生はどうやら慎重派らしく、10ヶ月に入った所で週1の検診となった。
毎度やることは、CTG(NST)と子宮口チェック、膣に細菌がいないかのチェック。

気になるのが破水から始まる出産なんだが、赤の頭がばっちり骨盤にはまってる(蓋をしてる)から
絶対にその心配はないわ!と毎回先生に言い切られているので、大丈夫らしい。

もうかなり前から、妊娠7-8ヶ月あたりからあったに違いないわけだが、
40週目にして初めて「あら、あなた痔があるわねー」と気付いていただいた。
それにしても、下痢も便秘も全く無いのになぜいぼ痔ができるのか聞いたら、
胎児の圧力でなる、そして出産後に治ると返ってきて一安心。
いぼ痔があると、お通じの際に異常な量のトイレットペーパーを消費せずには汚れを全てふき取れないのだ。
何度はさみでちょっきんしてやりたいと思ったことか。

*

近頃、夜中に ずきっ と下腹に差し込みがあるようだ。
なぜ確実ではないかというと、寝ぼけているからだ。
「痛いような気がする…けど眠いから寝続ける…」
という感じで毎晩、習慣化した1回のトイレ起きを除いては、7-8時間熟睡している。
引っ越して以来とっても良く寝付けるようになったのはなぜだろう。寒くなったからだろうか。 

トイレ後にもぐっすり眠り続けるポイントは、意識して寝ぼけながら、そして電気は点けないことだ。
電気は点けずトイレに向かい、全部手探りですませ、夢見心地でベッドに戻り、寝る。
(私は一人暮らしなので、夜中はトイレも流さないで蓋だけしめる。うるさくて目が覚めてしまうから)
すると、朝起きても、自分が夜中にトイレに行ったか否かよくわからない。そのくらいでいいと思う。

*

近頃泡を食って、1歳前後からの託児所探しを始めた。
本当はいつも間近で赤の成長を見ていたいんだが、シングルマザーは働く必要があるのだ。
うちの周辺では、一つの託児所がだいたい10人前後の受け入れ。
そしてもちろん順番待ちリストあり。

問い合わせてみると、妊娠中からリストに入れる所と、出産後でないと無理な所がある。
意外と、出産後に母子でよーく知り合ってから申し込んでくれ、と言われることが多かった。
なので、出産後「シングルマザーなんです」と強調しつつもう一度申し込もうと思う。

*

牛肉がどうしても食べたくなったので、グーラシュを作ることにした。
食べたことはあれど、作った事はなかったのだが、こうなった。

gulasch

見た目はいいが、想像していたデミグラス的濃厚な味は一切せず、若干すっぱめ。
そもそもグーラシュはにんにく・たまねぎ・パプリカ・牛肉を煮るというシンプルなもので
そこに塩じゃがいもやシュペッツレを添えて食べるものらしいのに、根本的に間違っていたらしい。
味付けも、面倒くさがってマギーの「グーラシュの粉」を使ったのがよろしくなかったようだ。
次回はきちんと香辛料を買い揃え、シンプルに作りたい。

同じ年のコック(元同僚)は去年、ものすごい美味しいグーラシュスープを
クリスマスマーケットで作っていた。
同じくクリスマスマーケットで働いていた私は、毎日のように彼のスープを美味しく食べたものだった。
とろとろの牛肉、香辛料の効いたスープを極寒の店舗で食べる幸せ…!!
(売り子たちは売り物全部タダ飲み食いできた。よって毎日グリューワイン飲みまくり。)
プロには敵わんなー。飲んだ時にでも作り方聞いておけばよかった。

今年もクリスマスマーケットで働きたかったな…とこっそり思っている私に、ぽちっとお願いします。
br_decobanner_20110923052118


28.Oktober.2011

ちょっと悲しいテーマではあるが、異国で孤独なシングルマザーとして、
子供のために考えなくてはいけないことだと思う。

今自分はドイツにいて、家族や友人は一人を除いて私がどこにいて何をしているか全く知らず、
更にこちらでできた友達は、同じ州に住んでいない。
同じ州にいる友達は私より若くて、頼るにはちょっと弱い。
同僚達は同僚達止まりであり、私のプライベートとは関係がない。
赤父と親権をわけっこするつもりもない。

