趣味と生活

14.Februar.2021



オットが、同僚にものすごい暴言を吐かれた。


オットの、息子に対する教育は間違ってる。時々小学校に来る娘に対する態度と、義理である息子に対する態度が違い過ぎる。あなたは義父として失格である。

→学校では父と子でなく、先生と生徒。他の生徒にも公正を帰すため、当然彼は学校では息子と精神的な距離をとっている。


りりもオットも、カウンセラーにちゃんとかかってるんだろうな?

→…ええっと?よくわからない、ごめんね。


私の身内があなたを助けたのに、あなたは何も返してこない。ギブアンドテイクという言葉を知らんのか。

→お礼やお返しをいらないと言ったのはあなたの身内です。直接的なお礼はしていないが、オットは何度もあなたの身内をサポートしています。 もちろんお返しできない恩と言うのだって私個人はたくさん受けていて、お返しできないことを心苦しく思うことが多い。でもこの言い方には、ちょっとぎょっとした。


その人は今年で学校を辞めるんだけど、この最後っ屁はあんまりにもクサい。

換気はしっかりしないとね。特にこの時期。



でも確かに、私もオットも息子に対してちょっと厳しいし、イライラをぶつけることもある。

そこを直していかないといけないってことが言いたかったのかね。

いい機会をいただいた。ありがとう。

その人が、身内を大事に思っているから守りたい気持ちも分かった。


しかしながら、そういう言葉の選び方をすると人を傷つけたり、誤解を与えたりするんだなあ、気をつけよう。


あ、明日ゴミの日だ。玄関にまとめとこ。





こんなふうに流せるようになるのに40年近くかかったけど、まあこれでいいや。


明日も朝食が楽しみだ。昨日新しく買ったチョコミュズリ!



にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村



19.Dezember.2020

多分もう4年弱くらいオットとパソコンを共有していたのだけれど、

最近やはり不便だと感じることが多かったので、おねだりしてみたら、

うまくオットの使っていた素敵なリンゴ社のノートパソコンを譲ってもらえることになって、大喜び。


私は色々なことを1人でやるのが好きで、

1人の時間も大事で、一番幸せなのは自分がオット関係でなく、個人で仕事をしている時。

プライベートというのは、家族の中でもほしい。

オットはお風呂中や着替え中に、風呂場に私や子どもに入ってこられても平気だけど、

私はちょっと苦手だ。だから風呂や着替え中は施錠する…。


完全に気が抜ける時間っていうのが、要るんです。

だから、物を共有するっていうのもちょっと苦手。

車は共有できるけど、できたら自分のものだけ、っていうのがいい。

そこで自分だけの世界を作りたいと思ってしまうのだ。


とはいえ、さまざまな仕事や事柄が、自分ひとりだけの力で成り立っているとは一切思っていない。

ただ、予測の付かないところで他の人が現れたりすることが非常に苦手。

サプライズで何かされたら、びっくりしすぎて泣いたり怒ったりするタイプです。

ビビリ屋なだけなのかも。でも、本当にダメなの。


一度、私が寝ている時にオットが「おやすみ」をしに私を抱きしめたのだが、

そこで半分寝ぼけていた私は、誰か知らん人が覆い被さってきた!と

本気でびっくりして怖くてパニックで泣いてしまって、オットが私に必死に謝る、

という一幕があった。

なんだかすみません。私の視力がめっちゃ悪いのも原因なのかもだけど。


また話が違う場所へ着地してしまった。


ええっと、だから自分専用パソコン、という、自分だけの世界ができて、

とても居心地がいいです、ということが言いたかったのです。




*



先日、昨年末日本に行って東急ハンズで買った納豆菌を使って納豆を作った。

(期限は2020年10月で切れていたのだけど、もうそういう

期限切れのものを使うのは、ドイツに来て慣れてしまった。

乾物なら、10年前に賞味期限の切れた物でも使える。

ふりかけとか、昆布とか、もう全く気にならない。)