赤が生まれた後、どこか乳児やお母さん方が集まる場所などを探して積極的に参加しないと
私が住居で突然死した場合に誰も気付かないし、赤も死んでしまう。
その辺、相談所で話しておかないといけないね。
本当は「お母様方とのお付き合い」っていうのは極力避けたいんだけれども、そうもいかないわな。

 ひとまず、本当に私が死んだ場合に私の子がどうなるか。
まず、少年局Jugendamtが子供の行く末に関して担当することになる。
肉親である赤父に連絡がいき、彼が無理なら私の親類もしくは友人、
そして里子、さらに養子となるそうだ。

一応大丈夫そうだが、赤父の元だと赤の行く末が心配で仕方ない。成仏できんがな!
だからといって私の両親の所…うーん、それもちょっと、というかかなりよろしくない。
私の友人も、彼女の元で育ってくれたら赤がいい子になりそうでありがたいが、ちょっと頼めない。
里子・養子もいいけれども、当たり外れがありそうだよ。


絶対に死ぬわけにはいかん!(`・ω・´)
少なくとも、子が18歳になるまでは。
 

…取り敢えず、私が死んだ際に誰に知らせるべきか、貯金、所有物をどうするかは
きちんと書面にして、署名して、家に保存しておいた方がいいそうだ。
公証人の所に預けておくともっと確からしい。(が、面倒そうだからやらない。)
出産で万が一のことがあるかもしれないし、出産前までに済ませておこうと思う。


今までは、もし死ぬとしてもそれが私の「時間」なんだと受け入れるつもりだったけれども
妊娠してから、死ぬのが怖くなったな。
きっと、新しい幸せを知ったからだね。

今日も胎動を感じる度にニヤけが止まらないよ、ありがとうお腹の住人。

*

好きな替え歌。

のーお墓のーまーえでー 泣かないでくださいー
そこにーわたしはーいまーせんー

隣の墓前で泣いている遺族を見て、(´・ω・`)ソコチガウノニ… と正しいお墓の中でがっかりしている故人の情景を
想像するたびに、一人で笑いが止まらなくなる私。一語違い(正:私 誤:隣)で大違い。
完全にツボです。

笑ったらぽちっと頂ければ嬉しいです。
br_decobanner_20110923052118



21.Oktober.2011

ネットで拾った迷信によると、日本では陣痛を起こすのに焼肉とオロナミンCがいいとか。
食べたいな。いいな。塩タン食べたいな。毎日、陣痛のために努力できる気がする。
(というか、叙々苑の差し金じゃないのかこれは。喜んで騙されたいけれども。)

ドイツで陣痛を促すことになっている、Himbeerblaetterteeラズベリーリーフティーについてまとめてみる。
himbeerblaettertee_gross
▼効能
・出産で苦しむ時間を比較的短くしてくれる
・子宮口と骨盤の筋肉を緩める
・生理痛を和らげる
・陣痛を促す
・陣痛第2期(子宮口が開き切るまで)を比較的短めにする
・リラックス効果
・ビタミンがたくさん。特にビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富。
・出産に効くというのは医学的に証明されていない、つまり研究の余地はまだあるが、
 それにしても母体と胎児に悪影響がないことだけは100%確実。

▼産後ももちろん、腸を活発にしたりしてくれるので効果的。

▼34週(日本式では33週)以前は、早めに子宮口が開く恐れがあるので飲むのは避けた方がいい。

▼飲み方
-37週(日本36週)から毎日1杯のラズベリーリーフティーを飲む。
-38週(37週)は1週間お休み。
-39週(38週)にまた、毎日4杯まで飲む。
-40週(39週)はまた1週間お休み。

お休みを取るのは、体が過敏に反応してしまうのを防ぐため。

▼淹れ方
25gのラズベリーリーフに対して沸騰した600mlのお湯を注いで15分待つ。
もしくはティースプーン1杯のラズベリーリーフとカップ1杯のお湯の割合。
はちみつで甘くしても美味しいよ。

*

医薬品ではないと分かっているけれども、割と怖いな。
引越しが38週目にあって、それ以前に陣痛が起きたら困っちゃうから37週から飲むのはやめたい。
薬慣れしていない自分の体だから、飲み始めた翌日に産まれてしまうことも考えられなくもない…。