容器の殺菌が面倒そうだなと思ったけれど、

湯沸かし器で沸騰させたお湯を、容器にざっとかけて乾くまで伏せておけば

よさそうだったので、それだけにした。

納豆菌を混ぜた大豆を最大3個の大豆が重なるように容器に入れ、

更に容器の蓋との間にキッチンペーパーを挟み、100℃のお湯を入れた湯たんぽをバスタオルに包み、段ボールの中に入れ、

暖房の上に放置すること24時間。

大体人肌よりも熱い温度を保てばいいそう(40℃)なのだが、

湯たんぽのお湯を替えるのを忘れると、なんだが冷たくなっていることもある。

そういう時は、気づいた時に交換すればいいかなーと思いつつ、

大体8時間に1回替える。

あとは、キッチンペーパーが濡れていたら、乾いているものに交換する。


手作り納豆のレシピに書いてあった成功のヒントに、

「一回失敗してもあきらめないこと!」

と書いてあったのが、よく理解できた。

何度か作らないと、これは感じがつかめない。

その日の気温によって、暖房が暖かったりそうでなかったりもするし。

早く冷蔵庫に入れすぎて、ねばねばしきれなかった失敗作たちは、

ミキサーにかけてみじん切りにして、味噌汁に入れるなどの対策を取った。
これはこれで美味しかったから、よかったかな。 


A9A0048F-3A1E-4CE7-9C5B-8098108FAE32

マジパン
製のお菓子。美しくてびっくり!



にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村 



13.November.2020

最近、家から出るときに確認するもの:
鍵、財布、携帯、マスク

半年以上も、この最後のやつまできちんとチェックしなければならないのに、未だに忘れる時があるからいけない。

というわけで、車の中にいつも非常用の使い捨てマスクを保存しているけど、これも割と減りが早いのが困りもの。

コロナ初期は50枚50ユーロで売られていた使い捨てマスクも、今やインターネットで50枚1、5ユーロで叩き売られているから、うっかりまとめ買いをしたくなるけど、
それをするとこのコロナとの生活を認めてしまうようで悔しいので、敢えて、しないようにしている。
複雑な心境だ。でも布マスクの方が環境に優しいから、いいよね。

ちなみに、コロナ初期はどこでもマスクが手に入らないし、作ろうにも布も高いので、家にあったヨレヨレのベットシーツを退職させてなんとかこさえたが、
若い世代の仕事仲間に「ちょっ、りりダサッ!w」と笑われてしまった。
くそー、うちにはあんたみたいに可愛いマスクを作ってくれる母親がおらんのじゃ!
ってかそれは私自身がしろって話かもしれんが、あたしゃ家庭科1の人だよ!
ミシンとか使えんし!

というわけで、その布マスクは素知らぬ顔をしてオットと息子に使わせて、私は主に花柄のシャレオツなショールで口元を覆うことにしている。

*

ドイツは11月に入って、1ヶ月間の予定で半ロックダウンに入った。
レストランは持ち帰りが出来るお店を除いて全て閉店している。
とはいっても、パン屋が通常営業していて少しだけ安心だけれども。

コンサートは完全になくなり、オーケストラで弾く知人たちは、ツアーも、素晴らしい演奏家とのプロジェクトも無くなった…としょんぼりしている。
美術館も博物館も全て閉まってしまい、文化的な生活はインターネットを使用するか、自らアクティブに創作活動をないとできないようになっている。
動物園も閉まってしまい、子どもたちもがっかり。

音楽学校は通常営業をしているけれど、あちらこちらの学校で生徒がコロナ陽性になったとの知らせが来て、その生徒を教えていた先生も濃厚接触者扱いになり自宅待機、そしてオンラインでレッスン決行、とかそういうふうになっているようだ。
ギーチギーチいったり、タイムラグが出たりして大変なんだそうだ。


自分は教会でも働いているのだけれども、来るのはかなりの高齢者の方々が殆どなので、
若手がミサのライブストリームをして、高齢者の方々が自宅でミサにあずかれるようにオーガナイズしている。
ミサで歌えるのも、今の条例では、3メートルの距離を保ちつつ、決められた8名まで、
他の参加者は常時マスク着用、聖体拝領も神父が直前にきっちり手を消毒して更にピンセットを使って行う。
教会入り口の聖水はもう半年以上なくなり、見た目は一緒だけれども、代わりに消毒液が置いてある。

*

スーパーマーケットでもマスク着用になったのはもう始めの時期からで、ゴム手袋着用して買い物をしている人さえいる。


先日、レジの前に並んでいる人をふと眺めたら、マスクの端から細いストローがひょっこりと顔をのぞかせているのが見える。

これは…もしやこの人はシュノーケリングに行きたくてたまらないのかな?

発想は、おもしろいと思った。うん、ストローがあれば苦しくないよね。
マスク着用してる意味ないけどな。
いや待て、もしかしたら、そのストローの先にあらゆる病原菌を防ぐことのできる
小さなフィルターがついているのかもしれない!


またも別の日別の場所、レジで、私の前に並んでいるおじさんが付けている立体マスクがとってもおしゃれなので、ちらっと見る。

二度見する。

同時に、おじさんの応対をしていたレジの人も、真顔で挨拶した後、見開いた目で彼の口元をガン見する。


な…何?! ブラジャー…だと?!



片方のブラカップだけを切り取り、それにゴム紐を縫い付けて、鼻と口を覆っている。

これは、なんていうか、うん、新しい。立体感がいいよね。
勇気がいるけど、黒とか白一色のシンプルなスポーツブラなら問題なくいけると思う。


でも、レース付きのワイン色のはちょっと、かなり何かに試されている気持ちになるかな。
私だったら、だけど。



コロナ期は発想が豊かになるな…と思う今日この頃。
何かを制限される分、新しい何かを産み出すことができるのが、人間の面白いところだな。


06C5DE18-52F5-4CEC-94DD-B23AAA9AB048

これは絶対に食べちゃだめなやつです。
例の配管工のために取っておかないといけない。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村

26.Juni.2018

何年経ってもなるたけ行きたくない場所:

外国人局。

そして、私とオットはどうも、色んなご縁でドイツに滞在させて頂いていると
思ったおはなし。


*


現在私には、EU出身者(=息子)の親としてのビザがおりている。
これで私は滞在にしばらく問題はないが、今回外国人局に行ってひやっとしたのは
オットである。

現在彼は、4人家族を養うには到底足りない収入なのだけれど、
私が息子とつながるビザを持っているので、私・息子で ひとくくりと考えられ、
オットは、オットと娘だけ、2人分の生活費を稼いでいればよい、とみなされて、
1年間の労働許可が下りていた。実際は4人家族だけど。
(しかしながら娘の滞在許可は、なぜか私と同じく2020年まで出ている。
オットと同じ家にいる、とみなされているのなら、本来ならオットと同じ長さの
滞在許可が出るはずなのに。)

今回の更新でもそれが通じるかな、と思いきや、ここにきて
4人家族分の収入がないので、労働許可はおろせません、と来た。

そもそも、今まで「2人(オットと娘)分のみ稼げばよい」とされていた判断は、
役所の手違いだった、と言われる。
…あれ、これ聞き覚えがある。
ドイツにいてはいけなかったおはなしと、赤父のおはなし
本来、オットには労働許可はおりてはいけなかった、とつまりはそういうことです。


さあ私とオット、パニック。オットの職場もビックリ。
寝耳に水とはこのことか。

オットは丁度、来年度に、働きながらの職業訓練をもう一度始めるつもりだから、
滞在許可を学生として取得して、仕事は学生としてできる範囲内でのみして、
生活に足りない分は貯金で何とか補おうか、とかあわあわ考えている間に、
外国人局の方からご連絡をいただき、
どうやらもう一年だけ延長していただけるようだ。

収入は少ないけれど、1年間は貯金で補える、と判断されたらしい。
あとは、外人局のお姉さま方を滔々と説得したオットの人柄。
ありがとうございます…。

役所のミスに助けられて(?)ドイツ滞在しているということでした。
「住まわされている」、「ここに生かされている」そんな気がする。
私たちには、何か、ここでやらなければならないことがあるのかも知れない。
きちんと生きなくちゃ。

*

私個人は、7月末に、専門の特講を受けることになった。
泊りがけで1週間弱、専門漬け。しあわせ。
自分がそこで教えるから来たらどう?と学生時代の教授から聞いたのが
特講開催の1ヶ月前、そこからいきなり参加を決めたので、準備でひいひいしている。
その間、2人の子どもをの世話を含めたサポートを担当してくれるのは
もちろん、オット。
家を1週間弱空けるので、1歳の娘の入眠サポートをどうするか、会議もする。