タイミングを図るのが難しそうです。
br_decobanner_20110923052118 


15.September.2011

出産日が正式に、10日遅く訂正された。
古い週で突き通してやると鼻息を荒くしたこともあったが、もう諦めた。
というわけで今日が31週目最後の日。

*

休暇帰りの先生は、いつもより数倍人情味に溢れていたけれども、ヌケていた。

▽出産日訂正
前回の健診で、出産日が訂正されたのは赤の成長がゆっくりだからだと聞いたんだが
今日は

「なんだか最初の段階で計算を間違ってたみたいなの(^^)」

…うん、もう過ぎたことは色々と仕方ないよね。

▽へその緒巻きつき疑惑
実はずっと気にしている、へその緒が赤の首に巻き付いている疑惑は
「心配なし。というかへその緒が見えないから上のほうにあるんじゃないかしら?」
適当だな…。
そもそも私のへその緒は、ちゃんと赤のへそとつながっているのか?
Bluetoothみたいにコードレスで栄養を受け取れたら便利なのにね。

▽CTG
今回は、赤の心音は一度でばっちり捕まえられ、順調に鳴っていく。
しかし私自身が順調ではなかった。 
のんびり雑誌を読んでいたら、ゆっくりと息苦しくなって視界が白くなりかけたのだ。
めまいなんて人生の中で1,2度しか経験がないのでちょっとパニックをおこしたが、
水を飲ませてもらい、体を仰向けでなく横向きにしたら少し楽になった。
仕事中にめまいなんか起こしたら翌日クビだな。ここが病院でよかった。

ちょっと陣痛があるらしい。子宮ももう出産の練習を始めているんだね。

▽赤の体重
1度聞くも、流される。
2度聞くも、流される。
3度目にしつこく聞いたらやっと、約1400gだと教えてくれた。
それは確かですか、と聞きたいのをぐっとこらえた。

そのほか、Mutterpassの書き込みにも数箇所修正ペンが使われていた。
更に、じゃあまた1ヶ月後にねと言われてちょっと驚いた。31週なのに1ヶ月空くの?
受付の人は冷静に2週間後に予定を入れてくれたからよかったけれども。

先生…早くあなたの心を休暇から戻してください。

*

最近、こんな眺めになっている。
aussicht




10.September.2011

・胃もたれ
ブレッツェルとアップルパイだけで胃もたれ。ユフカひとつで胃もたれ。
パン3枚とミュスリだけで胃もたれ。赤は私の胃の半分を支配しているようだ。
食欲はあるし、胃もたれもそんなに酷くないので何だかんだと今まで通り食事している。

・嗜好の変化
ネクタリンが冷えバナナに、オレンジティーがミントティーに、
ヨーグルト味のミュスリがチョコレート味に。

・寝つきが悪い
以前は寝る段になったらコロッと落ちることができたのに、今は寝入るのが難しい。
目が覚めてからも、質のよい睡眠をとった気がしない。

・仰向けが少しキツい
仰向けになると、耳元でドクンドクンと心臓が脈打つ音が聞こえる。
体のどこかが圧迫されているようだ。
仰向けで胸の上にPCを置いてだらだらネットサーフィンをするのが好きな私にとっては
重大な問題だが、授乳クッションに相談したらあっさり解決。
クッションの間に側位で横になり、クッションの片腕にPCを載せればいいのだ。
ちなみに授乳クッションの上でなら、うつ伏せ状態になることもできる。
非常に重宝しています。使い倒しだ。

・お腹(胃の下だけ)が張る日がある
立ち上がったり起き上がったりするとガチガチ。トイレ前後も同様。
お腹は、足元はまだ見えるが、下の毛を剃る際に陰部が見えないくらいの大きさ。

*

妊娠週ごとに届くニュースレターに
「出産までの12-18kgの体重増量はまったく普通です。
 出産後は食欲があまりわかないにも関わらず赤ちゃんに体力を使わねばならないため
 体が自然に脂肪を溜めていくのです。出産1年後には、出産前の体重に戻ります」
ははあなるほど。気に入った。しかも非常にね。

*

猫飼いたいなあ。住居と収入が安定したら必ず飼うんだ。
今はYoutubeの猫動画で充電する毎日。
katze3