結論:
ちょっとずつ、おっぱいやめましょう。

文字通り3度の飯よりおっぱいが好きな娘、何とかなるだろうか。
とはいえ、今は基本的に夜しかあげていない。
昼間はだましだまし、水をあげている。が、おっぱいに勝るものなし。

新しい入眠習慣を作ってあげないといけなそうです。
がんばろう…。


br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村


23.Januar.2018

ご無沙汰しています。

娘も6ヶ月になり、息子は6歳。
歯が2本生えて来て、おっぱいに噛みつき、そのまま横に引っ張る!
という無茶ぶりを発揮している娘。
離乳食も2回になったけれど、息子が200gぺろんと食べていたのに
娘は70gも食べ切らず…。
なかなかうまくいかない。それぞれの子供で違うんだなあ。

さて、健康印の私だけれども、ここ4日間、40度近い熱に悩まされている。
頭と胃と、主に腰がめちゃくちゃ痛い。
鼻水も喉の痛みも、下痢もなし。むしろ便秘。
イブプロフェンを飲んで熱が37度後半に下がっても、その後きっかり4時間立つと悪寒に襲われ、
また40度に逆戻り。
お医者さんに訪問して診て頂いても、インフルエンザではなさそう、
何かの感染症かな?と首をひねられるばかり。
ひとまず尿検査してもらって、詳しく調べていただくことにした。

40度後半の世界を漂いつつ、目が覚めたら脳症かなんかで体動かなくなったり、
意識を失ったりしてしまうのだろうか…そうしたら子ども達はどうなるんだ。
とびびってめそめそ泣いたが、高熱は5日くらいで下がる思う、とあっさり言われ、
オーバーリアクションしちゃった…!
とちょっと恥ずかしくなった。

まあいいや。たっぷり寝て、久しぶりにとことん身体を休めよう!
5422FCFD-C92F-4868-B2BD-F3561F91D435

仲良しさん。

にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村






13.Februar.2017

1月のプレゼンテーションラッシュを終え、卒業試験を経て、
実に8年越しにて修士課程を卒業することができた。
その1週間後、新たな入試を受けたのだけれども、ポカして撃沈。
ご縁がなかったのだと諦めるしかないのだろうけれども、
失敗が未だに悔やまれる。
ここでまた入学できていたら、教授のアドバイスを定期的に受けながらの研究を続けられたのになあ。


全てを終えて、ある程度具体的な今後の目標も決めて、
さあ次への準備だ、とすぐに取り掛かりたいのだが、どうもやる気が出ない。
もちろん、息子の送り迎え、家事一般はやるが、それ以外はまるでだめだ。
ぼーっと雑誌を眺めたり、ずーっと寝たり、壁の一点をしばらく見つめたり。

卒業試験が終わったら、心から楽しいことをたくさんやろう、とリストアップまでしていたのに、
そのリストも今やまったく魅力的には映らない。
(映画をたくさん見よう、とか手の込んだお菓子を作ろう、とか)
2,3日ほど、パズルやクロスワードパズルに没頭したけれども、
途中でふと、空しくなってやめることになる。

再び専門の大学に入学してから2年、物凄く集中して勉強しただけに、
一先ずの大きな目標であった卒試を終えてしまうと、どうも全てが空しい。
全く違う方向に進めるように新たな勉強を始めようかとも思ったのだけれど、
魅力的なものは見つからない。

生きているうちに、ずっと追い求め続けられるような目標がないとだめなんだと思う。
その為だったら、毎日モチベーションを持って活き活きと生きていける。
その場限りで楽しめるもの(パズルとか)を続けて、時間を潰しながら
その日限りを生きていく人生は嫌だ!とふと思ってしまった。
(飽くまで個人的な意見ですので、どうかここには噛み付かないでくださいね…。)

毎日を、きちんと集中して生きていかなくてはいけない、と思う今日この頃。

*

ちなみに、我が家に7月末頃に新しい家族が加わることが分かった。
必死でHebamme(助産婦)探しをするもどうも手遅れだったらしく、30人以上の
お断りをいただいて、さすがに凹んでいる。お断りの理由は、キャパオーバー・休暇。
休暇って、7月に産まれる赤ちゃんって気の毒だなあ。うちのもだが。
前回お世話になった素晴らしいHebammeさんは、もうこの町にはいないのが残念。

探しているのは、Nachsorgehebamme.(産後に家まで通いで来てくださる助産婦)
妊娠12週までには見つける!というのが最近の常識らしいのです。
12週までって不安定な時期なのにな…と思ったり思わなかったり。うーん。
私の探し始めは15週。この時点で、もう誰もいない。

一応、出産後もHebammeが見つからない場合は、Praxisに連絡をして、
そこで運がよければお時間のあるHebammeを派遣してくださるそう。
…もう最初から、今回はなしでいいや、と諦めるほうがいいのかもしれない。
とはいえ、引き続きゆっくり探そうと思う。
がんばります。

*
dango

団子、作りました。

アジアショップで1,5€で買ったKrebreismehl 200gに200ml弱のぬるま湯を混ぜてこね、
団子の大きさにして沸騰したお湯に入れ、浮いてきてから1分更にゆで、ざるにあげる。
Grillspiesseにさして、手作りきな粉、そしてみたらしをかけたら出来上がり。
7串分くらいできました。

結構簡単に作れたので、大満足。うまれて初めて団子を食べた息子も、大満足。
日本のスーパーに売ってる団子よりやわらかくておいしかった、というコメントも頂いた。笑
ただ、かなりお腹にたまったので、お夕飯は軽く食べることになりました。ごちそうさま。

br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 マタニティーブログ 海外出産へ
にほんブログ村
にほんブログ村

4.November.2016


婚姻届と、息子の入籍届を送ったのが8月末。
やっとこ戸籍謄本が出来た(10月半ば)と、日本の彼の家族から連絡があり、確認したところ



息子が入っていない。

ぱぱ氏筆頭の戸籍に書かれているのは、私の名前のみ。



どういうことなの、と真っ青になって、こちらの日本領事館、そして私の戸籍謄本のある所、
新戸籍謄本のある所に問い合わせたところ、
どうやら、息子の苗字を変えるのには、家庭裁判所の、子の苗字変更に関する審判書が必要なのだそうだ。
というわけで、入籍届はじきに、ドイツ日本領事館を通じて、こちらに返送されるそうな。


ああ……。


今、息子の戸籍謄本はおそらく、私の昔の戸籍謄本があった所に、
一人きりの状態であるのではないかと思う。
知人曰く、事件というわけではないのだから、あっという間に手続きは済むということだが、
もう、いやになる。
とはいえ、一人ぼっちで私の苗字で戸籍謄本に残る息子、と考えるとかわいそうで切ないので、
早めに手続きをせねば。

卒業試験、論文、と忙しい私たち。そしてそんな両親に構ってもらえず寂しがる息子。
なんで、自分だけいつも一番遅い時間に幼稚園に残っているのか、とついに聞かれて、涙。
いつも、息子は寂しい思いしてるんだよなあ。
休日は休日で、どっちかが息子をみて、どっちかが自分の勉学に没頭してるから、
3人そろって遊ぶことはめったにない。
遊んだとしても、学業のことを考えて、上の空。これじゃいかん。
これから、少しずつ息子といる時間だけでも息子に集中してあげないといけない、と強く思う。


maedchen

そんな息子との遠足で見つけた、Ampelmaedchen… 初めて見て、大興奮!

br_decobanner_20111219234918    にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村


27.September.2016

入籍の手続きは、面白かった。日本人同士の、日本式によるドイツでの婚姻。

まず、自分たちの住んでいる管轄の日本領事館のホームページから婚姻届を
3通ダウンロードして、それを記入し、領事館へ郵送する。
(一通は私の昔の本籍地へ、一通はぱぱ氏の本籍地へ、
一通は私たちの新しい本籍地へ行くそうな)
その婚姻届が領事館へ到着した日が、私たちの入籍日となったようだ。
さらにそこから5~8週間経ったら、日本で新しい私たちの戸籍が作られるのだとか。
…入籍日、いつなんだろうと思っていたが、郵送してから一週間後に、
書類に微妙な不備があったとのことで領事館から電話をいただき、
そこでどさくさで伺った所、入籍の日付が分かった、という流れ。
書類を領事館に出しても、たとえば「○月○日にあなたたちは入籍しました。おめでとう!」
とかいうお知らせは一切ないということ。
(万が一、郵便事故が起こっていたら、積むな~。結婚したつもりができてないとか泣けるわ。)

その新しい戸籍謄本を日本から取り寄せ、それを元にまず、
私のパスポートや滞在許可証の名前変更。
戸籍謄本を領事館で婚姻証明書Heiratsurkundeとして訳していただき、
それを元に健康保険や口座、大学での名前変更。

ちょっと問題が起こったのが、Unterhaltsvorschuss(シングルマザーへの資金援助)の
管轄に知らせるのが若干遅れたこと。
Jugendamt(児童局)の管轄なのだけど、その資金援助は、
シングルマザーであった人が婚姻した時点で受けられなくなる。
でもここドイツだし、「私結婚しました」と言葉で言うだけでは証明できないから、
それこそ新しい戸籍謄本を日本から取り寄せて、きちんと婚姻証明書を添えた上で
知らせるべきだと思っていたのだが、どうも違ったようだ。(町と担当者によって違う可能性アリ)
結局、入籍してから払われた分を返金すれば済むことになったので、それはそれでよかった。





もうすぐ5歳になる息子の手続きとしては、私たちの婚姻届と同時に、
ぱぱ氏の苗字を名乗れるように、2通の入籍届を出した。

その「入籍届」は、息子が母(りり)の苗字変更に際して、ともに苗字を変えるというもの。
ややこしいけれど、そこへ記入する私の情報は、婚姻届が受理された後という設定によるもの。
つまり、母欄には、私の新しい苗字、ぱぱ氏と同じ苗字を書く必要があった。
そして、息子はぱぱ氏と同じ苗字にはなるけれど、戸籍上ではあくまで私だけの子であり、
ぱぱ氏とはなんら関係がないことになっている。

そこを変えるために、今回私たちは養子縁組に踏み切ろうというわけだ。

kant

最近、ぱぱ氏の影響か、カントを読み始めました。(注:ただし本の上下は逆です)



こんな感じです。
何だかもう、本番とか合わせが多くて頭がぼおっとしている。
1月には卒業試験だし、今までにない長時間の集中力が必要とされるのがきつい。
とはいえ、また他の子と本番する機会もじきにありそうなので、真面目に誠実に、頑張ろう。
br_decobanner_20111219234918   にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村






25.Februar.2015

受験を済ませ、結果が来るまで散々悶々としたけれど、先日きちんと書類で合格通知が来た。
よかった…。これで何とか、また院生生活を始められそうです。
協力してくれた、息子とぱぱ氏にも感謝。たまにいらいらをぶつけてしまってごめんなさい。
でもありがとう。
前の大学の友達やら先生、図書館のおばちゃんも喜んでくれて、とてもうれしい。

ちょっとした問題と言えば、今の大学を何ゼメスター(学期)から始めるか?ということ。
本来私は2ゼメスター(1年間)を6年前に済ませているので、3ゼメ目から始められるはず。
…なのだが、当時どの授業を取っていたか、証明をする書類が手元にない。
おそらく、赤父と住んでいた住居に置いてきてしまったのではないかと思う。
その住居はとっくのとうに引き払われているし、さあ困りました。
大学側も困っている。6年前の生徒のデータなんて、あるでしょうか。
秘書のおばちゃんは、私の名前や当時の担当教授までばっちり覚えているが(この人は歩くコンピューター)、証明できなければ意味がない。
今大学で審議中らしいのだが、うまく最短卒業ルートでいってくれればありがたい。

*

息子の赤父国パスポート申請は、滞りなく全て終わった。
それどころか、総領事館に行ったら
「りりさん?ああこの件は長くかかったわねー。大変だったわねえ」と同情された。
覚えられていたらしい。
一応彼女も赤父国民なのだけれども、同国民とはいえ犯罪を犯した男には
容赦ないコメントをすることも厭わないタイプだったので、なんだかほっとした。
来週には手にできるようだ。実際に手にしたら、どんな気持ちになるんだろうなあ。

*
ski

スキーに行きたい。

*

しかしながら、改めてぱぱ氏との出会いには感謝だ。
ひとりで息子をみながらでは今の大学での生活はおろか、受験準備さえままならなかったろう。
彼自身の論文を書く時間を削ってまで、私が集中できるように計らってくれた彼には
もう頭が上がらない。感謝感謝です。

毎日勉強をしながら思うけれども、私はこの学科に関しては本当に没頭できる。
死ぬまでできる学科でもある。年を取れば取るほど学びが深まる。
稼ぎは少ないだろうが、せめて一生をかけてこの専門を深めていくことが許されるといいな。

やっとこさ、息子以外の生き甲斐を見つけることができたりりでした。
もう、息子は「私の全て」ではない。でも、それでいいんだと思う。
…とか言いつつ、ふわふわのほっぺたを目前にすると相変わらずぶっちゅぶっちゅしてしまうが。
(そして「まま、ちゅう、しない!」と嫌がられる。けけけ。

よーし!この調子で頑張るぞ!!(`・ω・´)9


にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村


13.Februar.2015

この日を何年待ったことか。
あまりにも長くかかっているので、ああきっと無理だったんだろうな~と考えていた、赤父の国籍取得手続き。

参照:http://katzeriade.ldblog.jp/archives/67666578.html


先日、入試の数日前に、我が家のポストへひらりと舞い込んだ。
どうしていつもいつもよりによってこういうタイミングになるんだ。 
と正直思うが、まあもうこのタイミングの悪さは私の人生の特徴なようだから、仕方ない。
なんだかんだ言って、ベストなタイミングだったやも知れぬ。


赤父国(A国とする)国旗がついた封筒を見たとたんに、頭真っ白。
どうしようこれ、息子が国籍を得られたという書類なのかしら、それともそれに絡んだ新しい裁判があるから
出廷しろとかだろうか、と色んな思いが頭を駆け巡る。
結局、中に入っていたのは、A国語のみで書かれた書類たち。
A国出身の友人に読んでもらったら、どうやらA国の出生届だそうだ。
ちょっと信じがたかったが、うれしさがじわじわくる。2年、2年待ちましたぞ…。


そこまでは良かったが、この書類が有効であるうちに、すぐにでもA国パスポートを申請した方が
いいとの助言も合わせて受け、あわあわしながらA国領事館に行ったり、
インターネットサイトでA国語の解読を試みたり(結局失敗に終わる)、色々な人の助けを借りることになった。

人のつながりというのは本当にありがたい、とこんなきっかけで思う。

そういえば、A国領事館ではちょっと面白い経験をした。
領事館にて領事の方(A国人)に、パスポート申請の際の必要書類を聞いたのだが、
とにかく「この領事館(支社という意味で)ではまったくわからない」との一点張り。
A国語が分からないのでインターネットサイトを見ても分からず、助けてほしいと言っても無理。
総本山である領事館に問い合わせてください、と言い張るので
冗談交じりで、そこの方々はドイツ語をしゃべる事はできますよね?と聞くと
「ドイツ語能力を持たなきゃならないという義務はないわ。しゃべれない可能性があるわね」
と、非常にご親切に返される。

…私りり、今までドイツのお役所で長年忍耐というものを学ばせて頂いておりまして、
ええ、それが今回役立ちました。
笑顔で、どうもありがとう、よい一日を♪ と言って去ることができた自分をほめてあげたい。
一応、その総本山に連絡をしたところ、非常に丁寧にドイツ語で対応していただけたことを付け加えておく。

今月中にA国パスポート申請をしてこようと思うが、大丈夫なのだろうか?
取り敢えず、八百万の神様に、お願いですから今回ばかりはお助けください、とお願いしようと思う。

ちなみに、胃炎は治りました。1週間苦しみました…。周りの人には、あんたなんだかげっそりしたね、と言われています。あはは。
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ   br_decobanner_20111219234918
にほんブログ村